秋田・乳頭温泉郷「鶴の湯」は日本No.1の秘湯!温泉や宿の魅力とは?

休日前は予約を取ることが難しいとされている秋田県の乳頭温泉郷にある鶴の湯、日本一の秘湯としても有名です。今回はそんな魅力的な温泉宿秋田の鶴の湯に訪れてみましょう。予約や宿泊状況、日帰り入浴、食事やアメニティにはどんなものがあるのでしょう。ご案内が楽しみです。

秋田・乳頭温泉郷「鶴の湯」は日本No.1の秘湯!温泉や宿の魅力とは?のイメージ

目次

  1. 1秋田・乳頭温泉郷「鶴の湯」とは
  2. 2秋田「鶴の湯」の魅力
  3. 3秋田「鶴の湯」温泉の特徴
  4. 4秋田「鶴の湯」の宿
  5. 5鶴の湯の施設詳細情報
  6. 6秋田「鶴の湯」で素敵な時間を過ごそう!

秋田・乳頭温泉郷「鶴の湯」とは

今回ご紹介するのは、日本の観光客だけではなく、外国の観光客にも大人気の秋田県の乳頭温泉郷にある鶴の湯です。時期によってや、休日前などには宿泊予約は埋まってしまうくらい人気の宿です。

その秋田の鶴の湯に訪れて最初に目を奪われるのが「本陣鶴の湯」と大きく書かれた立て看板の門と瓦ぶき屋根が特徴の本陣の宿がずらりと並んでいる様子です。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような外観の宿です。

そんな歴史深い風光明媚な宿構えに、日本一の秘湯と言われている名湯であるところが、予約が殺到してしまう理由になっているのでしょう。

日本一の秘湯として有名!

https://www.photo-ac.com/

江戸時代にタイムスリップしたかのような外観の宿、休日前ともなると予約で埋まってしまうほど人気の秋田の鶴の湯、そんな秋田鶴の湯は日本一の秘湯として有名です。泉質も4種類あり、それぞれ白湯、黒湯、中の湯、滝の湯と呼ばれています。

中でもその鶴の湯の魅力を特徴づけているのが、自然の景観の中に浮かぶ乳白色の混浴露天風呂です。自然と湯気の白さ、乳白色の湯の色がコラボレートしたその風光明媚な様子は、見る者を惹きつけて止みません。

秋田「鶴の湯」の魅力

連休時期や休日前になると常に予約で埋まってしまうこともある大人気の秋田県の乳頭温泉郷の中にある鶴の湯、日本一の秘湯と言われて久しいですが、その魅力は世界中の人々を惹きつけて止みません。

まずは何と言っても、鶴の湯に到着して目に入る、まるで遠く江戸時代の侍がいた時代にタイムスリップしたかのような外観です。

この鶴の湯は、その外観からも分かるように乳頭温泉郷にある7軒の温泉宿の中でも歴史は最も古く、1688年にその宿泊の記録が残されています。そんな鶴の湯の長い歴史とそこから感じられるロマンが訪れる人を惹きつけて止まない魅力の一つになっているのでしょう。

泉質も4種類の白湯、黒湯、中の湯、滝の湯と呼ばれている湯があり、それぞれ違った楽しみ方ができます。これ以上はないというくらいのおもてなしに、世界中からの予約が殺到する理由がわかります。

ではさっそくその鶴の湯の秘湯の魅力、食事やアメニティなどはどうか、日帰り入浴は出来るかなど詳しく見ていきましょう。

乳頭温泉郷にある宿

https://www.photo-ac.com/

鶴の湯の宿の特徴はその昔ながらの日本の風景を思わせる外観です。特に特徴的なのがその瓦ぶき屋根が特徴の本陣です。その歴史も古く、鶴の湯が長い間愛されてきたことが伺えます。

宿には瓦ぶき屋根が特徴の本陣以外にも、新本陣、東本陣、一号館から三号館まであります。部屋には宿泊に必要なアメニティも充実していて、快適に宿泊できるようになっています。

