蒜山でおすすめの観光スポット11選!グルメやモデルコースも紹介!

岡山県真庭市にある蒜山は自然を満喫できる観光地です。美味しいグルメも多く、開放的な気持ちで日常を忘れリフレッシュするのに最適です。子供から大人まで楽しめる観光施設も充実しており、家族旅行にも向いています。蒜山高原の牧場と四季折々の表情で大自然を感じましょう。

蒜山でおすすめの観光スポット11選!グルメやモデルコースも紹介!のイメージ

目次

  1. 1岡山の蒜山は自然あふれる高原地帯
  2. 2蒜山観光でおすすめのインスタ映えスポット5選!
  3. 3蒜山観光で子供も楽しみたい!おすすめ体験3選
  4. 4蒜山観光で食べたい!おすすめグルメ3選
  5. 5蒜山の四季を楽しむ観光モデルコース
  6. 6岡山の蒜山で雄大な自然を観光しよう!

岡山の蒜山は自然あふれる高原地帯

蒜山は岡山県真庭市の北部に位置する観光地です。蒜山高原は標高約500m~600mあり、冷涼な気候が特徴です。岡山県と鳥取県の境で、大山連峰の東に連なる蒜山三座を望むことができるなだらかな高原です。広々とした大地に牧場があり、素朴でのんびりとしています。

100万年の時が創った自然芸術

蒜山三座は上蒜山、中蒜山、下蒜山の3つを指します。100万年前に誕生したといわれており、噴火によって大規模な地形変化があった場所です。川の流れも変化し、清らかな水が蒜山に流れています。川や山々の緑などの美しい自然が蒜山には広がっています。

子供から大人まで楽しめるスポットが充実

四季折々の景色や牧場を楽しむのもおすすめですが、子供から大人まで楽しめる観光スポットも盛りだくさんです。自然の中で色々な体験をしたり、ミュージアムを鑑賞したり、グルメやスイーツを満喫することもできます。蒜山でしかできない体験を楽しんでください。

蒜山観光でおすすめのインスタ映えスポット5選!

蒜山には自然が魅せてくれる様々な表情やフォトジェニックなミュージアムがあり、インスタ映え間違いなしです。鮮やかな緑や花の色は自然に撮影しただけでインスタ映えする写真になります。観光しながらインスタ映えする写真も狙ってみましょう。

①前衛的な建物でミュージアム鑑賞

GREENableHIRUZENはサステナブルな社会の実現のための発信拠点として建てられました。こちらには独創的なデザインのパビリオン「風の葉」があります。厚板を繊維方向に直交に重ねて接合したCLTというパネルを360枚使い、インスタ映えしそうな建造物です。

GREENableHIRUZENはショップ、真庭市蒜山ミュージアム、サイクリングセンター、風の葉の4つの建物で構成されています。風の葉が特徴的ですが、ミュージアムも魅力的な造りになっておりインスタ映えしそうです。

真庭市蒜山ミュージアムは人と自然の共存が体感できる文化・芸術をテーマとしています。ミュージアムも風の葉と同様にCLTを用いており、ミュージアムの内部にも木材がふんだんに使用されています。ミュージアムでは期間限定の展示やイベントが行われています。

ショップとサイクリングセンターはミュージアムと併設しており、ショップにはサステナブルな商品が並んでいます。観光のお土産にもおすすめです。

GREENable HIRUZEN(グリーナブルヒルゼン)の基本情報

住所 岡山県真庭市蒜山上福田1205-220
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜日(祝日の場合は翌平日)
料金 ミュージアム:一般(高校生以上)300円、中学生以下無料
※特別展は別途必要
アクセス 車:岡山から約70分 岡山JCT-中国自動車道-米子自動車道・蒜山I.C経由
電車:根雨駅、江尾駅よりタクシー
駐車場 蒜山高原センター駐車場
URL https://www.greenable-hiruzen.co.jp/

