黒川温泉「旅館 山河」は森に溶け込む秘湯の宿!風情溢れる温泉は極上!

国内はもちろん海外からも高い評価を得ている黒川温泉。自然豊かな黒川温泉には30軒ほどの温泉旅館がありますが、その中でも静かな森の中に佇む「旅館 山河」は風情あふれる温泉旅館として人気です。今回は、極上の温泉が楽しめる「旅館 山河」をご紹介してまいります。

黒川温泉「旅館 山河」は森に溶け込む秘湯の宿!風情溢れる温泉は極上!のイメージ

目次

  1. 1黒川温泉「旅館 山河」を調査!
  2. 2黒川温泉「旅館 山河」の魅力とは?
  3. 3黒川温泉「旅館 山河」の7つの温泉と泉質を紹介!
  4. 4黒川温泉「旅館 山河」の客室/宿泊料金
  5. 5黒川温泉「旅館 山河」のアクセス&駐車場情報
  6. 6黒川温泉「旅館 山河」の極上温泉で癒やされよう!

黒川温泉「旅館 山河」を調査!

黒川温泉にある「旅館 山河」は、口コミサイトなどでは雰囲気、サービス、食事、露天風呂と何をとっても満足できる温泉旅館として人気です。宿泊客が絶賛する「旅館 山河」とは一体どんな旅館なのでしょうか?

今回は、そんな「旅館 山河」の魅力を徹底的に調査してみました。風情ある露天風呂とは?温泉の泉質は?ねむの木とは?日帰り入浴は?食事は?この記事を読めば、「旅館 山河」が丸わかりです。ぜひ、参考にしてみて下さい。

熊本県を代表する黒川温泉郷に佇む温泉旅館

「旅館 山河」は、熊本県屈指の人気の温泉地・黒川温泉郷に佇む温泉旅館です。黒川温泉には約30軒ほどの温泉旅館が点在していますが、「旅館 山河」は温泉街から少し離れた豊かな自然に囲まれた環境にあります

そのため黒川温泉の中でも、秘境感たっぷりの露天風呂を楽しむことが可能です。都会の喧騒から離れ、癒やし効果バツグンの「旅館 山河」で贅沢な休日を過ごしてみてはいかがでしょうか?

Thumb贅沢な温泉旅行に♪黒川温泉の泊まりたいおすすめ旅館20選!
九州の秘湯黒川温泉には老舗旅館をはじめ様々な旅館があります。温泉も違う泉質の温泉があちこちに...

黒川温泉「旅館 山河」の魅力とは?

それでは、黒川温泉「旅館 山河」の魅力を1つ1つご紹介してまいりましょう。最高級の宿泊施設・ねむの木、風情ある温泉、四季折々の食材を使用した食事、どれも「旅館 山河」が誇るものばかりです。

贅沢な空間を味わえる離れの「ねむの木」

山河には、様々なタイプの客室が用意されています。その中で、最も贅沢な空間を堪能できるのが離れの「ねむの木」ではないでしょうか?「ねむの木」は2012年に完成した客室で、露天風呂と内風呂、また10畳の和室に8畳のベッドルームが備わったお部屋となっています。テラスからは、四季折々の光景や側を流れる川のせせらぎが聞こえリラックス効果は抜群です。

自慢の露天風呂はヒノキを使用し優しい雰囲気に。内風呂はガラッと雰囲気が代わり切石風呂で素朴な雰囲気を楽しめます。露天風呂と内風呂の間にはドアが設置されているので、行ったり来たりすることが可能です。「ねむの木」は最大6名まで宿泊可能なので、ご家族揃って過ごされてみてはいかがでしょうか?

趣の違う7つ温泉

山河には、趣の異なる7つの温泉があります。静かな自然の中に佇む露天風呂は2つあり、1つはもやいの湯といい混浴露天風呂。もう1つの露天風呂は四季の湯で、こちらは女性専用の露天風呂となっています。2つの露天風呂は日帰り入浴にも対応されています。

内風呂は男性用、女性用とあり、男性用は野趣溢れる岩風呂、女性用は桧の優しい香りに癒やされる檜風呂です。山河では露天風呂と内風呂以外にも、桶風呂、檜風呂、切石風呂と雰囲気が違う3つの貸切風呂もあります。贅沢なプライベート空間が楽しめるので、家族やカップルにおすすめです。

2つの自家温泉を引いた源泉かけ流し

山河の温泉は、2つの異なる自家源泉を引いた100%源泉掛け流しの温泉です。どちらの温泉もリラックス効果は抜群です。また、泉質が異なるため違った効果も期待できます。ゆったりと湯船に浸かることで、日頃の疲れが癒やされることでしょう。