歴史が詰まった人気の宿

この鶴の湯を最も特徴づけている茅ぶき屋根の本陣は、二代目秋田藩主の佐竹義隆公が湯治に訪れた時にその側侍が休んだ場所と言われていて、今では鶴の湯を特徴づける建物になっています。1688年にはすでに宿泊記録が残っており、その歴史の古さを感じさせます。

江戸時代といえば、今と違って車や新幹線などといったものはありません。移動といえば人力の籠か徒歩です。その旅の疲れをこの温泉宿で癒していったことでしょう。

時代を感じる外観

鶴の湯に到着して目に飛び込んでくる立て看板の本陣鶴の湯、そこからのぞく平屋の瓦ぶき屋根はまるで侍になった錯覚を起こさせてくれます。

そんな温泉宿で旅の疲れを癒す侍たちに思いを馳せてみたくなります。当時の侍たちはどんな気持ちでその人生を過ごしていたのでしょうか。

鶴の湯の宿にはそんな面影が伝わる貴重な資料などもあるようです。これもまた鶴の湯を人気づけている理由の一つでしょう。

名前は鶴から来ている

秋田は渡り鳥の鶴が良く飛んできます。この鶴の湯がある乳頭温泉郷の温泉地にも飛んできていたといいます。

遠く江戸時代、鶴がこの乳頭温泉郷の温泉地で入浴しているところを当時のマタギたちが発見して「鶴の湯」と名付けたことから鶴の湯になったといった言い伝えがあります。

渡り鳥である鶴たちも、その長旅の疲れをこの鶴の湯で癒していたことでしょう。鶴の湯は、人々だけではなく動物たちの心と身体も癒していたのですね。

自然豊かな景色が魅力的

東北地方には自然が多く残されている場所がたくさんあります。もちろん秋田県も例外ではありません。そして、この秋田県の鶴の湯にも自然が多く残されています。

秋田県の八幡平の南にそびえる乳頭山麓、この辺りが乳頭温泉郷と呼ばれて久しい場所です。その中のひとつが鶴の湯です。

自然の中に溶け込むこの湯治の風景は、見る者を魅了して止みません。歴史深く自然豊かなこの本陣鶴の湯、人生に一度は足を運んでみる、宿泊してみる価値のある温泉宿です。

外国人の方にも人気

日本の里山の自然風景、その山の麓の乳頭温泉郷、そして、江戸時代から変わらない姿の鶴の湯、入り口に堂々とその姿を見せる本陣鶴の湯の看板、そこから望むずらりと並ぶ平屋の瓦ぶき屋根の温泉宿、外国の観光客が宿泊を望んで止まない湯治風景であることは間違いないでしょう。

彼らが侍に思いを馳せて、その日本の昔ながらの自然に身をゆだねて入る乳頭色の温泉、秘湯と言われている温泉、その名湯で疲れた心身を癒しにくる外国の観光客が後を立たないのもうなづけます。

基本的にホテルの宿泊が多い外国の観光客でも、ここ鶴の湯のそれぞれの部屋にはアメニティも充実しているので、そういったところも人気を呼んでいるのかもしれません。

茅葺き屋根の本陣がトレードマーク

秋田県の乳頭温泉郷にある鶴の湯、その鶴の湯を一躍有名にしているのは、その名湯である乳頭温泉の混浴大露天風呂と4種類の源泉だけではありません。入り口の茅ぶき屋根の本陣も人気の理由のひとつです。

このトレードマークの茅ぶき屋根の本陣の宿は休憩所にもなっていて、日帰り温泉などで利用することも可能です。ここ鶴の湯の宿泊はなかなか予約が取れないので、日帰りで来て、このトレードマークの茅ぶき屋根の本陣の宿で休憩するのもおおすすめです。

先着順で利用可能

鶴の湯は日帰りでも利用できますし、アメニティも充実していて手ぶらで気軽に利用できますが、時間に制限があり、また順番が先着順になっているといった制限がありますので注意が必要です。

秋田「鶴の湯」温泉の特徴

茅ぶき屋根の本陣がトレードマークの秋田県の乳頭温泉郷にある鶴の湯、まるで江戸時代にタイムスリップしたと思わせるような外観と眺めは、侍の世界、非日常の世界へとわたしたちをいざなってくれることでしょう。

そんな鶴の湯ですが、外観のインパクトで忘れてしまいがちですが、本来ここは紛れもない温泉地です。温泉地の中でも秘湯と言われている温泉宿であるところが大きな魅力ですので、そこを見落としてはいけません。さっそく秘湯の種類を案内していきますね。

有名な白湯で肌がスベスベに!

