仙台の郷土料理「せり鍋」とは?レシピやおすすめ店TOP11!

旬の時期にのみ食べられる仙台名物「せり鍋」。ここ数年で冬の居酒屋の定番メニューとして有名になりました。甘味や旨味が詰まった「せり」が主役のせり鍋は、出汁の効いたつゆにくぐらせて香りや食感を楽しむ冬の風物詩。せり鍋の時期に仙台市を訪れたら必ず食べたい一品です。

仙台の郷土料理「せり鍋」とは?レシピやおすすめ店TOP11!のイメージ

目次

  1. 1仙台の郷土料理「せり鍋」とは?
  2. 2仙台「せり鍋」のレシピや楽しみ方!
  3. 3仙台の「せり鍋」おすすめ店TOP11!【11〜4位】
  4. 4仙台のおすすめせり鍋ランキングTOP11!【3〜1位】
  5. 5仙台に来たら「せり鍋」を堪能しよう!

仙台の郷土料理「せり鍋」とは?

独特な香りと味が鍋料理などにぴったりの「せり」。日本全国で食べられる「せり」ですが、宮城県仙台市では、根っこまで鍋にする「せり鍋」という鍋料理があります。近年有名になった、仙台の新ご当地グルメとなっている冬の風物詩です。時期がこないと食べられないプレミア感もあります。

宮城県はせりの生産量が日本一で、栽培がとても盛んなことが有名です。冬せりの旬の時期は2月頃から4月です。せりには食物繊維が豊富に含まれていて抗酸化作用もあるなど、女性におすすめの食材です。

春の七草である「せり」をメインに!

せりは春の七草のひとつです。独特な味と香りで、鍋ものなどに入れると味が締まります。仙台名物のせり鍋は、そんなせりをメインとした料理です。シンプルなつゆにくぐらせたせりの香りが、口の中いっぱいに広がります。

春の七草とは、せり、なずな、ごきょう、ハコベラ、ほとけのざ、すずな、すずしろをいい、この七草を入れて作るおかゆ「七草粥」を1月7日の「人日の節句」に食べます。七草粥を食べることで邪気をはらい、無病息災や五穀豊穣を祈るとされています。

「せり」の名産地・宮城県の冬の風物詩!

宮城県は、茨城県と並ぶせりの名産地として有名です。日本全国で古くから食用として親しまれてきたせりですが、仙台で「せり鍋」の人気が出てきたのはここ数年のことです。現在ではすっかり冬のせりが美味しい時期にのみ食べられる仙台名物となっていて、地元の人も毎年楽しみにしています。

仙台せりは、仙台市のとなりにある名取市で生産されているものがほとんどです。そのため、せり鍋を提供する飲食店の多くは朝採りのせりを求めて名取市へ足を運びます。産地が近いからこそ、鮮度が命といわれるせりをメインにした鍋ができるのです。

せり鍋の発祥や歴史は?

宮城県内でせりの生産が盛んなのが、仙台市の隣にある名取市です。名取市でのせりの生産の歴史はとても古いのですが、せり鍋自体の歴史はまだ浅く、東日本大震災の復興支援として居酒屋などの飲食店とせり農家が協力して考案したとされています。

仙台「せり鍋」のレシピや楽しみ方!

仙台名物のせり鍋は、醤油味のつゆで食べる鍋です。鶏肉や鴨肉などと一緒に野菜が入ったり店によってさまざまです。せり鍋はせりの根っこの部分まで楽しめ、食感や香りが存分に味わえる絶品鍋です。十分に出汁が出たあとに食べるシメも欠かせません。

せり鍋のレシピは、昆布などでとっただし汁に醤油や砂糖などで味つけをし、そこに鶏肉や鴨肉を入れて煮て、よく洗ったせりをくぐして食べます。根っこは少し長めにくぐらせますが、食感が残る程度で食べるのが美味しい食べ方です。

基本の具材はせりと鶏肉

せり鍋の具材はシンプルで、基本的に旬の時期に採れるせりと鶏肉、店によっては鴨肉が用いられます。それらの具材を出汁をきかせた醤油ベースのつゆでいただきます。仙台せり鍋に使うせりは、丁寧に洗い根っこまで残すのが特徴です。

そのほかの具材にはごぼうや舞茸など、それぞれのお店によって特徴が異なります。お店によってはせり鍋ではなく「せりしゃぶ」と呼ぶところもあります。具材からも出汁が出て、最後のシメまでせりの香りを楽しみながら美味しく食べられます。

せりは根っこが美味しい!