季節の食材を使った旬の会席料理

温泉旅館の楽しみ方は、温泉はもちろんですが食事も楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?山河での食事は、地元産の食材、そして旬のものにこだわった会席料理が楽しむことが出来ます。そのため、山河の食事は季節毎にメニューを変更。山河のリピーターにとっても、色々な食事が楽しめる嬉しいサービスとなっています。

また、山河ではアレルギーやベジタリアンの方にも対応し、マクロビオティックの献立も用意しています。動物性食品や化学調味料は使用していないので、安心して四季折々の会席料理が味わえると人気です。食事をマクロビオティック会席に変更する場合は、1週間前までに予約が必要です。興味のある方は、ぜひ相談してみて下さい。

自家製の米味噌を使った朝食

山河の朝の食事は、8時から母屋の食事処で頂くことが出来ます。ふっくらと炊き上げた地元産の白いご飯と郷土料理がずらりと並びます。特に、米味噌に鶏肉や山椒などを加えて自家製米味噌は熱々のご飯と相性抜群。それだけで何杯もお代わりができそうです。食事の後には、暖炉の前にあるソファでコーヒーでも飲みながら、外の景色を楽しんでみるのもおすすめです。

黒川温泉「旅館 山河」の7つの温泉と泉質を紹介!

黒川温泉「旅館 山河」は、広大な敷地に7つの温泉があります。ここからは、山河のそれぞれの温泉の特徴や泉質についてご紹介してまいります。7つある温泉のうち、露天風呂の2つは山河の宿泊者だけでなく、日帰り入浴としても利用可能です。今回は山河には宿泊しないという方も、日帰り入浴で山河の風情ある温泉を楽しんでみるのもおすすめです。

敷地内を湯巡りしよう!

山河の敷地は3,000坪もあります。その広大な敷地内に、混浴露天風呂が1つ、女性専用の露天風呂が1つ、男性用女性用の大浴場が2つ、そして3つの貸切風呂が点在しています。それぞれお風呂は趣が異なるため、1つの旅館に宿泊しながら温泉巡りを楽しむことが可能です。

源泉かけ流しが楽しめる温泉

山河のお湯は、100%源泉掛け流しの贅沢な温泉です。常にたっぷりと新しい湯が注がれた湯船は気持ちの良いこと。日頃の疲れをじっくりと癒やしてみてはいかがでしょうか?

「薬師の湯」と「美人の湯」

山河の温泉は、泉質が異なる2つの源泉から注がれています。1号泉は「薬師の湯」と呼ばれ、山河の歴史と共にある源泉です。「薬師の湯」の泉質は単純硫黄泉。高血圧や動脈硬化症などに効果があり、サラッとした特徴があります。2号泉は「美人の湯」で、泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉です。柔らかい湯触りが特徴で、湯上がり後も肌がしっとりと潤うとか。

2つの異なる源泉のおすすめの入浴方法は、最初に薬師の湯で余分な皮脂を洗い落とし、そして美人の湯に浸かることがだそうです。そうすることで潤いたっぷりの素肌に。ちなみに、薬師の湯は内風呂と貸切風呂の切石風呂に注がれ、美人の湯は露天風呂と貸切風呂の檜風呂と桶風呂に注がれています。ぜひ、おすすめの入浴方法をお試し下さい。

ダイナミックな風景の「混浴露天」

四季折々にダイナミックな風景が魅力的な「もやいの湯」。「もやいの湯」は周囲を鬱蒼と茂る木々に囲まれ、湯船には大きな岩があちこちとあり秘湯感を満喫することが出来る混浴露天風呂です。泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉で、青みがかった透明な湯が特徴です。

また「もやいの湯」のお湯は、美人の湯としても人気。なめらかな湯触りは、入浴後もしっとりと肌を潤ってくれ美肌効果が期待できます。他にも、動脈硬化症、慢性皮膚病、切り傷ややけどにも効果があるとか。「もやいの湯」の入浴可能時間は、日帰り入浴客は8:30~21:00まで、宿泊客は6:00~22:30までです。

プライベートで使いたい「貸し切り風呂」

ご夫婦やカップル、また家族に人気の貸切風呂。山河には泉質が異なる貸切風呂が3つ用意されています。一番人気がある半露天風呂の「六尺桶風呂」、優しい雰囲気の「桧風呂」、そして野趣溢れる「石切風呂」です。3つの貸切風呂は宿泊客は無料で利用することが可能ですが、日帰り入浴客には開放していません。ご注意下さい。