秋田鶴の湯の特徴は何と言っても泉質が4種類あるところです。それぞれ白湯、黒湯、中の湯、滝の湯と呼ばれています。

この白湯は、別名冷えの湯とも呼ばれていて、泉質には含硫黄ナトリウム・カルシウム塩化物・炭酸水素泉(硫化水素型)が入っており、その別名のごとく冷えを改善するところから、お肌の新陳代謝を良くして肌をすべすべにするという女性に大人気の湯として有名です。

入りやすい温泉と人気

鶴の湯では、熟練の湯守がその日の気温や気候などを見て湯加減を調整しており、湯加減がちょうどよく入りやすくなっています。この徹底したもてなしの鶴の湯、こういったところも惹きつけて止まない、予約が絶えない理由の一つなんでしょう。

美人湯としても知られている

白湯は別名冷えの湯とも呼ばれていますが、同様に美人湯とも呼ばれていて、冷えが改善されて新陳代謝が良くなり、お肌もすべすべになると女性たちに人気で、まさに美人の湯という呼び名がふさわしい温泉ですね。

他にも特徴的な3つの温泉がある

さて、泉質の一つ目白湯は見ていきましたね。泉質には残り3種類あります。黒湯、中の湯、滝の湯です。さっそくその特徴を見ていきましょう。

女性に人気の黒湯

昨今不妊症で悩んでいる女性が多いと聞きます。この黒湯の泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素泉になっていて、別名でぬぐだまりの湯・子宝の湯と言われています。

このお湯に入ると子宝に恵まれるといった言い伝えからその名がついたようです。これらの成分が婦人科系の疾患に効能があるのかもしれませんね。

不妊症で悩んでいる女性の苦しみは計り知れないものです。秋田の鶴の湯温泉のこの子宝の湯につかり、子供が授かることを祈って止みません。

硫黄の香りがいっぱい!中の湯

続いてご紹介するのは中の湯です。泉質は含重曹・食塩硫化水素泉です、別名では眼っこの湯と呼ばれているようです。目の疲れを癒す湯でしょうか。パソコンやスマホで目を酷使する現代人にはたまらないおもてなしの湯ですね。

打たせ湯の滝の湯

最後にご紹介するのは滝の湯です。泉質は含硫黄ナトリウム塩化物・炭酸水素泉。滝に打たれている気分で入ってみる醍醐味ですね。そして、凝っている部分に直接当てて湯治していくのもおすすめです。

日帰りでの利用も可能

鶴の湯は、時期や休日前になるとなかなか宿泊予約ができないのが問題です。ただ、そんな人たちには嬉しいことに、鶴の湯では日帰りでも入浴が可能です。

かつての藩主の側侍たちの休憩所で、鶴の湯のトレ-ドマ-クの本陣鶴の湯の宿では日帰り入浴が可能です。さっそくその詳細を見ていきましょう。

利用時間は10時から15時まで

日帰りで利用するための時間が10時から15時までになっています。それ以外の時間帯になると宿泊客以外は入浴は出来ないようなので、その時間内に行くことが重要ですね。

また、鶴の湯にはバスタオルなどのアメニティも充実していますので、手ぶらで行っても大丈夫でしょう。

ただ、先着順で混んでいる場合も考えられますので、始まる時間より前に行ってその様子を見ることをおすすめします。

秋田「鶴の湯」の宿

鶴の湯の宿は、本陣鶴の湯という立て看板と瓦ぶき屋根がトレ-ドマ-クの本陣1号館から5号館と新本陣、東本陣、一号館、二号館、三号館という作りになっているようです。

宿泊での利用もおすすめ

本陣1号館から5号館に宿泊するのは予約がなかなか取れなくて難しいようですが、新本陣、東本陣、一号館、二号館、三号館であれば、比較的宿泊もできる可能性は高いようです。

