「八郎潟」はバス釣りの名所!おかっぱりポイントや釣果情報を解説!

秋田県男鹿半島にある八郎潟はバス釣りの名所として大変人気があります。八郎潟ではブラックバス釣りが盛んに行われていて、釣り好きな方におすすめのスポットです。八郎潟でおすすめのおかっぱりポイントや釣果情報をご紹介しましょう。

「八郎潟」はバス釣りの名所!おかっぱりポイントや釣果情報を解説!のイメージ

目次

  1. 1「八郎潟」はバス釣りの名所!
  2. 2バス釣りとして人気の「八郎潟」の特徴
  3. 3バス釣りとして人気の「八郎潟」の主なストラクチャー
  4. 4「八郎潟」のバス釣りにおすすめのポイント
  5. 5「八郎潟」のバス釣りに有効なルアー
  6. 6八郎潟でバス釣りを楽しもう!

「八郎潟」はバス釣りの名所!

秋田県男鹿半島にある八郎潟はバス釣りの名所として知られています。八郎潟ではブラックバスをはじめ、ワカサギ釣りなども盛んに行われていて日本中からバスアングラーが訪れています。バス釣りの名所としてしられている八郎潟はいったいどのようなポイントなのでしょうか?

おかっぱりポイントや釣果情報を紹介

八郎潟はいったいどのようなポイントなのか、八郎潟のおすすめおかっぱりポイント釣果情報をご紹介しましょう。おかっぱりというのは感じで書くと「陸っぱり」と書きます。おかっぱりというのは岸から釣る釣りのことを差し、船釣りではありません。

ブラックバス釣りにはおかっぱりという言葉がよく出てきますが、岸から釣ることを言います。海釣りの場合には磯釣りという名称でも親しまれています。磯釣りはゴツゴツとした岩があり、波をかぶったりと危険なこともありますが、川のおかっぱりは足場がしっかりとしていて安全ば場合が多いです。

八郎潟の釣果情報もご紹介しましょう。八郎潟の釣果情報が気になる方も多いと思いますが、八郎潟ではブラックバスが豊富に生息しています。八郎潟を訪れるとバス釣りの釣果がアップするので釣り好きの方が八郎潟を訪れてバス釣りを楽しまれています。

八郎潟バス釣りポイント へのアクセス

八郎潟のバス釣りポイントへのアクセス方法をご紹介しましょう。八郎潟のバス釣りは釣果がアップすることでも人気がありますので、東北地方以外からも多くのバス釣りファンが足を運んでいます。

八郎潟へのアクセス方法には車で行く場合と電車で行く場合があります。電車でアクセスされる場合でも車が必要なので公共の交通機関だけでアクセスされるのは難しいです。

八郎潟へ車でアクセスされる場合には都心から行かれる場合、首都高速川口線の川口JCTから東北自動車道に入って37番北上JCTから秋田自動車道へと進みます。北上JCTから五城目八郎潟ICまで約200キロメートルでアクセスできます。

約700キロメートルを高速道だけで行くことが出来るので便利ですが、都心からは8時間弱くらいかかります。

東京から八郎潟まで電車でアクセスされる場合には秋田新幹線を利用しましょう。東京から秋田までは約4時間かかります。秋田に到着したら奥羽本線に乗り換えて、約40分で八郎潟駅にアクセスすることができます。

八郎潟駅からレンタカーを借りて約1キロで八郎潟東部承水路に到着します。電車でアクセスされた場合には約5時間でアクセスすることができます。都心から行かれる場合には1泊されるのがおすすめです。

八郎潟はとても広く、バス釣りのスポットもたくさんありますので、移動手段として車が必須なので、電車で来られた方はレンタカーを借りましょう。

バス釣りとして人気の「八郎潟」の特徴

バス釣りとして人気の八郎潟の特徴についてご紹介しましょう。八郎潟はバス釣りの釣果がアップすることでも知られていますが、どのような特徴があるのでしょうか?八郎潟の特徴についてご案内しましょう。

特徴①秋田県男鹿半島にある湖

バス釣りとして人気の八郎潟の特徴としては、秋田県の日本海側にある男鹿半島にあるということです。男鹿半島のつけ根あたりにある湖で、かつて、びわ湖に継ぐ、日本で2番目に広い湖でしたが、現在では大部分が大潟村となっています。

特徴②三つの水域に分かれている

バス釣りとして人気の八郎潟の特徴として三つの水域に分かれているという点です。東部承水路、西部承水路、八郎潟調整池の3つの水域があり、それぞれの水域でバス釣りを楽しむことができます。

八郎潟には南部の調整池をはじめ、東西にも水路がありますので、この水路にもバス釣りポイントがたくさんあります。

特徴③水深が浅い

バス釣りとして人気の八郎潟の特徴として水深が浅いということです。八郎潟は干拓されるくらいの土地なので、水深が浅いです。

特徴④おかっぱりの長さが日本最長

バス釣りとして人気の八郎潟の特徴としておかっぱりの長さが日本最長であるということです。八郎潟は干拓され、砂州だったところが残されたので、長いおかっぱりが出来ました。そこの部分にガマや葺などが生えて、ブラックバスの隠れ家となっています。