それぞれの貸切風呂の利用可能時間は「六尺桶風呂」は7:30~10:00と15:00~22:00、「桧風呂」と「切石風呂」は6:00~10:00と15:00~24:00。貸切風呂を利用希望の方は、フロントが受付となります。「六尺桶風呂」は人気があるので順番待ちとなる事もしばしば。出来れば早めの予約をおすすめします。

ゆっくりできる女性専用「露天風呂」

山河の自然たっぷりのダイナミックな露天風呂を楽しみたいけれど、混浴露天風呂には抵抗がある女性の方には「四季の湯」がおすすめです。「四季の湯」は女性専用の露天風呂で川に沿ってあるため、四季折々の景色はもちろん川のせせらぎも楽しむことが出来ます。

泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉。女性に嬉しい美肌効果が期待できます。日頃の疲れ、また旅の疲れを優しい湯で癒やされてみてはいかがでしょうか?「四季の湯」も日帰り入浴に対応している露天風呂です。混浴に抵抗のある女性の方は、「四季の湯」で山河自慢の優しい泉質を楽しんでみて下さい。

散策で楽しめる「足湯」

山河には、気軽に温泉が楽しめる「足湯小屋」があります。場所は、露天風呂に行く途中にある囲炉裏小屋の近くです。広大な敷地内を散策する際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?マイナスイオンたっぷりの森の中で、温泉とは異なる癒やしの時間が持てる事でしょう。

日帰りで楽しめる「立ち寄り湯」

山河は、宿泊しなくても日帰り入浴が楽しめる旅館です。日帰り入浴で楽しめる温泉は、“もやいの湯”と“四季の湯”の2つの露天風呂です。貸切風呂や内風呂は、日帰り客は利用できないのでお気をつけ下さい。利用時間は8:30~21:00。料金は大人500円、子供300円です。黒川温泉の入湯手形も利用可能です。

黒川温泉「旅館 山河」の客室/宿泊料金

黒川温泉「旅館 山河」の魅力や温泉についてご紹介してきましたが、ここからは山河の客室と宿泊料金についてご案内致します。山河の客室は全部で16室あり、それぞれ離れ、東棟、西棟、母屋に分かれています。値段、人数、露天や内風呂の有無などを考量し、ぴったりのお部屋を選んでみてはいかがでしょうか?

離れ「ねむの木」などがある温泉付きの客室

山河の客室は、豪華な離れが2タイプ用意されています。1つは「ねむの木」といい山河きっての贅沢な客室です。「ねむの木」については記事の最初にもご紹介しましたが、「ねむの木」には10畳の和室とベッドルーム、そして露天風呂と内風呂が付いていて大変豪華な離れです。宿泊料金は2名様28,000円~となっています。

もう1つの離れが「夏椿」。「夏椿」は、8畳と6畳の二間続きで部屋には外の景色を楽しめる切石風呂の内湯がついています。広々として和室が2つもあるので、家族連れやグループのお客様に人気のお部屋だとか。お値段は、2名様23,000円~です。

こだわりのアメニティも完備

旅館やホテルに宿泊すると備え付けのアメニティも気になるところですが、山河には宿泊客を満足させるこだわりのアメニティが用意されています

特に離れ「ねむの木」のアメニティは豪華で、浴衣だけでなくバスローブまで用意されていたり、ジョンマスターオーガニックのボディソープやシャンプーなどが備え付けられています。さらにクレンジングオイル、化粧水、乳液など女性には嬉しいアメニティも。普段とは違う贅沢なアメニティで、さらなる癒やし効果を満喫してみて下さい。

露天付き「朴の木」や内湯付き「えごの木」のある東棟

山河の東棟には、「朴の木」と「えごの木」と呼ばれる客室があります。「朴の木」は、8畳の和室が2部屋続き広々としています。また外には風情たっぷりの露天風呂も完備。貸切風呂よりは少し小さい露天風呂ですが、プライベートな空間で露天が堪能できます。「朴の木」の宿泊料金は、2名様22,000円~です。

もう一つの客室「えごの木」は、8畳と6畳の二間続きです。お風呂は露天風呂ではありませんが、野手溢れる切石風呂が楽しめます。「えごの木」の宿泊料金は、「朴の木」と同じ2名様22,000円~となっています。

一人旅に人気の母屋

山河の母屋には、一人旅に人気のスタンダードタイプのお部屋が用意されています。間取りは部屋によって異なりますが、8畳から12.5畳の和室でシンプルながら落ち着けるインテリアです。しかし、部屋には専用トイレはありますが、お風呂はありません。お風呂は、山河自慢の露天風呂や貸切風呂をご利用下さい。