ただ、やはり鶴の湯は人気の宿、時期や休日前になると予約は難しくなりますので、予定が立ったらすぐに予約を入れたほうが良いでしょう。

アメニティが充実

鶴の湯の宿にはバスタオルや浴衣などのアメニティも充実しています。部屋にバスやトイレ、露天風呂などはついていませんが、シャンプー、リンス、ボディ-ソ-プ、せっけん、ドライヤ-などのアメニティは部屋に備え付けられているようです。

日帰り入浴する場合にも、アメニティも充実しているので、手ぶらで気軽に立ち寄れて、至れり尽くせりですね。

温泉をゆったりと楽しめる

鶴の湯には4つの種類の白湯、黒湯、中の湯、滝の湯があります。脱衣所についている中の湯なんかは趣が面白いですね。これらの4種類の源泉をゆったりと楽しめるのも、鶴の湯の人気につながっています。

お食事も人気

さて、ここからは温泉宿に欠かせない食事です。もちろん、鶴の湯にも食事はあります。鶴の湯の食事処はいったいどんな感じになっているのでしょうか。

自然豊かな鶴の湯、里山が近くにある鶴の湯、鶴の湯の食事は主に山の幸と近くに流れる川から取れる魚、川の幸でもてなされているようです。さっそくどんな食事が出るのか見ていきましょう。

地元の味をじっくり味わえる

ここ鶴の湯の食事は地元の食材で作られています。山の幸である山菜やキノコ類などの煮込み料理や川で取れた魚を焼いた焼き魚をメインに出されています。お肉好きの人には物足りないかもしれません。

この鶴の湯の食事、古き良き日本の食事風景です。地産地消、近くの山で取れた山菜、近くの川で取れた魚を焼いて食べる。かつての日本人の食事はそうでした。

鶴の湯は、昔ながらの日本の風景だけではなく、食事も昔ながらの古き良き日本の食事を出していたのですね。

人気の「山の芋鍋」

鶴の湯の食事で人気なのが、地元で採れた山芋を擦って団子にして、同じく地元の山で採れた山菜と一緒に煮込む山の芋鍋です。川魚や山菜も美味しそうですが、この山の芋鍋、美味しいだけではなく、身体が芯から暖まりそうです。

宿泊には予約が必要

時期や休日前になると予約が取り辛いと言われている鶴の湯ですが、当然宿泊には予約が必要です。最近ではWeb上で、メ-ルやFAXで予約が出来たりしますが、鶴の湯は電話で予約する方法しか取っていません。そういったところも古き良き日本の面影を感じる鶴の湯です。

数か月先まで予約が可能

鶴の湯に泊まりたいと思ったら、先ずは鶴の湯に電話を入れてください。6カ月先までの予約が可能になっていますので、この時期に休めそうだといった予定が立っている人はすぐに電話で予約を入れましょう。

鶴の湯の施設詳細情報

さあ、予約の話をしたところで、鶴の湯の詳細をお知らせしていきます。鶴の湯へ行く際の参考としてください。

施設の詳細情報

鶴の湯の施設情報はこちらになっています。鶴の湯へ旅の予定が立ったら参考にしてみてください。

 

【住所】 〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50
【営業時間】 チェックイン:15:00
ェックアウト:10:00
【定休日】 通年営業
【料金】 1名:9,830円~19,950円(部屋により料金が違う)
【アクセス】 車:東北自動車道盛岡ICから国道46号、
341号線経由で90分。
電車:JR秋田新幹線田沢湖駅下車、
路線バス乳頭線乗車、
アルパこまくさ下車、バス停より送迎あり(要予約)。
【駐車場】 無料駐車場が50台
【公式HP】 http://www.tsurunoyu.com/
【予約電話】 TEL:0187-46-2139、受付時間:7:00~22:00