②夏の夜のホタル

蒜山では6月下旬~7月上旬にかけて、各地の川沿いでホタルが飛びはじめます。中でも津黒川は人工的な光が少なくホタルの乱舞が楽しめる観光スポットとなっており、インスタ映えにもおすすめです。ホタルの撮影は一眼レフがおすすめですが、スマホでも撮影可能です。

手ブレ防止のために三脚と、夜景撮影用アプリを準備してください。ホタルの光は微弱なため、シャッタースピードは長く設定します。ISOは800~3200程度の設定がおすすめです。スマホを駆使してインスタ映えしそうな幻想的なホタルに挑戦してみてください。

津黒いきものふれあいの里の基本情報

住所 岡山県真庭市蒜山下和1077
営業時間 9:00~16:30
定休日 火曜日(祝日の場合翌日)12月16日~3月14日まで冬期休館
料金 無料
アクセス 岡山・関西方面から(湯原ICから約20分)
米子方面から(蒜山ICから約45分)
駐車場 50台
URL https://plus.harenet.ne.jp/~tsuguro/index.html

③ハーブガーデンでラベンダー摘み

蒜山には西日本最大級のラベンダー畑があります。総面積約3haの敷地に約1万株のラベンダーが咲いています。見ごろは7月上旬~8月初旬にかけてで、あたり一面に広がるラベンダーはインスタ映えしそうです。

ラベンダーの摘み取り体験も可能で、1カップ500円となっています。同時期にブルーベリーの収穫体験もしています。カフェもあるのでランチを楽しむこともできます。

蒜山ハーブガーデンハービルの基本情報

住所 真庭市蒜山西茅部1480-64
営業時間 9:00~16:30(季節によって営業時間の変更有)
定休日 毎週水曜日(祝・祭日を除く)
冬季不定休(積雪のため)
料金 入園料:大人300円・中高生200円・小学生以下無料
ラベンダー摘み体験:1カップ500円
アクセス 蒜山インターから車で5分
駐車場 建物北側に80台、建物降りて西側にバス8台
URL https://hiruzen-herbgarden-herbill.jimdofree.com/

④ 一面のひまわり畑

ひるぜんジャージーランドのひまわり畑は広大な敷地に約8万本のひまわりが咲き誇ります。見頃は7月下旬~8月上旬となっており、蒜山の夏の風物詩でもあります。ひまわり畑は牧草地の隣にあり、ジャージー牛とひまわりを一緒に画面に収めることが可能です。

ここでしか撮れない写真はインスタ映えスポットとしておすすめです。また、夏のひまわり以外にも春は菜の花、秋はコスモスと四季折々の花が楽しめます。レストランもありランチでも利用できます。ジャージー牛やチーズなどの蒜山グルメを食べることができます。

ひるぜんジャージーランドの基本情報

住所 真庭市蒜山中福田956-222
営業時間 3月~12月 9:00~17:00
1月~2月 10:00~16:00
定休日 3月~12月 無休
1月~2月 1月1日および 1、2月の毎週火・水曜日(1月2・3日は営業)
料金 無料
アクセス 蒜山ICから県道422号線を利用して、約9キロ、12分ほど
駐車場 普通車300台、バス3台
URL http://jerseyland.hiruraku.com/

⑤蒜山高原で壮大な自然を体感

蒜山高原の自然は、四季や時間帯によって様々な表情を見せてくれます。インスタ映えを狙って、天気や気温に注意しながら自然の作る美しい景色の撮影に挑戦してみてください。

雲海

蒜山では雲海の撮影が可能です。時期は9月~11月頃で時間帯は日の出から8時頃がおすすめです。規模は日によって変わりますが、蒜山展望台や鬼女台展望所、蒜山高原自転車道周辺等の観光スポットで見ることができます。

雲海が見られる条件は、湿度が高く十分な放射冷却がある、よく晴れている、前日の日中と当日の早朝の気温の差が大きい、風が弱いなどの条件があります。気象条件を確認して、インスタ映え目指して朝から蒜山に繰り出してみてください。

