「琴平荘」は山形で1番人気のラーメン店!行列必須?人気メニューは?

山形県鶴岡市にはラーメンファンが全国からやってくる名店中の名店「琴平荘」というお店があります。琴平荘は冬期だけの期間限定の営業ですが、全国でトップクラスと評価されています。なにがそこまでひきつけるのでしょうか?琴平荘の魅力やメニュー、お土産情報をまとめました。

「琴平荘」は山形で1番人気のラーメン店!行列必須?人気メニューは?のイメージ

目次

  1. 1山形の「琴平荘」とは
  2. 2山形「琴平荘」の人気の秘密
  3. 3山形「琴平荘」のラーメンの特徴
  4. 4山形「琴平荘」の人気メニュー
  5. 5琴平荘の詳細情報
  6. 6山形に来たら「琴平荘」でラーメンを楽しもう!

山形の「琴平荘」とは

山形県は「ラーメンの消費量が日本一」と言われるラーメン大国です。山形県内には多くのラーメン屋があり、人気店には県外からもお客さんが来る程です。そんなラーメン激戦区の山形県で、ナンバーワンの呼び声が高いお店があります。

そのお店の名前は「琴平荘」です。琴平荘は行列が途絶える事がない人気店で全国からラーメンファンが訪れています。この記事では、山形1番人気・琴平荘の魅力に迫ります。

山形県鶴岡市にあるラーメン店

琴平荘は山形県鶴岡市三瀬になるラーメン屋で、山形のラーメン好きであれば100パーセント知っていると断言される程の人気店です。

琴平荘は人気がありすぎて、ラーメンファンの中では既に伝統入りをしており、山形ラーメンランキングをつける時に暗黙の了解で名前を出さない風潮さえあるそうです。そんな琴平荘のラーメンを食べる為には、どれだけの時間待たないといけないのでしょうか?

数時間待ちは当たり前!行列必須の人気ぶり

琴平荘の人気ぶりは行列からも分かります。開店前から行列ができており、広い敷地の駐車場がありますが、開店前からかなりの台数の車がとまっています。琴平荘では整理券制度が導入されてるので開店前は行列がありますが、開店してからは番号札をとれば行列で待つ必要はありません。

グループで1枚の番号札を取ればいいので、開店前でも1人だけ行列に並べば大丈夫です。行列で待たなくてもいいのはありがたい配慮ですが、番号が呼ばれる時には近くにいる様にしてください。

琴平荘は開店前から行列に並んでも番号札が100番を超えている時があります。100組待つのは絶望的に感じるかもしれませんが、琴平荘は回転率がよく、ラーメンが出てくるまでの提供時間は早いと評判です。

さらに琴平荘に来ているお客さんは「食べたら長居しない」という暗黙のルールを理解しているので、番号が大きくても比較的早く着席する事ができます。

分店「中華そば 琴の」もおすすめ

琴平荘の分店「中華そば 琴の」も人気です。分店は琴平荘で修行したお弟子さんが経営しているお店で、分店の味は琴平荘に迫るクオリティだと絶賛されています。分店は年間通して営業されていますが、琴平荘は期間限定の営業なので、琴平荘が閉まっている時には分店が繁盛しています。

今では分店も人気店として確立され、分店も行列ができ、開店時間にいっても既に店の中はいっぱいという事も珍しくありません。分店と琴平荘の味を食べ比べてみる事もできます。分店と琴平荘のはしごがラーメンファンのルーティーンです。

山形「琴平荘」の人気の秘密

行列必至のラーメン屋・琴平荘は分店も大人気で、お客が絶える事がありません。琴平荘には、そこまで人を魅了する、どんな魅力があるのでしょうか?琴平荘の人気の秘密を調査しました。

冬季のみ期間限定でオープン

琴平荘の人気の理由の1つが期間限定で限られた期間にしか食べる事ができないというものがあります。琴平荘が営業している期間は10月から5月の秋から春にかけての期間だけです。それ以外の期間は営業していないので、知らずに遠方からくると落胆する事になります。この琴平荘が営業していない夏季の期間が分店に人が集中する様です。

夏は旅館、冬はラーメン店

琴平荘は期間限定で営業しており、それ以外の期間は旅館を経営しています。正しくは「ラーメン屋が旅館をしているのではなくて、旅館がラーメン屋を期間限定でしている」となります。琴平荘は海のすぐ近くにあるのでサーファーの人気スポットにもなっています。

地元第一が愛され続ける秘訣

琴平荘は全国からお客さんが来る程の繁盛ぶりですが、それでも東京や他の年に進出する事なく営業を続けています。この地元を愛した営業スタイルも人気の秘密と言われています。

