岡山から鳥取の行き方徹底解説!格安で行ける交通手段は?

岡山から鳥取への行き方について、格安で行ける電車やバス、自分のペースで行けて、現地での移動にも最適な車での方法をご紹介します。それぞれの料金やメリット、デメリットについても比較をしていきますので、岡山から鳥取への移動をお考えの方はぜひ参考にしてください。

岡山から鳥取の行き方徹底解説!格安で行ける交通手段は?のイメージ

目次

  1. 1岡山から鳥取までの行き方は?
  2. 2岡山から鳥取まで電車での行き方
  3. 3岡山から鳥取までバスでの行き方
  4. 4岡山から鳥取まで車での行き方
  5. 5長距離移動を快適に過ごすグッズ
  6. 6岡山から鳥取へ旅行しよう!

岡山から鳥取までの行き方は?

岡山県とと鳥取県は南北に隣接しており、2つの県を行き来する方法はいくつかあります。電車で行く方法、バスで行く方法、そして自動車で行く方法です。

2県とも観光地が豊富なことでも有名なので、両方の県を観光や仕事で行くこともあるでしょう。ときには普段使わない方法でアクセスしてみるのもいいのではないでしょうか。次回の旅の参考にしてみてください。

【格安なのはどれ?】岡山から鳥取 各交通機関の比較

最初に、岡山から鳥取までの交通手段で、料金だけで見ると格安に行けるのはどの交通手段なのかを比較してみていきましょう。

  所要時間 料金
電車 特急スーパーいなば
岡山駅~鳥取駅
1時間20分
自由席:4,470円
指定席:5,100円
高速バス ももたろうエクスプレス
岡山駅~米子駅
2時間33分
3,500円
新倉吉街道エクスプレス
岡山駅~倉吉
2時間40分
3,200円
プリンセスロード
大原インター~鳥取駅
1時間10分
1,300円
山陽自動車道・鳥取自動車道(無料区間)
岡山IC~鳥取IC
2時間15分
530円
岡山IC~米子IC
山陽自動車道ほか高速道路利用
1時間40分
3,550円

鳥取県の目的地にもよりますが、料金だけで見ると車とバスが最も安く行くことができる交通手段です。車の場合、鳥取自動車道の無料区間をうまく利用すれば、このように交通費が安くすみます。しかし車は高速代以外にガソリン代、そのほか必要諸経費がかかりるので意外と高くなる場合もあるので注意が必要です。

しかし乗車人数により一人分の料金がバスより安くなることもあるので、所要時間や現地での移動のことなど考えてみる必要もありそうです。岡山から鳥取まではさほど遠くはないのも選択肢が広がる要因ではないでしょうか。

交通費では格安だとしても、電車、バス、車それぞれにメリット、デメリットがあるので、ここからは詳しい行き方とともにそれぞれ順に見ていきます。

岡山から鳥取まで電車での行き方

岡山から鳥取までの行き方でまず最初に考えるのは電車での移動という方も多いのではないでしょうか。JR特急スーパーいなば号は岡山駅と鳥取駅を1時間40分でつなぐ特急列車で、山陽地方と山陰地方を結ぶ貴重な移動手段の一つです。

上り下り1日各6本ずつの運転で、停車駅は上郡・佐用・大原・智頭・郡家の4駅です。JRみどりの窓口や券売機、インターネットでチケットの購入が可能です。

割引を使えばさらに安く行ける

料金は繁忙期200円プラス、閑散期200円マイナスと変動するため、サイトでの確認をおすすめします。

WEB早得(7・14・21)やチケットレス特急券、eきっぷなど、さまざまな割引が設定されているので、自分のスタイルに合ったチケットの購入方法を選択しましょう。
 

電車がおすすめな理由

電車の旅は大きなトラブルのない限り、あらかじめ決まった時間に到着できるので時間を有効に使うことができるので予定が立てやすいのがメリットでしょう。電車が好きな人はもちろん、景色を楽しみたい、気軽行を楽しみたいという方におすすめです。

