奄美大島へ飛行機でお得にアクセス!格安の航空会社や直行便は?

観光名所として有名な鹿児島県奄美大島へはフェリーか飛行機でアクセスできますが、行くなら料金が安い方がお得です。そこで、今回おすすめするのが、飛行機で奄美大島へアクセスする方法になります。直行便もある飛行機でポイントを紹介していきますので参考にしてください。

奄美大島へ飛行機でお得にアクセス!格安の航空会社や直行便は?のイメージ

目次

  1. 1奄美大島へ飛行機でお得にアクセス!
  2. 2奄美大島へのアクセスが飛行機がおすすめの理由
  3. 3奄美大島の飛行機会社①JAL
  4. 4奄美大島の飛行機会社②日本エアコミューター
  5. 5奄美大島の飛行機会社③琉球エアコミューター
  6. 6奄美大島の飛行機会社④ピーチ
  7. 7奄美大島へ安くいける時期やおすすめの飛行機会社
  8. 8奄美大島へ飛行機で行く際の注意点
  9. 9奄美大島へは飛行機でアクセスしよう!

奄美大島へ飛行機でお得にアクセス!

九州南部にある、鹿児島県の離島で観光名所でもある奄美大島。観光も里帰りでも料金は安い方がいいですし、時間もかからずに到着できる方が奄美大島でゆっくりできます。そこで、おすすめするのが奄美大島へのアクセスを飛行機で行くことになります。

鹿児島県からフェリーで行くよりも、断然早い時間で奄美大島へ行く事ができる飛行機。当記事では鹿児島県奄美大島へ料金が安い飛行機で行く場合の注意点や予約ポイントなどを紹介していきますので、鹿児島県の離島、奄美大島へ行く時の参考にしてください。

格安の航空会社や直行便はある?

一言で飛行機と言っても航空会社は色々あります。安い格安料金の航空会社もありますが、飛行機によって料金は変わってきてしまいます。もちろん安い料金で行くには予約のタイミングも関係してきますが、安い料金で奄美大島へ行く際に飛行機選びは大事な要素のひとつでしょう。

また、フェリーで行くよりも早い時間で到着できる飛行機は、乗り継ぎをしないでもいい直行便も出ています。直行便が出ているのは鹿児島県はもちろんですが、他にも東京、大阪、福岡、沖縄からも出ています。直行便を利用する場合には、各空港に行かないといけませんので注意してください。

奄美大島へのアクセスが飛行機がおすすめの理由

鹿児島県奄美大島へ行くのに、飛行機をおすすめするのには理由があります。安い料金や移動時間の長さなど、飛行機で奄美大島へ行くと良い点がたくさんがあります。もちろん、料金の安い高いや時間はどこの空港からどこの航空会社の飛行機に乗るかでも変わってきてしまいます。

ここでは、奄美大島へ飛行機で行くのがおすすめな理由を詳しく紹介していきます。奄美大島への移動をフェリーと飛行機で迷っている場合には、なぜ飛行機がおすすめなのかを考慮して参考にしてみてください。

なんと言ってもアクセスが楽!

飛行機で奄美大島へ行くのがおすすめな理由として、もっとも大きいのが奄美大島へのアクセスが楽な事になります。というのもフェリーの場合には1日に1便で鹿児島か沖縄からしか出てませんが飛行機はさまざまな空港から出ていて直行便にこだわらないなら、アクセス方法は多岐に渡ります。

そして、移動時間になりますがフェリーは鹿児島から約11時間かかってしまいます。ですが、飛行機での奄美大島への時間は平均約3時間になりますので、飛行機の方が奄美大島へ楽にアクセスできます。

2種類の方法を選べる!

2つめのおすすめの理由になりますが、飛行機で行くのでもアクセス方法は2種類あります。同じ飛行機の移動でも行き方を変えた場合には料金や移動時間は変わってしまいます。それが、鹿児島経由で奄美大島へ行くか直行便で奄美大島へ行くかになります。

もちろん、どちらの方法でアクセスした場合もどこから飛行機に乗るかで移動時間には違いがあります。また、予約のタイミングや時期によって飛行機の料金が変わってきてしまいますので注意してください。では、奄美大島へのそれぞれのアクセス方法でみていきましょう。

鹿児島空港からの飛行機に乗る

鹿児島経由で奄美大島へ行く場合になります。直行便が無い空港からの飛行機は、鹿児島経由の飛行機になってしまいます。料金に関しては航空会社によって金額が違いますが、直行便よりは鹿児島経由の飛行機の方が安い料金になる場合が多いです。

移動時間に関しては、仮に乗り換えがスムーズにいっても直行便よりは時間がかかってしまいます。東京からの移動時間で直行便より約50分から60分の違いになっています。また、近くの空港からでも経由便は出ていることが多いので、移動手段が楽になります。

直行便で行く

先述したように直行便は鹿児島、東京、大阪、福岡、沖縄の空港から出ています。また、直行便は便の本数が少ないののですが、フェリーや鹿児島経由の飛行機と比べても一番早い時間で奄美大島に着くことができますが、料金は直行便の方が乗り換えより高い場合がありますので注意してください。

急ぎで現地へ行きたい場合には、断然直行便がおすすめとなります。また、乗り換えで迷ってしまうなどの不安がある人の場合にも、直行便は安心して乗ることができますのでおすすめになります。

空港から市街地にアクセスしやすい!

