新野地温泉「相模屋旅館」で天然の露天風呂を満喫!日帰り&宿泊情報!

福島県福島市にある新野地温泉「相模屋旅館」をご存じですか?秘湯を守る会にも所属している相模屋旅館の温泉は、雄大な自然に囲まれながら源泉かけ流しの硫黄温泉が楽しめます。今回は、そんな新野地温泉「相模屋旅館」についてご紹介していきます。

新野地温泉「相模屋旅館」で天然の露天風呂を満喫!日帰り&宿泊情報!のイメージ

目次

  1. 1新野地温泉「相模屋旅館」とは
  2. 2新野地温泉「相模屋旅館」の特徴
  3. 3新野地温泉「相模屋旅館」の温泉
  4. 4新野地温泉「相模屋旅館」の日帰り&宿泊情報
  5. 5新野地温泉「相模屋旅館」のアクセス&駐車場
  6. 6新野地温泉「相模屋旅館」周辺の観光名所
  7. 7新野地温泉「相模屋旅館」で癒やしの旅を!

新野地温泉「相模屋旅館」とは

福島県福島市の山奥、森林に囲まれた所に新野地温泉「相模屋旅館」はあります。そこはまさに秘湯と呼ばれるにふさわしい露天風呂で、周囲には雄大な自然、部屋からは激しい温泉の噴気、春夏秋冬様々な食材を使ったおいしい食事など日常を忘れられること間違いないでしょう。

天然の露天風呂が満喫できる旅館

新野地温泉「相模屋旅館」には源泉かけ流しの天然の露天風呂があり、大自然の中、様々な効能であなたの日々の疲れを癒してくれます。学校や職場での生活に疲れを感じてきた際に一泊し、リフレッシュするにはおススメの旅館です。

新野地温泉「相模屋旅館」の特徴

宿泊してもよし日帰りでもよし食事を楽しむもよし露天風呂を楽しむもよし、春夏秋冬様々な旅人を癒すことができる新野地温泉「相模屋旅館」には一体どのような特徴があるのでしょうか。新野地温泉「相模屋旅館」の詳細について見ていきましょう。

特徴①秘湯を守る会のお宿

「秘湯を守る会」とは、昭和50年に発足した団体で、当時旅行ブームとなっていた日本において時代の流れに乗り遅れていった温泉宿が集まり、秘湯の良さを守り周辺の自然環境の保持共同での宣伝を主な目的として活動しています。

創業当時から守り続けている新野地温泉「相模屋旅館」の秘湯は、秘湯ファンにとってはもちろん、ふらっと訪れた方にとっても非常に特別な空間になっています。

特徴②源泉かけ流しの硫黄温泉

新野地温泉「相模屋旅館」は源泉かけ流しの硫黄温泉のため、湧き出た温泉の成分を損なうことなく、そのまま使用しています。硫黄の成分によりお肌がすべすべになるだけでなく、血流もよくなり生活習慣病の改善にもつながるため、大自然の中の露天風呂で心も体もリフレッシュされるでしょう。

特徴③綺麗な建物の旅館

秘湯というと古い宿のイメージがありますが、新野地温泉「相模屋旅館」の建物の見た目はきれいで、室内も非常に清潔感があります。そしてなんといっても部屋の窓から見える温泉の噴気はとても迫力があり、日常では味わえない特別な空間を堪能できます。

新野地温泉「相模屋旅館」の温泉

秘湯といわれる新野地温泉「相模屋旅館」には様々な温泉が存在します。夏に新緑を眺めながら温泉に入ったり、冬に雪に囲まれながら温泉に入ったり、四季折々の楽しみ方ができ、いつ訪れてもあなたを癒してくれること間違いないでしょう。新野地温泉「相模屋旅館」にはいったいどのような温泉があるのか、詳しく紹介します。

温泉①内湯

新野地温泉「相模屋旅館」には、シャワー洗い場付きの男女別木造の内湯が各二か所ずつあります。木造特有の木の香り、床の足ざわりなどとても趣深く、どこか懐かしさを感じることができます。温度は天然の山の水を加水しており41℃~44℃になっております。