特急は岡山駅から1日に6便運航しており効率よく鳥取駅に到着できますが、時間がかかっても交通費を安くしたいという方なら、普通車を乗り継いで3時間の電車の旅を楽しむ行き方もあります。

車窓を流れる自然の景色を眺めながら食事をしたり、読書をするなど思い思いの時間を過ごすことができますよ。そんな電車での移動のメリットとデメリットについてみていきましょう。

メリット①:お酒を飲んでも帰れる

旅行や仕事で岡山から鳥取に向かう場合、一日の疲れをお酒を飲んで癒したい方も多いでしょう。岡山で飲んでから帰る、車内で飲みながら帰る、どちらにしても電車なら安全に目的駅まで運んでくれます。

お酒を飲んでしまうと車の運転ができないのは当然のこと。目的地に到着するまで飲酒はできません。ただし、くれぐれも飲みすぎにはご注意を。

メリット②:居眠りができる

岡山から鳥取に向かう1時間40分の間、エネルギーチャージのためにも睡眠をとっておきたいという方もいるでしょう。自然いっぱいの車窓から見える景色を眺めているとリラックスムードでついついまぶたが重くなってしまうかも知れませんね。

デメリット①:座れないときは立ちっぱなし

ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの繁忙期、特に混み合う時間帯など指定席が取れず、自由席でも満席で座れないという場合もあります。自由席に座るために早くから待たなくてはならないといったことにもなりかねません。

誰しもが利用しやすい移動手段なので仕方がないですが、1時間40分の間揺れる電車でずぅと立ちっぱなしは非常につらいものです。そんなことにならないためにもできるだけ早く予約を取っておくか、可能であれば繁忙期を避けて行動することをおすすめします。

デメリット②:駅まで行かないといけない

電車で行く場合のデメリットは、乗車する電車の駅まで行かなくてはならないという点もあります。場合によっては大きな荷物を持って交通機関を乗り継いで多くの人が集まるターミナルまで移動するのは大変。特に年配の方や小さな子供連れは一苦労です。

電車はあらかじめ出発時間が決まっているので遅れてしまうと当然乗れません。特急は毎時あるわけではないので、普通電車を乗り継いで行くことになる可能性もあるので、くれぐれも時間には遅れないように気を付けましょう。

岡山から鳥取までバスでの行き方

岡山から鳥取までのバスでの行き方は、3種類のコース(目的地)があり、便数、時間、ルートが異なるので、行きたい目的地、乗車場所、時間などによって選択が可能です。

最も便数が多いのが岡山駅西口から出発する「ももたろうエクスプレス(出雲行)」です。岡山駅を出ると岡山インターに停車するだけのほぼ直行、約2時間30分で米子駅に到着できます。鳥取県の西方面に行く場合に利用すると便利です。


一日2便倉吉駅行のバス「新倉吉街道エクスプレス」が岡山駅西口から出ています。停車数がももたろうエクスプレスより随分多いですが、湯原温泉や関金温泉に停車するので、観光地へのアクセスも良好で、鳥取県の東方面に行きたい場合に利用したい行き方です。

また、一日3便運航している姫路・鳥取線「プリンセスバード」は兵庫県・姫路が始発で、岡山からなら美作市の大原インターと西粟倉で乗降車可能で鳥取駅に行くことができます。全席自由席ですが事前購入もできて安心です。

バスがおすすめな理由

岡山から鳥取への行き方で最もコストパフォーマンスがいいのがバスです。とにかく高速バスは料金が安いのが魅力で、移動にあまりお金をかけたくない方におすすめです。

岡山から鳥取までは電車で行くより1時間弱時間がかかりますが、1,000円以上安く行くことができます。また、鳥取県の3方面へのバスがあるので、目的地に合わせて選択できるのもメリットです。