アクセスの詳細

電車でのアクセスは、秋田新幹線こまちでJR田沢湖駅で下車し、駅前の定期バス(羽後交通 乳頭温泉行)に乗車しアルパこまくさで下車。

バスは1時間に1本で、送迎者が最寄りのバス停まで迎えに行くそうですが、送迎は鶴の湯温泉―山の宿―アルパこまくさバス停のみになります。また、JR田沢湖駅着いたら鶴の湯に電話を入れておくとスムーズに送迎ができます。

車の場合、東京方面からだと、盛岡インターから国道46号線で秋田方面へ、田沢湖町へ入り国道341号に右折・先達沢交差点で右折(ENEOSのガソリンスタンドがあります)13kmほど県道を登ったところで左折します。

鶴の湯の木製の看板がでていますので左折、3km鶴の湯林道をすすむと途中別館山の宿を経由し鶴の湯温泉へ到着します。

秋田市・秋田空港方面からは、秋田市からは国道13号から国道46号を通り 田沢湖に入ってからは国道341号へ左折・先達沢交差点を右折後13kmで鶴の湯温泉入口です。

バスの送迎予約も可能

鶴の湯の送迎バスがありますので、宿泊の予約と一緒にバスの送迎予約をしておくと効率が良いかと思います。最寄りのJR田沢湖駅につく大体の時間を知らせておくことをおすすめします。

駐車場情報

手つかずの山里の自然の中にある古き良き日本の景観を残した鶴の湯の駐車場はどうなっているのでしょうか。車で行く人には気になるところです。

駐車場は完備されている

駐車場は50台置ける無料の駐車場が完備されていますので、車で行くことも安心ですが、時期などによっては混雑したり、雪深くなったりもありますので、予約時に鶴の湯に確認しておくのが良いでしょう。

アメニティ情報

シャンプー、リンス、ボディ-ソ-プ、せっけん、歯磨き粉に歯ブラシのアメニティも充実しています。ドライヤ-は部屋によっては備え付けられていない場合もあるようです。

バスタオルや浴衣などはあり

また、浴衣やバスタオルなどもありますので、日帰り入浴の人も安心ですね。バスタオルなどは5色の種類があり、お土産に買っていく人たちもいるようです。

秋田「鶴の湯」で素敵な時間を過ごそう!

鶴が入っていたことからその名がつけられたという鶴の湯は、遠く侍の時代から代々続いている歴史深い宿、その景観はまるで江戸時代にタイムスリップしたかのような錯覚に陥らせ、非日常の世界へとわたしたちをいざないます。

また、4種類の白湯、黒湯、中の湯、滝の湯といった源泉に贅沢につかることができ、日常の疲れた心身を癒してくれる、そんな鶴の湯は日本一の秘湯と言われています。これからの季節は紅葉が素晴らしいでしょう。

紅葉を眺めながらつかる鶴の湯は日々の疲れを癒してくれることは間違いないでしょう。そして雪深い鶴の湯もまた趣があるでしょう。さあ、そんな鶴の湯へ訪れて素敵な時間を過ごしてみませんか?

おすすめの関連記事

Thumb秋田・乳頭温泉郷「黒湯温泉」は昔の雰囲気を醸す和の旅館!山奥の秘境宿!
秋田県にある乳頭温泉郷のなかでも秘境といわれるのが、最奥地に位置する黒湯温泉です。深い森に囲...
Thumb秘湯「恐山温泉」へ日帰り入浴!珍しい泉質や効能は?宿泊も可能?
日本三大霊場の一つとして有名な「恐山」。幽霊マニアご用達の霊場ですが、実は温泉でも有名なので...
Thumb八戸の日帰り温泉ランキングTOP13!銭湯や宿泊もおすすめの旅館など!
八戸の市民は温泉が好きな人が多いそうです。地域にもたくさんの銭湯や温泉が立ち並んでいます。そ...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
田中さちこ
わたしが書いたコラムをお読みいただき、ありがとうございます。 ライティングのかたわら、虐待を受けたりした悲惨...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