温泉②野天風呂(男性)

屋外の渡り廊下を数十メートル歩いたところ、野原の中にこじんまりとした男性用野天風呂があります。この温泉こそ新野地温泉「相模屋旅館」のまさに秘湯という名前にふさわしく自然の中にあり、四季折々の野山を近い距離で楽しみながら、都会の喧騒を忘れ、露天風呂をのんびり、ゆっくりと楽しむことができます。

温泉③野天風呂(女性)

もちろん女性用露天風呂も新野地温泉「相模屋旅館」の魅力の一つで男性用野天風呂とは違い女性用野天風呂は少し高い位置にあるため、湯船につかりながら安達太良連峰、鬼面山の四季折々の景色を楽しむことができます。

中でもおススメは冬の雪景色で、あたり一面真っ白な世界が広がります。また、夜はあたりが暗くなるため、星を眺めながらくつろぎ日常を忘れのんびりできます。

泉質や効能は?

新野地温泉「相模屋旅館」の温泉は、源泉かけ流しの硫黄温泉です。硫黄には、血流をよくする皮膚症状を改善する解毒作用などの成分が含まれているため、慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症等に効能があるといわれています。

新野地温泉「相模屋旅館」の日帰り&宿泊情報

新野地温泉「相模屋旅館」は、日帰りでも、宿泊でも楽しむことができます。特に、宿泊プランについては様々な旅人に対応したお得なプラン春夏秋冬おいしい食事がございますのでおススメです。それではさっそく見ていきましょう。

日帰り入浴が可能

新野地温泉「相模屋旅館」はお泊りプランだけでなく、日帰り入浴も可能です。入浴時間は10時から15時の間で受け付けは14時までとなっています。受付から1時間程度の利用で、大人800円子供400円(3歳~小学生まで)ですので、福島に観光に来た際には新野地温泉「相模屋旅館」にふらっといただくことも可能です。

シャワー使用不可に注意!

新野地温泉「相模屋旅館」での日帰り入浴の際には、渇水のためシャワーの利用ができません。日帰り旅の最後に一日の汚れを洗い流すために行こうと考えている方は注意が必要です。

4種類の宿泊プラン

新野地温泉「相模屋旅館」の宿泊プランは全部で4プランあり、基本宿泊プランお一人様一泊二食付きで13000円~15000円が通常プランとなります。

そのほか、60歳以上限定シニアプラン(平日限定)夕食無レイトチェックインプラン気ままに一人旅プランなど、新野地温泉「相模屋旅館」はお客様の旅のスタイルに合ったプランがあって非常にお得ですね。別途消費税、入湯税150円が加算れます。

品数の多い食事にも注目

また、新野地温泉「相模屋旅館」の魅力は秘湯だけではありません。宿泊の際に提供される絶品料理も魅力の一つです。山の幸をメインとした和食が主なお食事で、なんと10品以上も料理が出てきます。

春夏秋冬様々な食材を使った料理の中には、福島牛陶板焼き鯉洗いと手作りこんにゃくの刺身など聞いただけでも美味しそうな料理ばかりです。新野地温泉「相模屋旅館」に食事を楽しむために来るのもいいですね。

新野地温泉「相模屋旅館」のアクセス&駐車場

新野地温泉「相模屋旅館」へのアクセス駐車場情報を紹介していきます。車で来るか電車で来るかこれを見て計画していきましょう。

アクセス方法

新野地温泉「相模屋旅館」へのアクセスについてですが、車を利用の場合東北自動車道福島西I.C~国道115~県道30経由で約45分磐越自動車道猪苗代磐梯高原I.C~国道115~県道30経由で約45分となります。11月中旬頃から4月中旬頃までの冬から春先にかけては積雪によりノーマルタイヤでの走行はできないため、冬タイヤの装着は必須です。

