「鳥取東照宮」は江戸より続く歴史ある神社!御朱印やアクセス情報を紹介!

鳥取東照宮は江戸時代から続く神社です。鳥取東照宮の社殿は石玉垣をめぐらした本殿、平唐門の中門、入母屋造の拝殿、幣殿が国の重要文化財に指定されています。樗谿公園では夏になると蛍が鑑賞でき、秋にはお祭りや紅葉が楽しむことができます。

「鳥取東照宮」は江戸より続く歴史ある神社!御朱印やアクセス情報を紹介!のイメージ

目次

  1. 1「鳥取東照宮」は重要文化財に指定されている名所!
  2. 2「鳥取東照宮」の歴史とは?
  3. 3「鳥取東照宮」の見どころ
  4. 4「鳥取東照宮」の御朱印やご利益は?
  5. 5「権現茶屋」で御朱印がもらえる
  6. 6「鳥取東照宮」のアクセスや駐車場情報
  7. 7鳥取に来たら「鳥取東照宮」を参拝しよう!

「鳥取東照宮」は重要文化財に指定されている名所!

鳥取県鳥取市にある鳥取東照宮は、慶安3年(1650)に鳥取藩初代藩主・池田光仲が日光東照宮の分霊として創建した神社です。創建当時から残る建築物か数多くあり、モミやシイなどの木立の中にたたずむ鳥取東照宮の社殿は厳格で、石玉垣をめぐらした本殿、平唐門の中門、入母屋造の拝殿、幣殿ともに国の重要文化財に指定されています。鳥取東照宮のご利益は、勝運、武運長久、家内安全、子孫繁栄とのことです。

鳥取市内からもアクセスが便利で6月頃にはホタル、秋には紅葉やお祭りも開催されておりいつもの鳥取東照宮とは違う楽しみ方もできますよ。

豊かな森林やお祭りは必見!

鳥取東照宮は鳥取市中心部から1kmも離れていないにもかかわらず、豊かな森林に囲まれており、とても神聖な空気を感じれる静かな場所です。

鳥取東照宮では毎年10月に「楽座楽市(らくざらくいち)」と呼ばれる秋祭りが開催され、紅葉シーズンにはとても美しい景色を楽しめます。

鳥取東照宮で行われるお祭りやイベントはアクセルも良いので地元の人も観光客も一緒になって楽しめます。お祭りでは大きな神輿が担がれたり、音楽、ダンスなどのイベントも数多く催されています。さらに飲食店や多くの屋台も出店し、いつもの静かなでご利益のある鳥取東照宮とは一味違った雰囲気を楽しむことができますよ。

「鳥取東照宮」の歴史とは?

鳥取東照宮は鳥取藩初代藩主池田光仲によって造営されました。光仲は3歳で藩主になりましたが、お国入りしたのはその16年後の1649年です。

藩主としての威厳を示すため、幕府に願い出て東照宮勧進を許可をもらったとされています。


鳥取東照宮が創建時された当時は「東照宮」と呼ばれていましたが、明治時代に「樗谿神社」(おうちだにじんじゃ)と改称され、その後「鳥取東照宮」と変更されました。今でも「鳥取東照宮」と「旧樗谿神社」の2つの名前で呼ばれています。

・初代鳥取藩主が日光東照宮の分霊として建立

初代藩主池田光仲が慶安3年(1650)に曾祖父徳川家康を祀るため、日光東照宮から分霊して創建したもので、因幡東照宮と呼ばれていました。樗谿神社は創建時「東照宮」でしたが、明治時代に「樗谿神社」と改称されました。元々の名称復活を望む声もあり、改めて「鳥取東照宮」と名称変更しました。

威厳を示すために建てられた?