仙台せり鍋の一番の特徴は、根っこつきであることです。普段であれば捨ててしまう根ですが、この根っこから出汁が出て香りも楽しめるのです。葉っぱや茎の部分よりも幾分長めにくぐらせて、食感が残っているくらいで食べます。

根っこはきれいに水で洗って、きんぴらなどにしても美味しくいただけます。根の部分は茎や葉とは違った香りがあり、シャキシャキとした食感が楽しめます。

せり鍋の〆にはそばがおすすめ!

美味しい鍋を食べたあとにはずせないのが、鍋のシメです。仙台市でせり鍋を提供する店でも、最後にシメを楽しめるところがほとんどです。多くの店舗では、美味しい出汁が出たつゆで雑炊やうどんが楽しめます。

醤油味のせり鍋のつゆで食べるシメにはそばもおすすめです。シメとしてそばを出している店もあるので、見かけたらぜひ試してほしい一品です。

仙台の「せり鍋」おすすめ店TOP11!【11〜4位】

仙台でせり鍋が美味しいおすすめ店のご紹介です。せり鍋は居酒屋などのメニューとして出されることがほとんどで、ランチタイムに食べられるお店はあまりありません。夜に有名な宮城の地酒を飲みながら、家族や友人と食べる仙台名物となっています。

時期になると、せり鍋はコース料理の一部としても提供されます。個室完備の居酒屋では、仲間で楽しみながらせり鍋を堪能できます。1人で来店する場合、せり鍋は店によって1人前では注文できないところもあるので注意が必要です。

仙台「せり鍋」おすすめ店第11位:東北三昧 みちのく邸

JR仙台駅からすぐ近くの「東北三昧 みちのく邸」のせり鍋は、豆腐や野菜、つみれやネギなどの具材が入っています。時期になるとせり鍋つきのコースなどが選べるようになり、冬に人気です。締めにはうどんなどを追加注文できます。

「東北三昧 みちのく邸」では、せり鍋のほかにも厚切りの牛タンや気仙沼ホルモンなどの有名な宮城名物が堪能できます。2名でも利用できる個室も多く用意されていて、少人数での利用からグループでの来店にも便利です。

東北三昧 みちのく邸の基本情報

店名 東北三昧 みちのく邸
住所 宮城県仙台市青葉区中央3-6-10
営業時間 17:00~24:00
定休日 無休(年末年始休業)
アクセス JR仙台駅より徒歩1分
駐車場 有無
参考サイト https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4017105/

仙台「せり鍋」おすすめ店第10位:仙台せり鍋と個室和食 せり草庵

せり料理が食べられる居酒屋「せり草庵」。こちらのせり鍋の具材には合鴨が入っています。合鴨肉やせりは追加注文もでき、シメには雑炊やうどんが楽しめます。せり鍋以外にも、天ぷらやせりが入ったそばなどのせり料理が楽しめます。

「せり草庵」のせり鍋を単品で食べるには2人前からの注文になり、1人前で2,200円です。冬のせり鍋の時期にはコースメニューにも入っています。さまざまな人数に対応した個室もあり、大人数でも利用できます。

仙台せり鍋と個室和食 せり草庵の基本情報

店名 仙台せり鍋と個室和食 せり草庵
住所 宮城県仙台市青葉区中央3-6-12
営業時間 15:00~24:00(LO23:00)
定休日 無休
アクセス JR仙台駅より徒歩3分
駐車場
公式HP https://serisouan.owst.jp/

仙台「せり鍋」おすすめ店第9位:彩のごとく

「彩のごとく」のせり鍋は、鶏肉や豆腐などが入っていて1人前880円です。2人前以上の注文となります。ほかにも冬に食べたい鍋ものや仙台せりが入っているだし巻き卵なども人気です。落ち着いた和風居酒屋で、1人でも利用しやすいカウンター席もあります。