最後に紹介するおすすめの理由は、空港から市街地へのアクセスに方法になります。空港に付いてからの移動手段は大事なもの。レンタカーやタクシーはもちろんですが、路線バスもありますので、空港から市街地へのアクセスがしやすいです。

バスも30分に1本は出ていますので、奄美大島に付いてからの市街地へのアクセスはしやすくなっています。レンタカーの受付も空港内にありますので、利用しやすくなっていますからおすすめになります。

奄美大島の飛行機会社①JAL

飛行機の中ではメジャーなJALになりますが、空港は羽田、大阪伊丹、福岡、鹿児島の4ヶ所になります。JALの特徴は、予約が早いと料金が一気に下がり安い料金で乗る事ができるところになります。というのも、JALは75日前までに予約購入した場合には、通常運賃よりも約3万円近く安い金額でチケットが手に入ります。

もちろん急遽決まる場合もありますが、その時でも7日前までに予約する事ができたら約2万円前後は安い金額でチケットを購入できます。この割引を上手く利用したら安い料金で奄美大島へ行く事ができます。
 

航空会社 チェック・予約はこちらから

奄美大島の飛行機会社②日本エアコミューター

ハイビスカスが特徴の機体を持つ日本エアコミューターは、JALの子会社として離島への便が中心になっています。そんな日本エアコミューターの機体のハイビスカスは鹿児島と7離島を表現しており、メインは鹿児島になり、福岡、出雲、大阪、沖縄から便が出ているの乗る事ができます。

鹿児島経由での奄美大島へ行く場合には、飛行機は日本エアコミューターに乗り換える形になっています。また、日本エアコミューターの料金は、親会社のJALを参考にしましょう。親会社がJALになりますので、しっかりしたサービスも行き届いている航空会社になります。
 

航空会社 チェック・予約はこちらから

奄美大島の飛行機会社③琉球エアコミューター

名前からも分かるように沖縄を起点としている飛行機、琉球エアコミューターは沖縄県の方には有名な飛行機です。沖縄の方たちの足となって、那覇空港から沖縄周辺の10ヶ所の島を結んでいます。そして、日本エアコミューターと同じく、JALの子会社になりますので、料金はJALを参考にしましょう。

全部で5機で10ヶ所の島を飛んでいる飛行機になりますので、沖縄から奄美大島へは一日に1便しか飛んでませんが、日本エアコミューターのように、しっかりとしたサービスが行き届いています。
 

航空会社 チェック・予約はこちらから

奄美大島の飛行機会社④ピーチ

機体がピンクの飛行機が、航空会社ピーチになります。このピーチはLCCになりますので、飛行機の航空料金は破格になっているのが特徴になります。ピーチは成田空港か関西空港の2ヶ所から出ていますが、料金が安いためすぐに満席になってしまう確率も高いので注意が必要です。

成田空港、関西空港のそれぞれ、奄美大島まで1日1便しか出ていません。また、ピーチには受託手荷物料金が含まれていないため、荷物を預ける場合には別途料金がかかってしまいますので、覚えておいてください。
 

航空会社 チェック・予約はこちらから

奄美大島へ安くいける時期やおすすめの飛行機会社

自然豊かな奄美大島ですが、予約のタイミングや時期によって料金に違いがあるのが飛行機の特徴と言えます。予約のタイミングや、安い時期がいつになるのか知らずに飛行機のチケットを買ってしまうと損をしてしまいますので避けたい要素になります。

次に紹介していくのは、奄美大島へ行く時の時期について。安い料金で行ける時期やおすすめの穴場の時期、おすすめの航空会社を詳しく紹介していきますので旅行計画の参考にしてください。

安く行ける時期はある?

旅行や飛行機の予約において、一番大事なのが安く行ける時期がいつなのかです。奄美大島は、マリンスポーツを楽しんだりする夏休みの時期、7月から8月がもっとも飛行機の料金が高くなる時期になっています。この時期はJALの羽田からの片道で約4万から5万くらいの料金になってしまいます。

その時期を避けた時期4月から7月や9月から10月が、安く行ける時期として全体的に安い料金でチケットを購入できるでしょう。さらに、早めの予約をすることで割引率の違いもありますので注意が必要です。

穴場時期はある?