特徴⑤リリース禁止

バス釣りとして人気の八郎潟の特徴としてリリースが禁止されているということです。バス釣りはルアーフィッシングで、ルアーフィッシングにはキャッチ&リリースが基本となっています。

ルアーでブラックバスを釣りあげた後にはまた湖に戻すという文化のことですが、八郎潟ではこのキャッチ&リリースは禁止されています。県の条例によってリリースが禁止されていますのでご注意ください。

平成15年に八郎潟ではリリースが禁止になり、それによって、釣り人が減少しました。リリースが禁止される前までは多くの釣り人が訪れましたが、リリースが禁止されてからは減少の傾向にあります。

秋田県ではブラックバスをリリースしないで持ち帰ることによって、駆除されることを狙いとしていましたが、リリースが禁止されてから釣り人が減っているのが現状です。

特徴⑥バス釣りのベストシーズンはGW明け

バス釣りとして人気の八郎潟の特徴としてバス釣りのベストシーズンはGW明けということです。八郎潟ではGW明けから汁義気までの時期がバス釣りのベストシーズンとなっています。

この時期になると、八郎潟では田植えのための水を入れます。八郎潟は農業用水として使われています。水量が豊富になるので、八郎潟はブラックバスが隠れるスポットがたくさんできるのでこの時期がバス釣りにおすすめです。

バス釣りとして人気の「八郎潟」の主なストラクチャー

八郎潟はシャローフラットレイクという水深が浅く、地形にも変化がない特徴があるので、岸際のストラクチャーを狙います。八郎潟には主なストラクチャーが3つありますのでそれぞれご紹介しましょう。

ストラクチャー①水門・橋脚

八郎潟の主なストラクチャーには水門・橋脚があります。水門や橋脚は人工のストラクチャーでおすすめのスポットです。水門の周辺で水が動いていたり、濁りが入った時には見逃さずにチェックしましょう。

水門や橋脚などの障害物があるとその陰にはブラックバスが潜んでいることも多いです。水が濁っているときが釣果の成果が上がるチャンスなので是非チェックしてみてください。

西部承水路にある祝田橋や野石橋の周辺にも葺が群生しているので、ブラックバスがたくさん隠れています。

ストラクチャー②アシ際を探る

八郎潟の主なストラクチャーにはアシ際を探るということがあります。八郎潟の岸際はアシで覆われていますので、多くのブラックバスが隠れています。ブラックバスが出っ張りにいるのか、へこんだところにいるのかを見極めましょう。

アシ際を探り、どこにブラックバスが隠れているかをまずは見極めましょう。その後にゴロタ石を探ってみます。ブラックバスは葺きやガマなどの茂みに隠れていたり、ゴロタ石の陰に隠れています。

ストラクチャー③ゴロタ石はフィーディングエリア

八郎潟の主なストラクチャーにはゴロタ石があります。ゴロタ石は八郎潟の代名詞的なストラクチャーとして知られています。絶好のフィーディングエリアなので、是非ゴロタ石を探ってみましょう。

ゴロタ石はアシと同様に広大に広がっています。ゴロタ石を探ると釣果がアップしますので是非探してみてください。

「八郎潟」のバス釣りにおすすめのポイント

八郎潟でバス釣りにおすすめのポイントをご紹介しましょう。八郎潟にはバス釣りにおすすめのポイントがたくさんありますので、中でもおすすめの釣果がアップするポイントをご案内しましょう。

ポイント①妹川河口

八郎潟でバス釣りにおすすめのポイントは妹川河口です。八郎潟の南部にあり、八郎潟調整池に流れ込んでいます。妹川河口の周辺には水深の変化がありますので、ブラックバスがこちらで回遊します。

妹川河口から隣に流れている豊川までの護岸がストラクチャーとなっていますので、こちらのエリアがおすすめです。妹川河口ではファーストムービング系のルアーがおすすめです。

ポイント②馬場目川河口

八郎潟でバス釣りにおすすめのポイントは馬場目川河口です。馬場目川はとても綺麗な川で、上流の方に行くといわなまで釣れます。春先になると、河口周辺では水温が上がりますので、ビッグバスが多いポイントです。

岸際には葺が群生していて、たくさんのブラックバスが隠れています。川底は広範囲でゴロタ石がありますので、ブラックバスを探すのにはぴったりの環境です。

馬場目川河口では川からベイトが流れてくるので絶好のフィーディングスポットとなります。トップウォーターやクランクベイト、スピナーベイトなどがおすすめです。

ポイント③豊川河口

八郎潟でバス釣りにおすすめのポイントは豊川河口です。豊川河口は八郎潟の中で水深が深いエリアになります。水深は2メートルから3メートルくらいありますので他のエリアに比べると深く、緩やかにブレイクを形成しています。