鳥取藩初代藩主池田光仲はわずか3歳で藩主となり、慶安元年12月(1649年)に藩主となって16年目にして初のお国入りを果たしました。この際、藩主としての威厳を示すため、幕府に願い出て鳥取城下への東照宮勧進を許可されたようです。

光仲の父・忠雄の生母は徳川家康の次女・督姫で、光仲自身は家康の曾孫です。光仲が曾祖父・家康を追慕しての東照宮勧進でもあり、かつては豊臣系大名の雄として知られた池田氏が幕府への恭順の意を示すための勧進でもありました。

明治時代に「樗谿神社」と改称

徳川家康を祭る神社。かつては樗谿(おうちだに)神社と称していましたが、平成23年に「鳥取東照宮」と改称されました。ただ、文化財の指定名は従来通りで、この神社は二つの名称で呼ばれることもあります。

県無形民俗文化財である麒麟獅子舞は、樗谿神社を建立した際に、権現祭の神幸行列で行われたのが始まりと今でもいわれています。
 

元の名称の復活を望む声もあり鳥取東照宮と改称

樗谿神社(現在の鳥取東照宮)は創建時の名称は「東照宮」でしたが、明治時代に「樗谿神社」と改称されました。しかし、元々の名称復活を望む声が地元からも多くあり、「鳥取東照宮」と改めて名称変更されました。

「鳥取東照宮」の見どころ

鳥取東照宮の社殿は石玉垣をめぐらした本殿、平唐門の中門、入母屋造の拝殿、幣殿が国の重要文化財です。簡素で気品があり、本殿には左甚五郎作と伝わる鷹の彫刻が残っています。

鳥取東照宮の周辺では多くのホタルが生息し、6月頃の夜にはホタルの乱舞は毎年多くの人々を楽しませています。

創建当時から残っている本殿・唐門・拝殿・幣殿

鳥取東照宮の社殿は石玉垣をめぐらした本殿、平唐門の中門、入母屋造の拝殿、幣殿が国の重要文化財に指定されています。

昭和27年に国の重要文化財に指定された本殿・幣殿・唐門をはじめとする歴史的建造物は、鳥取藩政期における大名池田家の数少ない遺産です。
 

鳥取東照宮は江戸初期の建築で本殿は桁行三間、梁間二間、一重、入母屋造、向拝一間、檜皮葺。正面3間、側面2間の入母屋造桧皮葦など簡素でとても美しく気品のある建造物です。

江戸時代から残る文化財の数々は華やかさはありませんが、そのたたずまいからは時が止まったかのような静けさと神秘的な空気を感じることができます。知る人ぞ知る名所で比較的、観光客も少なく、鳥取市内からもアクセスが良く、穴場スポットとして密かに人気を集めているのも納得のおすすめ観光地です。

鷹の彫刻

鳥取東照宮の本殿にある扉上の桁に施された鷹の彫刻は左甚五郎が手懸けたものと伝えられています。

左甚五郎(ひだり じんごろう、ひだの じんごろう)とは江戸時代初期に活躍したとされる伝説的な彫刻職人です。

日光東照宮の眠り猫をはじめ、鳥取東照宮の鷹の彫刻のように甚五郎作といわれる彫り物は全国各地に100か所近く存在します。

動物舎

鳥取東照宮の境内に動物舎があります。実は馬とダチョウが飼育されているんです。境内で馬などの動物を飼育している神社はよくありますが、ダチョウがいる神社はなかなか珍しいのではないでしょうか?お子様と一緒に参拝しても珍しい動物が飼育されているのでお子様も楽しめるのでは?

鳥取市内からのアクセスも良くて厳かで神聖な鳥取東照宮にこういう場所があるのも、隠れた人気スポットとして親しまれる理由ですよね。

動物広場には2008年生まれのポニーの『はな』もいますよ。「はな」は福岡で生まれて、その後に島根に移動してきました。とっても可愛いですよ。

盛大な秋祭り

鳥取東照宮にいらっしゃるなら、秋祭りはオススメのイベントのひとつです。鳥取東照宮では毎年10月には「楽座楽市(らくざらくいち)」と呼ばれる盛大な秋祭りが開催されており、地元の人も観光客も一緒になって楽しめるお祭りです。いつもは静かな鳥取東照宮もこの時期だけはお祭りで雰囲気が変わります。