スタンダードタイプの客室は、母屋以外にも西棟と東棟にもあり全部で9室あります。お風呂が備わっていない分お値段はお手頃で、2名様15,000円~となっています。

内湯付き和室がある西棟

離れ、東棟、そして母屋の客室をご紹介してきましたが、最後に西棟にある客室をご紹介しておきましょう。西棟には、「吊花」、「捩木(ねじき)」、「柃(ひさかき)」と呼ばれる切石風呂の内湯が付いた客室が3つあります

間取りは少しずつ異なりますが、どの部屋も日本の和の趣がたっぷりと味わえます。宿泊料金は、「吊花」と「捩木」は2名様17,000円~、「柃」は2名様18,000円~です。

黒川温泉「旅館 山河」のアクセス&駐車場情報

黒川温泉郷にある旅館の中でも少し離れた場所にある「旅館 山河」。周囲は静かな自然に囲まれ、贅沢なプライベートな空間を堪能することが出来るでしょう。そんな魅力たっぷりの「旅館 山河」へはどのような方法で行けるのでしょうか?最後に「旅館 山河」へのアクセス方法と駐車場情報をご紹介します。

アクセス情報

「旅館 山河」にアクセスするには、車や公共交通機関を利用していくことが可能です。ただし、「旅館 山河」は阿蘇山の外輪山の北側で山深い場所にあります。そのため、レンタカーや自家用車でのアクセスが一番便利です。車を利用してアクセスする場合は、最寄りのICは大分自動車道「日田IC」。そこから約1時間ほどで「旅館 山河」に到着できます。

公共交通機関を利用される場合は、博多駅から黒川温泉まで直行バスが運行されているので、そちらを利用すると便利です。所要時間は約3時間。福岡空港からも黒川温泉行きの直行バスが運行されています。熊本方面からアクセスする場合は、熊本駅からJRやバスを利用して行くことも可能です。所要時間は約1時間40分ほどです。

駐車場は?

山河には、無料の駐車場が30台分用意されています。旅館に到着した際に、係の方が駐車場まで誘導してくれるので安心です。

Thumb黒川温泉へのアクセス情報まとめ!熊本空港&熊本駅から手段別に解説!
熊本空港と熊本駅から全国的に有名な黒川温泉へのおすすめのアクセス情報をご紹介します。東京・大...

「旅館 山河」の基本情報

住所 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6961-1
料金 8畳~12.5畳 (和室母屋、西棟、東棟) 15,000円(税別)~
アクセス 日田ICより国道212号線経由で約1時間
駐車場 あり
URL 公式サイト
備考 【日帰り入浴】
利用時間 8:00~21:00
入浴料 大人500円、子供300円
*黒川温泉入浴手形利用可能
お風呂 露天風呂(もやいの湯、四季の湯)

黒川温泉「旅館 山河」の極上温泉で癒やされよう!

黒川温泉にある「旅館 山河」をご紹介しました。山河は自然豊かな森の中に佇む情緒溢れる温泉旅館。泉質抜群の温泉、落ち着いた客室、豪華な食事とどれをとっても極上のひと時を味わうことが出来る事でしょう。

そしてもし可能なら、贅沢な空間が楽しめる最上級の離れ「ねむの木」に宿泊してみてはいかがでしょうか?海外旅行に慣れた方でも、きっと日本の良さを再認識される滞在となることでしょう。

おすすめの関連記事

Thumb黒川温泉のおすすめ日帰り温泉22選!家族風呂や絶景露天風呂もあり!
熊本の人気の黒川温泉では、日帰りで露天風呂を満喫したり、貸し切りで家族風呂にゆっくり浸かるこ...
Thumb 黒川温泉「旅館 奥の湯」は風情漂うレトロな宿!その魅力を徹底解剖!
海外からも人気の温泉街・黒川温泉。都会の喧騒から離れて静かな時間を過ごしたいと思いながらも足...
Thumb山奥に佇む極上宿!「黒川温泉 山みず木」で露天風呂や和の空間を味わう!
熊本県にある「黒川温泉 山みず木」は、田舎の奥地にある山の温泉宿の一つでしたが、今では全国で...
Thumb黒川温泉といえば「入湯手形」をまず購入!料金やお得な特典を紹介!
黒川温泉は、入湯手形のシステムがとても特徴的な温泉地です。この記事では、どうして黒川温泉で入...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
manoa55
学生時代に行ったハワイ旅行以来、どっぷりと旅にはまってます。特にハワイ、ニューヨーク、ユタが大のお気に入り。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