ポイント④天王東排水場

八郎潟でバス釣りにおすすめのポイントは天王東排水場です。天王東排水場ではボトムの地形が変化に富んでいて、水深が1メートルから3メートルと起伏があります。

こちらのエリアではテトラやゴロタ石にバスが隠れていますのでチェックしてみてください。特に春がおすすめのポイントです。

ポイント⑤東部承水路

八郎潟でバス釣りにおすすめのポイントは東部承水路です。東部承水路は八郎潟で一番人気があるポイントで、足元は護岸で整備されていて、足場もよく、安心してバス釣りを楽しむことができます。

東部承水路は水深も浅くて障害物も少なく、ゴロタ石が広大な範囲で広がっていますので、こちらを探るとバスが隠れています。東部承水路には葺やガマの茂みも多く、そこにも隠れていますので、根気よく探ってみましょう。

 

「八郎潟」のバス釣りに有効なルアー

八郎潟でバス釣りをする際に有効なルアーについてご紹介しましょう。バス釣りはスポーツゲームで、バスと人間の真剣勝負です。ルアーを使っていかにバスをだまして食いつかせるかを考えるのがバス釣りの楽しさです。

普通の釣りは食べるために魚をとるのですが、バス釣りはキャッチ&リリースという文化がありますので、釣った後はリリースして戻してやります。ルアーを使って食いつかせて引きを楽しむのがバス釣りの楽しみ方です。

ルアーにはソフトルアーとハードルアーがあり、ソフトルアーは柔らかい手触りで、ソフトプラスチックや豚の皮でできています。ハードルアーは固い手触りで、ウッドやプラスチック、金属でできています。

ルアーの形は魚やエビ、カニの形をしていたり、中には羽までついたものまで様々な種類のものがあります。ルアー選びは大切なので、ポイントに合ったルアーを選んでバス釣りを楽しんでください。

ブラックバスというのは動くものに食らいつくという習性があります。ブラックバスは肉食魚で、基本的に何でも食らいつくのですが、ルアーの動かし方や種類の選び方も大切です。

ルアー①クランクベイト

八郎潟でバス釣りにおすすめのルアーはクランクベイトです。クランクベイトは八郎潟で特におすすめのルアーで、八郎潟のストラクチャーと相性抜群です。リップと浮力によって障害物を回避するので、葺原やゴロタ石の障害物がある八郎潟にぴったりです。

クランベイトを中層で泳がせましょう。また、ボトムノッキングさせたりもおすすめです。魚によってクランクベイトの種類を選んでみて下さい。

ルアー②スピナーベイト

八郎潟でバス釣りにおすすめのルアーはスピナーベイトです。スピナーペイトは葺際を攻略するのにおすすめのルアーで、クランクベイトと上手く使い分けて使用しましょう。

スピナーベイトは引く長さを調整することができますので、浅いところも深いところも対応することができてとても便利です。幅広い水深に対応することによって、様々なストラクチャーを攻略することができますのでおすすめのルアーです。

ルアー③高比重ワーム

八郎潟でバス釣りにおすすめのルアーは高比重ワームです。アシ際を攻略する際のフォローベイトとしてもおすすめのルアーで、無防備なエビを演出していますので、バスがだまされること間違いなしです。

ゆらゆら落ちる無防備なエビにきっとバスはすぐに食いつくでしょう。高比重ワームがおすすめの時期は産卵後で、浅いところに浮いているときに活躍します。

ルアー④フロッグ

八郎潟でバス釣りにおすすめのルアーはフロッグです。フロッグを使用すれば、アシ際を効率よく攻略することができます。込み入ったところにも投げることができるので大変便利です。

フロッグを使用するときには根がかりすることを恐れないで、タイトにアプローチしていきましょう。

ルアー⑤ストレートワーム(ネコリグ)

八郎潟でバス釣りにおすすめのルアーはストレートワーム(ネコリグ)です。ストレートワームは最終手段におすすめのルアーで、八郎潟のストラクチャーとの相性は抜群です。

カバーに潜んでいるバスを誘い出しますので、是非お試しください。急激に天候が変化して、バイトがいないときに是非ストレートワームをお試しください。

八郎潟でバス釣りを楽しもう!

いかがでしたでしょうか?八郎潟は上級者はもちろん、初心者の方もバス釣りを楽しむことができるスポットです。水深が浅く、足場も良いので、ブラックバス釣りには最適です。東部承水路など色々なバス釣りポイントがありますので、是非八郎潟でバス釣りをお楽しみください。

おすすめの関連記事

Thumb北海道の釣り場ランキングTOP20!おすすめ時期や釣果情報を解説!
日本海、オホーツク海、太平洋と全ての海を併せ持つ広大な北海道、そんなダイナミックな北海道では...
Thumb屈斜路湖のおすすめ釣り場ポイント12選!釣果情報や釣具レンタル店も!
屈斜路湖は、ルアーやフライを利用した釣りを楽しむには絶好の、釣りのメッカとして有名な湖です。...
Thumb苫小牧の釣り情報特集!おすすめポイントや魚の種類&時期を徹底解説!
苫小牧には大型フェリーターミナルもあり、北海道の海の玄関口と呼ばれる場所です。港周辺では通年...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
maki
スキューバダイビングのインストラクターであり、海外旅行好きの海好き女子です

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