メリット①:お酒を飲んでも帰れる

現在岡山から鳥取方面への最終バスは、米子行18時30分、倉吉方面行は17時40分、鳥取駅方面行は19時41分で、観光や仕事を終えてから乗り込むにはちょうどいい時間です。

岡山で少しお酒を飲んでからバスに乗るには少し早い時間の最終ですが、お酒を飲んでいてもバスに乗っているだけで目的のバス停まで連れて行ってくれるので安心です。

メリット②:居眠りができる

電車と同様もバスに乗っている時間は自分の自由な時間なので、軽い食事をしたり、疲れたら仮眠もとれます。1時間から2時間40分の間、ゆっくり体を休めて到着後の活動に備えましょう。

デメリット①:雨や雪の日は乗り降りが面倒

高速バスとはいえ、停留所には屋根がついて完全に雨や雪をしのげるというわけではありません。雨や雪を気にしながら荷物や周囲にも気を配らないといけないバスへの乗り降りはいささか苦労します。

デメリット②:本数、時間が決まっている

岡山から鳥取の各方面へのバスは現在1日10便。米子方面は5便、倉吉は2便、鳥取駅方面へは3便と一日の本数が決まっています。高速バスは1時間に1本あるわけではないため、時間に遅れるとかなり待つことになります。

最終なら翌日まで待たなくてはならず、当日に到着したい場合は電車に振り替えて結局高くついてしまうことにもなりかねません。融通がききにくく、本数や時間が決められているからこそ安く行けるということなのでしょう。

岡山から鳥取まで車での行き方

最後に岡山市内から鳥取各方面への行き方はいくつかのルートがありますが、こちらの移動手段は公共交通機関をまったく利用しない行き方なので、自分の好きな時間に自由に行くことができます。

鳥取市内をはじめ東方面へ向かう方法で最も一般的なのが、中国自動車道津山ICから国道53号線経由、智頭ICから無料の鳥取自動車道にのり鳥取ICで降りると鳥取砂丘などの観光地へもすぐです。

鳥取県の西の玄関口米子へは、山陽自動車道・岡山自動車道・中国自動車道・米子自動車道を経由して約1時間40分で米子に到着できます。

高速代を使わずに行きたいという場合は、鳥取自動車道佐用平福ICから鳥取ICまで無料区間を利用して2時間40分、、また、米子に行くなら国道180号線を利用すると約3時間30分で行けます。

自動車の利用で忘れてはいけないのがガソリン代です。岡山から鳥取までは100~150キロ前後あるので、自家用車で行くなら燃費や事前にチェックしておくことをおすすめします。車は乗車人数が増えるごとにコスパがよくなるのがメリットです。

季節にもよりますが途中から雪道を通らなくてはならない場合も出てきますので、天候の確認や準備の準備をしっかり行いましょう。

車がおすすめな理由

車での移動は途中休憩をはさむとしても1時間30分から3時間弱の運転をすることになるため、運転に鳴れている人、もしくは長距離の運転でも苦にならない人におすすめのアクセス方法です。移動自体が旅行の一部なので、運転を楽しめる人が向いています。

子供連れの場合、あらかじめどこで休憩するか、どこで給油したらよいかなどを大まかでも決めておくと安心です。周りに気兼ねなく車内空間で過ごせるのもいいですね。

また、自由に行動したいという人には車の移動がおすすめです。電車やバスだと決められた時間に出発するので、それに合わせて予定を立てることになります。しかし車だと、自分のペースで出発できたり、行動範囲も広くなります。

当初予定になかった場所まで行ってみたりなど、時間の使い方は本人次第になるので、自由な旅行が楽しめます。

メリット①:急な寄り道ができる

車での移動のメリットは、何といっても時間に縛られない自由な行動ができることでしょう。当初予定になかった観光地や気になるお店などに急遽立ち寄ってみるのも車移動ならではの楽しみです。