星空

蒜山高原は周囲を山に囲まれ、人工的な明かりも少ないので星空の鑑賞にもおすすめです。澄んだ空気の中、夜空に浮かぶ無数の星はインスタ映え間違いなしです。夏には通常夜間営業は行っていない「蒜山ハーブガーデンハービル」がオープンします。

蒜山観光で子供も楽しみたい!おすすめ体験3選

蒜山は高原や牧場などの観光だけでなく、子供が体験して楽しめる遊びスポットも数多く存在します。小さなお子様から小学生や中学生まで、蒜山だけでしかできない体験で思い出作りをしましょう。

①津黒いきものふれあいの里で自然観察

津黒いきものふれあいの里は広さ約16haの里山を有する自然公園です。アカマツ林を中心にコナラ・クリ林・ハンノキ林、湿地など様々な環境があり、貴重で多種多様な動植物に出会うことができます。散策は子供の足で約90分程度かかります。

動植物の観察以外にも、魚のつかみ取りや、渓流釣り、バーベキューも楽しめます。虫や自然、アウトドアが好きな子供たちにおすすめです。

②ジョイフルパークの「まにわ遊びの教室」

「まにわ遊びの教室」は遊園地ジョイフルパークの体験施設です。ジャージーアイスクリーム作りやアロマクラフトなどがあり子供だけでなく、大人も一緒に楽しめます。「まにわ遊びの教室」は毎日開催されており、日によってプログラムが異なります。

対象年齢や所要時間もHPに記載されているので子供に合わせた体験を選びやすいです。体験により料金は異なりますのでご確認ください。

住所 岡山県真庭市蒜山上福田1205-197
TEL 0867-66-3600
料金 まにわ遊びの教室は入園料なし
体験料金はプログラムによって異なる
アクセス 蒜山ICから車で約3分
駐車場 有り(約700台)
URL https://www.hkcenter.co.jp/taiken/

③季節限定のブルベリー摘み

子供に人気の果物狩り、蒜山ではブルーベリー摘み体験ができる観光地です。例年6月下旬~9月下旬開催されています。ブルーベリー園やその年のブルーベリーの出来によって細かい時期や料金は異なりますので、事前にHP等でご確認ください。

蒜山高原カルチベート観光ブルーベリー園、ひるぜんジャージーランド、蒜山ハーブガーデンハービル、髙取蒜山ブルーベリー園など、数か所でブルーベリー摘みが楽しめます。暑い時期になりますので、熱中症対策や虫対策を忘れないようにしましょう。

蒜山観光で食べたい!おすすめグルメ3選

ランチにもおすすめな蒜山のグルメといえばジャージー牛やB級グルメのひるぜんやきそばですが、他にも美味しいものが沢山あります。蒜山観光の際は美味しいランチで至福の時を過ごしましょう。

①そば

蒜山と言えばB級グルメのやきそばが有名ですが、「お蕎麦」の名産地でもあります。高原地帯や山間地などは昼夜の温度差が大きいので、蕎麦作りには適した土地となっています。水の美味しさも、美味しい蕎麦ができる所以です。

蒜山地域では、1997年から蕎麦を栽培しています。9月上旬には蕎麦の白い花が蒜山のあちこちで咲きはじめ、10月には収穫し県内外の店に新そばが出回ります。広い敷地に咲く白くて可愛らしい蕎麦の花は一見の価値ありです。

ランチで人気:一心庵

一心庵は手打ち蕎麦の専門店で、昔ながらの製法で丹精込めて打ち上げています。まにわの美味しい水で作られた十割蕎麦は蕎麦粉の本来の美味しさを味わうことができランチで人気です。さらに、そば本来の風味を生かした「十割無篩い無玄そば」もおすすめです。