お昼も営業もしている「彩のごとく」のランチメニューには、から揚げやチキン南蛮などの定番の定食や、仙台名物として有名な牛タンや金華サバなどの定食があります。定食には宮城県産米のごはんと味噌汁、小鉢などがつきます。

彩のごとくの基本情報

店名 彩のごとく
住所 宮城県仙台市青葉区中央2-3-23
営業時間 【全日】ランチ:11:30~15:00
【月~木・日・祝】17:00~24:00
【金・土】17:00~翌1:00
定休日 無休
アクセス JRあおば通駅より徒歩3分
駐車場
参考サイト https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4009219/

仙台「せり鍋」おすすめ店第8位:愚三昧 菜る海

和食が楽しめる居酒屋「愚三昧 菜る海(ぐざんまい なるみ)」では、白石蔵王で育った軍鶏肉を使ったせり鍋が食べられます。店内にはゆっくりできる掘りごたつがあり、女性1人でも入りやすいカウンター席も人気です。

せり鍋は食べられませんが、ランチ営業もしています。夜の居酒屋では、コース料理や単品などで味わえる絶品料理のほかにも、種類豊富な東北の地酒が堪能できます。

愚三昧 菜る海の基本情報

店名 愚三昧 菜る海
住所 宮城県仙台市青葉区大町2-14-11
営業時間 17:00~23:00
定休日 月曜日、祝日
アクセス 地下鉄広瀬通駅より徒歩6分
駐車場
公式HP http://guzanmai-narumi.com/

仙台「せり鍋」おすすめ店第7位:阿古

炉端焼きが楽しめる居酒屋「阿古」のせり鍋は、鴨せり鍋と鳥せり鍋が選べます。食べられる時期は11月から鳥せり鍋は3月、鴨せり鍋は4月までです。具材はシンプルに、せりと鶏肉か鴨肉、ネギとなっています。

シメには美味しい出汁にごはんを入れて雑炊にしたりカレーうどんにして楽しめます。和風出汁で食べるカレーうどんは、お蕎麦屋さんのうどんのような味のシメで、さらにチーズをかけても美味しくいただけます。

阿古の基本情報

店名 阿古
住所 宮城県仙台市青葉区国分町2-11-11
営業時間 17:00~24:00
定休日 日曜日、連休になる祝日
アクセス 地下鉄勾当台公園駅より徒歩2分
参考サイト https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4006686/

仙台「せり鍋」おすすめ店第6位:居酒屋 ごいち

宮城県の郷土料理などが楽しめる「居酒屋 ごいち」。せり鍋は1,480円で食べることができ、980円のハーフサイズもあります。カウンターと小上がりがある昔ながらの居酒屋といった雰囲気で、1人での来店時にも気兼ねなく楽しめます。平日はランチ営業もしています。

居酒屋 ごいちの基本情報

店名 居酒屋 ごいち
住所 宮城県仙台市宮城野区榴岡1-2-47
営業時間 【月~金】
11:30~14:30(LO14:00)
17:00~24:00(LO23:00)
【土・祝】
16:00~24:00(LO23:00)
【日・連休最終日】
16:00~23:00(LO22:00)
定休日 無休
アクセス JR仙台駅東口より徒歩1分
駐車場
参考サイト https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040102/4011316/

仙台「せり鍋」おすすめ店第5位:魚貝料理 松平

歓楽街の仙台市国分町にある「魚貝料理 松平」のせり鍋は、せりと鴨肉のシンプルな鍋です。出汁にくぐらせただけで食べるせりは、香りも食感も抜群で旨味がつまっています。宮城をはじめ、東北の地酒ともよく合います。

「魚貝料理 松平」では、ほかにはさまざまな魚介料理を堪能できるのが魅力です。有名な宮城県亘理町名物のはらこめしやほっきめしも旬の時期に食べられる郷土料理です。本物の味が楽しめる人気の居酒屋です。