樗谿公園

樗谿公園は梅林、遊歩道、芝生公園が整備され、奥には周囲の緑を映す大宮池があり、市街地に接する憩いの場として地元の人から親しまれている場所です。樗谿公園は、昔この地に樗(あふち)の木があったことから、いまでは樗(おうち)谿といわれています。

鳥居前には鳥取市歴史博物館「やまびこ館」があります。また、参道脇の池などは市街地では鯉が泳いでいたり、珍しいホタルの名所となっています。

平成元年には環境庁の「ふるさと生き物の里」にも認定されました。樗谿公園は鳥獣保護区で特別保護区に指定されていています。天然記念物の「キマダラネリツバメ」等が生息しているので、タイミング良ければ見れるかもしれませんよ。

樗谿公園ではホタルが見られる!

鳥取城跡の東、明治時代から平成23年(2011年)まで樗谿神社と呼ばれていた鳥取東照宮の表参道に隣接して設けられた公園で蛍が生息しています。

樗谿公園では毎年2,000~3,000匹以上のホタルを一度に観賞することができます。地元では市街地に隣接する公園として愛され、憩いの場として有名なスポットです。樗谿公園内には遊歩道、芝生公園が設備されています。

表参道に添って流れる樗谿川にはホタルが多数生息しています。毎年夏には多くのホタルが夜を舞います。これは1973年(昭和48年)より始められた市民有志によるホタル保護活動の成果です。1989年(平成元年)には鳥取市ホタルの里として、環境省のふるさといきものの里百選に選定されています。

樗谿公園内に樗谿川が流れており6月〜7月には川の周辺でホタルが宙に舞います。公園ですので安全にホタル観賞ができるスポットとなります。ホタルが舞う風景はとても幻想的な雰囲気ですよ。

Thumb「広島東照宮」は徳川家康を祀る地!ご利益や御朱印&お守り情報を解説!
広島東照宮は広島駅から徒歩8分の二葉山に鎮座しています。徳川家康を祀り、勝負運や安産祈願のご...

「鳥取東照宮」の御朱印やご利益は?

ご利益は?


鳥取東照宮のご利益は、勝運、武運長久、家内安全、子孫繁栄とのことです。勝負に勝ちたい人や幸運を掴みたい人にはご利益のあるパワースポットになっています。七五三や初詣、節分など、一年を通して人々がご利益を求めてお参りに訪れる、鳥取の守護神です。

「権現茶屋」で御朱印がもらえる

鳥取東照宮の御朱印は入り口付近にある権現茶屋でいただくことができます。御朱印は、押印の他に参拝した日付、寺社名、御祭神や御本尊の名前などを一緒に墨書されたものを一般的に御朱印と呼ばれています。御朱印を頂くために使用される帳面が「御朱印帳」です。御朱印は神仏に参拝して頂くものです。16時を超えるとご利益のある御朱印はもらえないので注意してください。

権現茶屋の店内は手作りのカバンや洋服、グッズ、小物雑貨が販売されていて真ん中にはシイの天然木で作られたテーブルが置かれています。権現茶屋平成十二年からこの場所で営業されているようです。

権現茶屋では、うどんやそうめんなどの食べ物と珈琲、抹茶、ゆず湯などのドリンクが店内で食べたり飲んだり出来きます。地元の人がウォーキングに樗谿公園、歩いた後は権現茶屋で一服するのが、定番なのかもしれませんね。

通常は参拝してから権現茶屋でご利益のある御朱印を頂くのが順番ですが、混雑時間などは先に御朱印を頂いてから参拝しても構いません。御朱印帳を忘れてしまった場合は、紙の御朱印を頂ける場合もあるので、聞いてみると良いでしょう。権現茶屋では鳥取東照宮オリジナル御朱印帳も販売しています。少し休憩するのに権現茶屋はオススメです。

最近は御朱印集めが流行していますが、御朱印集めはスタンプラリーではありません。寺社を参拝した証とご利益のあるのもとして頂くものです。マナーを守って御朱印を頂きましょう。