「十割無篩い無玄そば」は石臼にかけた蕎麦粉をふるいに通さず粗挽きに製粉し、水だけで打ち上げています。鴨ざる蕎麦やだし巻き卵もおすすめです。

住所 岡山県真庭市三田131
営業時間 平日11:00~15:00頃(なくなり次第終了)
定休日 月曜日、火曜日
駐車場 あり(勝山木材ふれあい会館と同じ
URL https://www.maniwa.or.jp/web/?c=spot-2&pk=3156

②ソフトクリーム

蒜山は日本最大規模のジャージー牛飼育地域となっています。ジャージーミルクは乳質が優れており、乳脂肪分・Ca・たんぱく質・乳糖・ビタミンなどの栄養成分がホルスタインより多く、濃厚な風味とコクを味わうことができます。

ジャージー牛乳を使用した濃厚なソフトクリーム以外にも蒜山には各観光施設の特徴を生かした様々なソフトクリームが販売されています。ラベンダー味やヤマブドウ味などが楽しめますので、食べ比べをしてみてください。

ランチで人気:蒜山ハーブガーデン ハービル

蒜山ハーブガーデンハービルでは限定のラベンダーソフトクリームを楽しむことができます。また、ランチも営業しており、ハーブを使用した珍しいランチメニューがあります。屋外テラス席もあり、ペットと一緒にランチを楽しむこともできます。

ラベンダーソフトクリームの他やラベンダーソーダや色とりどりのオリジナルハーブティーもおすすめです。季節の花やガーデンに囲まれて、優雅な時間を過ごすことができます。

③ワイナリー

蒜山にはヨーロッパにはない、日本固有の野生のブドウ「ヤマブドウ」を使ったワインを製造するワイナリーがあります。ヤマブドウ自体は酸味が強く、滋養強壮や貧血によいとされてきました。ヤマブドウを使用したワインは個性的でしっかりとした味が特徴です。

しかし、その年のヤマブドウの出来や熟成により味が変化するのがワインの醍醐味です。蒜山のワイナリーに足を運んで、試飲してお気に入りを見つけてください。

ランチで人気:ひるぜんワイナリー

ひるぜんワイナリーには、カフェでコーヒーやチーズ、ピザなどが楽しめるコアニエがあります。試飲ブースではワインの試飲をしながらお気に入りのワインを探すことができますので、お土産や贈り物にも最適です。

蒜山のそば粉を使用したガレットや季節のランチボックスなどもありますので、ランチでのご利用もおすすめです。→※現在はランチ営業は終了しています

住所 真庭市蒜山上福田1205-32
営業時間 4月~11月 10:00~17:00
12月~3月 10:00~16:00
※カフェ 10:00~16:00
定休日 火曜日(祝日の場合は翌日を振替休日)
アクセス 蒜山ICから約4km(約5分)
駐車場 40台
URL https://hiruzenwine.com/

蒜山の四季を楽しむ観光モデルコース

蒜山は自然豊かなので、大自然の四季折々の表情を楽しめます。春や夏には自然を肌で感じられる、ウォーキングやサイクリングがおすすめです。秋には紅葉、冬は雪景色を楽しむドライブがおすすめです。それぞれのモデルコースをご紹介します。

春夏は蒜山高原で寄り道観光がおすすめ

蒜山高原には様々なウォーキング、サイクリングのモデルコースがあります。子供と一緒にのんびり観光することもできますし、しっかりウォーキングすることも可能です。また、蒜山高原を1周できる約30Kmの自転車道路もあります。

観光スポットを巡りながら身体を動かし、雄大な自然の中でリフレッシュできること間違いなしです。春夏の過ごしやすい日にはモデルコースを進みながら寄り道観光も楽しんでみてください。

ウォーキング・サイクリングコースが充実

ウォーキングでおすすめのモデルコースは、蒜山三座を見渡せる蒜山高原休暇村から高原一帯を眺めることができる蒜山高原キャンプ場までの往復約4kmのコースです。途中「白樺の丘」や蒜山大山スカイラインを見ることができます。