お土産にも!「宅麺」で取り寄せ可能

今では琴平荘のラーメンを自宅で食べれるお土産も登場しています。琴平荘のラーメンは「宅麺」と取り寄せる事ができお土産としても大人気です。お土産の宅麺は、カップ麺とは違い、お店の出しているラーメンがそのまま入っているので、お土産品といっても、琴平荘そのままのクオリティです。

お土産としても人気の琴平荘の宅麺は、大人気で「2年連続で宅麺.com」の売上1位を記録しています。さらに「お取り寄せラーメンオブザイヤー2014」も受賞するなど全国でも最もレベルが高いお土産品の地位を確立しています。

元々はお土産の宅麺を取り扱っていなかった琴平荘でしたが、お土産品の販売する事を決めたのは他のラーメン店主のすすめられた事や、店を営業していない期間でも店主が腕を鈍らせない為でした。さらに最大の理由は「遠方から中々食べに来られない方に食べていただきたい」からと店主が語っています。

ネットから宅麺は購入する事ができますが、どこかに行く時にお土産として注文して持っていくのもおすすめです。お土産用のラーメンは1人前870円で購入できます。

山形「琴平荘」のラーメンの特徴

冬期限定の営業ながら大人気のラーメン屋・琴平荘は、地元を大切にしお土産にも最適な宅麺まで取り扱いお客さんを大切し人気を不動のものとしています。しかし、多くのお客さんをひきつけている最大の理由は味です。琴平荘のラーメンの特徴を紹介します。

①鶏がらベースの醤油ラーメン

ラーメンの命とも言えるスープは「鶏がらベースの醤油」を使用しています。琴平荘のあっさりとした口当たりのスープは岩手県産の高級丸鶏からじっくりと出汁をとり、自家製のアゴの焼き干しを使用しています。

このこだわりがスープに驚きのコクの深さを生んでおり、1度飲んだらやみつきになると言われています。さらにラーメンのスープは熱々で、寒い冬でも体の芯から温まる事ができます。

②地元で獲れた魚介を使ったエキス

琴平荘のスープは自家製のアゴの焼き干しを使用する徹底してこだわっています。店主自ら地元で取れるトビウオを市場で仕入れ、下ごしらえ、天日干し、焼きまで全ての工程をしています。そのこわだりの業界エキスが端麗で飽きがこないスープを生み出しています。

③分厚いチャーシュー

琴平荘のラーメンはトッピングにもこだわりがあり、特に分厚いチャーシューは美味しいと絶賛されています。ただ分厚いだけでなく柔らかく、赤身と脂身のバランスが絶妙で、クドくなくチャーシューだけでご飯が何杯でも食べられる程の美味しさと言われています。

④自家製の手打ちちぢれ麺

琴平荘ではラーメンの麺も当然こだわっています。琴平荘の麺は手打ちの中太ちぢれ麺で、もちもちの食感です。完全自家製の麺を使用しており、加水率は驚異の54%です。これは超多加水麺に分類され、限界まで加水しています。その結果、他店にはないもちもち食感を実現しました。琴平荘のラーメンはすするというより「食べる」という感覚です。

山形「琴平荘」の人気メニュー

行列が絶えない鶴岡のラーメン屋・琴平荘では、どんなメニューが提供されているのでしょうか?琴平荘の人気メニューをまとめました。

①中華そば

琴平荘の中で基本となるメニューが「中華そば(750円)」です。初めて琴平荘に来たお客さんの大半はメニューから中華そばを選びます。中華そばにはチャーシュー、メンマ、海苔、ネギがトッピングされています。麺は220gとボリュームがあり、スープは「あっさり」と「こってり」から選ぶ事ができます。

中華そばの大盛り(880円)は平日だけの提供で、火曜と金曜は700円で大盛りにできます。平日以外の日で沢山食べたい時には替え玉ができます。替え玉は半玉が60円、1玉が100円です。

肉抜き中華そばも

琴平荘のメニューには「肉抜き中華そば(600円)」もあります。トッピングがメンマ、海苔、ネギが入っています。お肉が苦手な人にはおすすめです。

②チャーシュー麺

琴平荘のチャーシューが沢山食べたい時にはメニューの中から「チャーシュー麺(850円)」を選ぶのがおすすめです。琴平荘の分厚いチャーシューが5枚入っており食べごたえが抜群です。大盛りのチャーシュー麺は平日だけの提供で、火曜と金曜は850円で大盛りにできます。

③メンマ中華そば

琴平荘の「メンマ中華そば(700円)」も大人気メニューです。メンマ中華にはチャーシューは入っておらず、極太メンマと細メンマが沢山入っています。メンマもチャーシューも食べたい人の為に820円で、メンマ中華にチャーシューを2枚トッピングする事ができます。

④味噌そば

琴平荘には限定メニューもあります。その限定メニューは「味噌そば」です。これは平日限定のメニューで20食分しか準備されていませんので、食べれたらラッキーです。味噌そばのチャーシューは中華そばのものとは異なり、長いタイプです。