また、電車でのアクセスも可能で電車を利用する場合、福島駅西口のバスロータリーから送迎を無料で行っておりとても親切です。新野地温泉「相模屋旅館」の周辺は17時頃には日が暮れてしまうため、どちらの場合も早めの到着がおすすめです。

駐車場情報

新野地温泉「相模屋旅館」の旅館前には駐車場が12台程度、坂の下の駐車場が10台程度あり、バイクで来た場合は駐車場1台分のスペースにバイク2台を停めるかたちとなります。

新野地温泉「相模屋旅館」の基本情報

 名称  新野地温泉「相模屋旅館」
 住所  福島県福島市土湯温泉町字野地2
 TEL  0242-64-3624(8時~20時)
 営業時間  チェックイン:14時-18時ごろ
 チェックアウト:翌10時ごろ
 HP  http://www.sagamiya.sakura.ne.jp/page01.html

新野地温泉「相模屋旅館」周辺の観光名所

新野地温泉「相模屋旅館」の周辺には様々な観光名所があります。周辺の観光名所へのアクセスもよいので、ぜひ一泊二日で福島県を堪能して、宿泊プランで新野地温泉「相模屋旅館」を利用しましょう。

①アンナガーデン

アンナガーデンとは、聖アンナ境界を中心にこけし博物館福島地ビールのレストラン西洋雑貨屋などの個性豊かなショップがそろい、食事、見学、ショッピングと幅広く楽しむことができます。アクセスは新野地温泉「相模屋旅館」から車で30分の位置にあるため、車を利用の際にはぜひ立ち寄ってみてください。

 名称  アンナガーデン
 住所  福島県福島市荒井横塚3-183
 TEL  024-593-0639
 営業時間  各ショップによる
 HP  http://anna-g.com/

②磐梯吾妻レークライン

秋元湖、小野川湖、桧原湖の景色を眺めながらドライブを楽しむことができます。途中の中津川渓谷などで写真を撮ったり、新緑、紅葉時期にはトレッキングをするのもおすすめです。アクセスは新野地温泉「相模屋旅館」から車で15分のため帰り道に組み込むのもいいかもしれません。

 名称  磐梯吾妻レークライン
 住所  福島県耶麻郡
 詳細ページ  https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/41350a/lakeline.html

③東北サファリパーク

新野地温泉「相模屋旅館」の温泉に癒された次は、肉食系から草食系触れ合える小動物などに癒されることができます。約1100頭の動物たちが放し飼いになっているため、迫力があるのは間違いないです。アクセスは新野地温泉「相模屋旅館」から車で45分の位置にあります。

 名称  東北サファリパーk
 住所  福島県二本松市沢松倉1番地
 TEL  0243-24-2336
 営業時間  全日9:00-16:00
 HP  http://tohoku-safaripark.co.jp/

新野地温泉「相模屋旅館」で癒やしの旅を!

ここまで新野地温泉「相模屋旅館」について様々な情報を紹介してきましたが、魅力は伝わりましたか?露天風呂に癒されるもよし、おいしい食事を楽しむもよし、福島観光での宿として使うも日帰りの温泉として使うもよし、「秘湯を守る会」に所属している新野地温泉「相模屋旅館」ならどんな旅人も楽しませてくれます。

ぜひ、福島に来た際には一度訪れてみてください。日常を忘れられるような空間があなたを待っています。

おすすめの関連記事

Thumb福島の名湯「高湯温泉」の温泉旅館12選!日帰り入浴や観光情報も紹介!
高湯温泉は福島屈指の名湯で人気の温泉地で、観光客にも人気がある秘湯です。高湯温泉は福島の大自...
Thumb福島は名湯&秘湯の宝庫!おすすめ温泉街&温泉旅館BEST15!
福島のおすすめ人気温泉旅館・温泉郷をご紹介します。福島は東北エリアの南部に位置する県で、温泉...
Thumb福島市のおすすめランチ25選!おしゃれなカフェや安くて美味しい人気店!
福島市にはランチにおすすめの人気店がたくさんあります。おしゃれなカフェや洋食の名店、デートに...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
榊原一太

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