4㎞ほどと短めなので、牧場と大自然を満喫しながら子供と一緒でも楽しめます。季節や時間帯で変化する高原の景色や「大山」の眺めにも注目してみてください。

約4㎞のモデルコースの他、道の駅蒜山高原や自然牧場公園通り約10㎞の道のりを歩くモデルコースや、旧出雲街道の宿場町を巡る約3㎞のモデルコースがありますので、お好みのコースで蒜山ウィーキングを楽しんでください。

サイクリングのおすすめモデルコースは、蒜山高原を一周するコースです。約30㎞あり、高低差は約135mです。なだらかな道が多く、初心者向けのコースです。一周するので、スタート地点はありませんが、道の駅蒜山高原をスタート地点にすると分かりやすいです。

蒜山では各所でレンタサイクルがありますので、利用してみてください。

サイクリングのモデルコースでは案内板やブルーのラインが道路に描かれているので、それらを目印に進みましょう。途中寄り道をして、蒜山の観光地やグルメを堪能するのもおすすめです。さわやかな風を受け大自然を満喫しながら蒜山観光を満喫しましょう。

日の出前や日没は自然観察を満喫

春夏には日の出前や日没頃の自然観察がおすすめです。6月下旬~7月上旬には津黒川でホタルの乱舞を観察することができます。ホタルは明かりの少ない静かできれいな水辺を好むので、蒜山はホタルの生息に適しています。

9月~11月頃には雲海を観察することもできます。雲海は層状の雲が広がって海のように見える状態を言います。蒜山では条件が整えば幻想的な雲海を観察することができます。

秋冬は景観を楽しむドライブがおすすめ

積雪の多い蒜山では、秋冬にはドライブ観光がおすすめです。もちろん春夏にもおすすめで、大山から蒜山へとつながる蒜山大山スカイラインは絶好のドライビングコースです。蒜山観光もグルメやランチも盛りだくさんでめぐることができます。

蒜山高原から蒜山大山スカイラインを通り大山へ向かうモデルコースもドライブを楽しむにはおすすめです。冬期は営業していない施設や積雪状況によって臨時休業となる施設もありますので、冬には事前に確認して出発しましょう。

景観が美しい蒜山大山スカイライン

蒜山大山スカイラインは観光に適した観光道路で、北には大山の美しい山並みが広がり南には高原と町並みを望むことができます。蒜山大山スカイラインには所々駐車できるスペースがあるので、下車して景色を堪能することもできます。

スカイライン上にある鬼女台展望所は360度のパノラマが楽しめるスポットとして人気です。売店もあり蒜山グルメも楽しめます。10月下旬~11月上旬には紅葉が鮮やかに色づき、ドライブ観光で賑わいをみせます。鬼女台展望台まで登るとさらなる絶景を楽しめます。

ドライブの締めは温泉でほっこり

蒜山で観光を楽しんだ後は締めの温泉がおすすめです。疲れた身体をほぐして、身も心もリフレッシュ間違いなしです。蒜山地区には蒜山やつか温泉や国民休暇村に日帰り温泉があります。

また、少し足をのばせば湯原温泉という温泉観光地があり、こちらでは露天風呂が楽しめます。ドライブの帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

岡山の蒜山で雄大な自然を観光しよう!

蒜山には雄大な自然とともに遊べるスポットが盛りだくさんです。ミュージアム鑑賞やジャージー牛などのグルメも充実しており、1日では満喫しつくせません。子供から大人まで、全世代で楽しめる蒜山にぜひ訪れてみてください。

おすすめの関連記事

Thumb岡山名物「ひるぜん焼きそば」とは?レシピや人気店を徹底解説!
岡山の蒜山(ひるぜん)に来たら絶対に食べるべき「ひるぜん焼きそば」。特製のタレがやみつきにな...

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
mai

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