オフシーズンの奄美大島は料金が安く行く事ができますが、実は穴場的時期もあるのはご存知でしょうか。奄美大島でもおすすめしている時期になるのですが、それがオフシーズンの10月の初めになります。10月の奄美大島では、まだまだ夏に近く暑い日が続く時期になり海にも入れるほどになります。

ですが、観光客が10月は少ないので色々ゆっくり見て周ることもできますし、ツアーやホテルなども料金が安くなっていますのでおすすめの月になります。奄美大島への旅行計画を検討中の方は、10月に訪れてみてはいかがでしょう。

おすすめの飛行機会社は?

おすすめの航空会社は、何を重視するかによって異なってしまいます。まず初めに、料金だけを重視するのであれば、成田空港から片道約7000円から30000円になり、関西空港からは片道約6000円から35000円となっているピーチがおすすめになります。最安値は1万円を切るのは、ピーチならではになります。

次にツアーやホテルパックなどを選ぶ場合は、各航空会社も出してはいますが種類が豊富なJALをおすすめします。ですが、ツアーやホテルは飛行機と違い好みや、やりたい事が入っているのを選ぶ方が楽しむ事ができますので、自分に合ったサービスを提供している航空会社のプランを選んでください

奄美大島へ飛行機で行く際の注意点

最後に飛行機を利用して奄美大島へ行く場合の注意点になりますが、飛行機を安い料金でお得に乗るためにも気をつけないといけない点になります。また、飛行機での移動だからこそ注意しないといけない点もあり、今回紹介するのは全部で3点になります。

どれも、注意点として覚えておく事で奄美大島だけでなく飛行機に乗る際には役に立ちますので、しっかり確認していきましょう。

注意点①台風状況に注意

最も気をつけないといけないのが台風の時期になります。シーズンになる6月から8月にかけては、台風も多い時期と重なってしまってます。気象庁の発表でも、特に8月は台風が奄美大島に接近する事が多い月とされているので、飛行機が飛ばなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

ですから、奄美大島へ飛行機で移動する際には、台風状況は常にチェックしておく事をおすすめします。また、チェックをしておく事で対応もスムーズに出来るようになるでしょう。

注意点②トップシーズンは早めの予約必須

次に気をつけるのが、飛行機の予約に関してになります。トップシーズンになる6月から8月に奄美大島へ行く場合には特に早い段階で予約をしないと、満席で飛行機が取れなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。料金の安い航空会社は、すぐに埋まってしまいますので注意が必要です。

また、早い段階での予約の場合には、シーズンでもある程度の割引になりますので料金も安くする事ができます。例えばJALの場合には、75日前には割引率が大きくなっています。ですから、旅行計画は早めに立て予約を入れるのがおすすめとなります。

注意点③繁忙期は空港が混雑する

最後に注意しなくてはいけないのが、空港の混雑になります。空港内は広いですが繁忙期には人が多く混雑しています。余裕を持って空港に行かないと、搭乗手続きも行列が出来ていて時間がかかってしまう事がありますので注意してください。

また、自家用車で空港に向かう場合には空港の駐車場が満車になってしまう可能性もありますので注意が必要です。ゴールデンウィークや夏休みなどの混雑が予想される時期には、早めに向かうようにしましょう。

奄美大島へは飛行機でアクセスしよう!

飛行機でのアクセスは移動時間が短いだけでなく、料金も安くなるためおすすめになります。安い料金を選ぶのであれば、最も金額が安い航空会社を選ぶのがおすすめになります。ですが、ツアーやホテルがセットのパック料金になると航空会社は変わってきてしまいます。

空港までの移動手段など色々な事をふまえて、それぞれの航空会社で自分に合った飛行機を選ぶ事はとても大事な事です。予約の時期やお得に行ける時期を参考にして航空会社を選びましょう。お得に行く事ができれば、さらに奄美大島を楽しむ事ができますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの関連記事

Thumb奄美大島で絶対泊まりたいホテル10選!リゾート旅行に最高の高級宿も!
奄美大島は九州と沖縄の間にあり、日本のガラパゴスとも呼ばれています。青い海、白い砂浜、満天の...
Thumb奄美大島の観光はコレで完璧!おすすめ定番&穴場スポット28選!
鹿児島の離島の奄美大島、美しい自然が広がります。子供連れで楽しめる奄美大島には人気の観光スポ...
Thumb奄美大島で買うべきお土産は?雑貨やお菓子などおすすめ商品25選!
年中多くの人が訪れる奄美大島には魅力的なお土産がたくさんあります。地元の人にも人気のものもあ...

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
沖野愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