味噌そばはラー油とセットで提供され、ラー油を入れる事で味が完成すると言われています。何も入れないと少し味がぼやけている印象があるものの、ラー油を入れると味がまとまり、逸品の味噌そばになります。

⑤中華そば 塩

琴平荘の「中華そば 塩(750円)」も絶品と評判です。塩ラーメンの要とも言える塩は新潟の白い宝石と呼ばれている天然塩を使用しています。さらに最高の塩に小鯛の粉末を加えることで、出汁の風味が際立たせ、そこに比内地鶏の脂を溶かすという極上の1杯です。高級食材を惜しげもなく使い750円というリーズナブルな値段で提供しているのは驚きです。

琴平荘の詳細情報

鶴岡市にある大人気ラーメン屋・琴平荘の魅力やメニューを紹介してきました。ここからは初めて琴平荘に行く時の為に詳細情報を掲載します。営業時間やアクセス方法などをまとめました。

アクセスは?

鶴岡市の琴平荘に行くまでのアクセス方法を紹介します。車でのアクセス方法は鶴岡駅から車で行くなら所要時間は30分です。琴平荘は駅から遠くないので、徒歩で行く事も可能です。最寄り駅のJR三瀬駅からの距離は1252mで、所要時間は約30分です。

営業時間は?

琴平荘は営業時間は短くお昼の時間帯にしか営業していません。営業時間は11:00~14:00、全日時間は同じです。木曜日が定休で、営業期間は10月~5月です。営業時間や定休日は変更になる場合もあるので、遠方から行く時にはお店に確認してから行く事をおすすめします。問い合わせ番号は0235-73ー3230です。

琴平荘は開店前から大行列があるので、店側も配慮してから平均して10分前にはお店が開きます。営業時間開始まで車で待機する事もできますが、そうしてしまうと出遅れる可能性が大です。平均して1時間前には並び始めるので、営業時間1時間前の10時には到着し列に並んでおきましょう。

駐車場は?

琴平荘の駐車場の場所は店の入口前と、1段下の場所にも専用駐車場があります。駐車場に止められる車の台数は20台強となっていますが、駐車場には白線が引かれていないので、状況によっては駐車場台数が前後します。琴平荘には車で行かれる方も多いかと思いますが、平日でも開店前には駐車場が満車になっている事は珍しくありません。

しかも、琴平荘は番号札をとった順番で呼ばれるので、どれだけ早く車できても駐車場が空いていなくてウロウロしていれば、その分ラーメンを食べられるのが遅くなります。

誰かと来ている時には番号札を取ってきてもらえば問題ありませんが、1人の時はそうもいきません。ですから、1人で琴平荘に行く時には車よりも駅から徒歩の方がおすすめです。平日は車でもいいかもしれませんが、週末や祝日は大混雑するので、それを見越して最初から徒歩で行く選択肢を選ぶ人は少なくありません。

琴平荘の基本情報

【名称】 琴平荘
【住所】 山形県鶴岡市三瀬己381-46 
【営業時間】 11:00~14:00(10月~5月のみ営業)
木曜定休
【アクセス】 鶴岡駅より車で30分
三瀬駅より徒歩で15分
【駐車場】 あり
【公式HP】 https://konpirasou.sanze.jp/

山形に来たら「琴平荘」でラーメンを楽しもう!

山形県鶴岡市にの大人気有名店・琴平荘の魅力やメニューを紹介しました。琴平荘は山形県のラーメン好きで知らない人はいないと言われる程の有名店で、多くのラーメンファンが琴平荘を求めて鶴岡市に訪れています。平日でも長蛇の列ができる程ですが、それだけ待ってでも食べる価値があると太鼓判が押されています。

琴平荘は期間限定の営業で、冬期にしか食べる事ができず、並びすぎて挫折してしまう時もある事から「幻のラーメン」とも呼ばれています。それでも、山形県鶴岡市に来たら琴平荘のラーメンを事をおすすめします。全国でもトップクラスのラーメン屋・琴平荘の味を是非1度体験してください。

おすすめの関連記事

Thumb山形「ケンちゃんラーメン」は癖になる人気店!アクセスや値段は?
山形は「ラーメンの消費量が日本一」の県と言われています。その山形県の中で不動の人気を得ている...
Thumb山形のB級グルメ「冷やしラーメン」とは?発祥やおすすめ15店を紹介!
山形発祥の冷やしラーメンのおすすめ店を15選ご紹介します。元祖の栄屋本店や専門店、冬場でも冷...
Thumb 山形のラーメンランキングBEST21!四天王の有名店や新店の穴場まで!
ラーメン大国山形県には四天王と呼ばれる老舗の有名店の他に新店が続々オープンするほど、ラーメン...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
かかし
食べるのが大好きで、美味しいものに目がありません!旅行に行く時には欠かせない全国のグルメ情報を発信していきます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