メリット②:タバコが吸える

電車で移動するときはわざわざ喫煙場所に行ったり、バスの場合は社内では吸えないので降りるまで我慢しなくてはなりません。しかし車の移動なら自家用車の中で堂々とタバコが吸えるのは愛煙家にとっては嬉しいことでしょう。

デメリット①:渋滞する可能性がある

車での移動にはアクシデントを考慮しておく必要がありますが、平日の朝や夕方、週末や繁忙期はかなり渋滞する場所があります。

岡山から鳥取へ移動するときによく利用する国道53号線は渋滞することが多いため、時間をずらして行くことをおすすめします。

デメリット②:運転手は居眠りができない

もう1点デメリットとしては、運転手はずっと運転に集中しなくてはいけないため、適度に休憩をはさみましょう。普段運転をしない人は特に慣れない運転で疲れているはずです。居眠りをする同乗者がうらやましく思えてくるのではないでしょうか。

長距離移動を快適に過ごすグッズ

長距離の移動をする際にはいかに快適に過ごすことができるかが大きなポイントとなってきます。最近では快適に過ごすための便利グッズが多く販売されています。ここからは旅を快適にしてくれるグッズを3種類ご紹介していきます。

①使い捨てスリッパ

いくら履きなれている靴でも電車やバス、車のなど長距離の移動で履きっぱなしだと足にストレスがかかり疲れてしまいます。そんなときに活躍してくれるのが使い捨てスリッパです。窮屈な靴から解放されて気分的にも楽になりますよ。

スリッパは使い捨てだけではなく、トラベル用の折り畳みスリッパならコンパクトになりバッグやスーツケースの片隅に入れておけます。到着後アクティブに過ごすためにも取り入れてみてはいかがでしょうか。

②耳栓

電車やバスを利用するときにおすすめなのが耳栓です。移動時間に周りの騒がしさを和らげて仕事や勉強に集中したいときや、ゆっくり休みたいというときに重宝します。

シンプルに耳をふさぐタイプから、デジタル処理で騒音を打ち消して聞き取りたい音だけ聞ける優れものまでさまざま。柔らか素材で耳の負担になりにくいものも多いので、一度試してみてはいかがでしょうか。

③アイマスク

最後に移動中にあると便利なグッズがアイマスクです。周りの光を遮断して快適な睡眠やリラックスタイムを過ごすサポートをしてくれるので、バッグのポケットにしのばせておきたいアイテムです。使い捨てからシルク生地やテンピュールなど素材にこだわったものまで幅広くあります。

車の運転には温感や冷感、アロマタイプなど、疲れた目を癒してくれるアイマスクがおすすめです。休憩タイムに目を休めて、すっきりした後は安全運転で行きましょう。

岡山から鳥取へ旅行しよう!

岡山から鳥取への移動方法と料金、それぞれのメリット・デメリットについて解説しました。電車やバス、車を使って自分たちに合った方法で快適な旅を楽しみましょう。ポイントは鳥取での目的、出発時間、人数とスタイル、そして料金です。

関連記事紹介

Thumbラクダだけじゃない鳥取砂丘!観光の所要時間やおすすめスポットを紹介
鳥取県で一番有名な観光地、鳥取砂丘。雄大な鳥取砂丘は今や見るだけでなく、ラクダに乗ったり様々...
Thumb鳥取の二郎系ラーメン「今を粋ろ」!人気メニューや店舗情報、通販情報を紹介!
山陰エリアの二郎系ラーメンとして有名な「今を粋ろ」は、鳥取県と島根県で展開しているお店です。...
Thumb【鳥取県鳥取市】河原城はぜひ一度訪れるべき!知られざる魅力とは?
戦国の世に豊臣秀吉が鳥取城を兵糧攻めした話は有名ですが、その時に陣を敷いた場所が現在「河原城...

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
pakumama
旅行と寺社巡りが好きで、特に京都にはよく行きます。宮古島の海の青さに魅せられ、また次いつ行こうかと考えています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