「権現茶屋」の基本情報

名称 権現茶屋(ゴンゲンチャヤ)
住所 鳥取県鳥取市上町87
営業時間 10:00~17:00 日曜営業
定休日 水曜日
アクセス JR鳥取駅北口より徒歩30分
100円バス くる梨「赤コース」樗谿公園やまびこ館前バス停下車徒歩3分
※ レンタサイクル(鳥取駅高架下第2駐輪場) 1日500円あり
鳥取駅から1,916m
問い合わせ 0857-26-2615
【URL】 食べログ





 

Thumb島根の有名なおすすめ神社25選!パワースポット観光や御朱印巡りに!
島根県にある有名なおすすめ神社の25選を今回はご紹介させて頂きます。ご利益についてやパワース...

「鳥取東照宮」のアクセスや駐車場情報

アクセスの詳細

「鳥取東照宮」に公共交通機関を利用してアクセスする場合、電車だとJR鳥取駅下車、循環バスくる梨赤コースで20分ほどです。バスでアクセスの場合、樗谿公園やまびこ館前下車、徒歩5分です。車でアクセスする場合は、中国自動車道「佐用JCT」から鳥取自動車道に入り、「鳥取IC」または「鳥取南IC」で降ります。「佐用JCT」からは約1時間20分です。


ゴールデンウィークやお盆、年末年始の時期には駐車場が混み合うこともありますので、時間に余裕をもって参拝にでかけるようにしましょう。

駐車場情報

鳥取東照宮に駐車場は10台ほどありますが、秋祭り等イベントがあって混雑する際は使用できませんので、鳥取駅周辺の有料駐車場を利用するか、徒歩もしくは公共交通機関でお越し下さい。

「鳥取東照宮」の基本情報

名称 鳥取東照宮(旧樗谿神社)
住所 鳥取県鳥取市上町87
アクセス  JR鳥取駅→循環バスくる梨赤コースで20分、バス停:樗谿公園やまびこ館前下車、徒歩5分
鳥取道鳥取南ICから国道53号経由10km20分
駐車場 あり/10台
TEL 0857-22-3318(鳥取市観光案内所)
拝観料 なし
定休日 なし

鳥取に来たら「鳥取東照宮」を参拝しよう!

鳥取に来たら「鳥取東照宮」を参拝しましょう。市内からもアクセスが良く、江戸時代から続く歴史的にも古い鳥取東照宮の社殿は石玉垣をめぐらした本殿、平唐門の中門、入母屋造の拝殿、幣殿が国の重要文化財に指定されています。

樗谿公園では夏になると蛍が鑑賞でき、秋にはお祭りや紅葉が楽しむことができます。二種類の蛍が飛び交い名所となっているようです。フラッシュのように光るヒメホタルと長く強い光を放つゲンジボタルの共演は見物客の目を楽しませてくれます。
 

鳥取東照宮や樗谿公園、歩いた後は権現茶屋で少し休んで、御朱印をもらいましょう。しっかりとした字で書かれた御朱印は持っているだけでもご利益がありそうですよね。

歴史のある鳥取東照宮は一年を通していろんな表情を見せてくれる場所で、ご利益のあるパワースポットです。ぜひ、鳥取に来た時には参拝してみてくださいね。

おすすめの関連記事

Thumb島根「太皷谷稲成神社」へ千本鳥居を潜って参拝!御朱印やご利益を解説!
島根の「太皷谷稲成神社」は出雲大社に次いで県内2番目の参拝者数を誇る有名な神社です。お供えに...
Thumb島根「美保神社」はえびす様の総本宮!パワースポットや御朱印&お守り情報!
島根「美保神社」はえびす様の総本宮で出雲大社と両参りするとご利益が倍になるといわれています。...
Thumb島根「美保神社」はえびす様の総本宮!パワースポットや御朱印&お守り情報!
島根「美保神社」はえびす様の総本宮で出雲大社と両参りするとご利益が倍になるといわれています。...

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
テラダ 
宜しくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