魚貝料理 松平の基本情報

店名 魚貝料理 松平
住所 宮城県仙台市青葉区国分町2-12-16
営業時間 17:00~24:00
定休日 日曜日、祝日
アクセス 地下鉄勾当台公園駅より徒歩6分
駐車場
公式HP http://www.matsubei.com/

仙台「せり鍋」おすすめ店第4位:いな穂

JR仙台駅からすぐの「いな穂」では、鴨肉とせりのシンプルな「せりしゃぶ」です。せりを軽く出汁にくぐらせて食べます。シメには雑炊やラーメンが選べ、最後まで美味しく食べられます。「いな穂」のせりしゃぶは1人前1,500円です。

「いな穂」はカウンターと小上がりのアットホームなこじんまりとした居酒屋で、1人でも楽しめるのが魅力のお店です。魚介類や肉料理も豊富で、絶品の手作りベーコンや手作りハムも人気があります。

いな穂の基本情報

店名 いな穂
住所 宮城県仙台市青葉区中央1-8-32
営業時間 15:00~23:00
定休日 日曜日
アクセス JR仙台駅より徒歩3分
参考サイト https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4000481/

仙台のおすすめせり鍋ランキングTOP11!【3〜1位】

仙台市内でせり鍋が食べられるおすすめの店ランキングTOP3です。せりそのものを味わえるシンプルなせり鍋や、具材を追加して楽しめるものなどがランクインしています。シメまで美味しいせり鍋を堪能できるお店を紹介します。

1人で楽しむなら、カウンター席のある店がおすすめです。お店の人と会話を楽しみながら、せり鍋の食べ方を教えてもらったりと、有意義な時間が過ごせます。

仙台「せり鍋」おすすめ店第3位:御酒印船 仙台店

老舗で有名な「御酒印船 仙台店」では、シンプルな具材のせり鍋でせりを存分に味わえます。せり鍋を楽しんだあとのシメには、ごはんと卵を入れて雑炊にしていただきます。「御酒印船 仙台店」のせり鍋は、単品やコース料理の一部として食べられます。

地元産の雪菜を皮に練り込んだ緑色が特徴の地元で有名な「あおば餃子」や牛タンをひつまぶし風に食べられる「牛タンひつまぶし」など、人気のメニューがそろっています。グループでの利用に便利な個室も完備されています。

御酒印船 仙台店の基本情報

店名 御酒印船 仙台店
住所 宮城県仙台市青葉区中央3-1-24
営業時間 【平日】
11:15~14:00
17:00~23:00
【土】
11:15~23:00
【日・祝】
11:15~22:00
定休日 無休
アクセス JR仙台駅より徒歩3分
駐車場
参考サイト https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4000613/

仙台「せり鍋」おすすめ店第2位:伊達のいろり焼き 蔵の庄 一番町本店

「伊達のいろり焼き 蔵の庄 一番町本店」のせり鍋は、コースや単品で食べられます。せりと鶏肉のみの具材でいただきます。せりはクセがなく、とても食べやすいものを使用しています。せりや鶏肉の追加、豆腐やごぼう天なども入れられます。シメには雑炊やそばが楽しめます。

カウンター席もあり、1人での利用もしやすいのが魅力です。少人数から大人数に対応した個室もあります。個室は職場の忘年会や新年会での利用などさまざまなシーンで使えます。

伊達のいろり焼き 蔵の庄 一番町本店の基本情報

店名 伊達のいろり焼き 蔵の庄 一番町本店
住所 宮城県仙台市青葉区一番町3-8-14
営業時間 16:00~24:00
定休日 無休
アクセス 地下鉄広瀬通駅より徒歩3分
駐車場
公式HP http://kuranosho.jp/

仙台「せり鍋」おすすめ店第1位:佗び助

仙台せり鍋といえば「佗び助」。JR仙台駅や歓楽街として有名な国分町から離れているため、落ち着いた雰囲気の立地も魅力です。店舗は戦前からある建物を改装して使用していて、とても味わい深い中で食事やお酒が楽しめる有名店です。

「佗び助」のせり鍋は1人前1,620円で、産地まで毎朝仕入れに行く甘味がたっぷりと詰まった朝採りのせりと鴨肉のみが具材として使用されています。出汁のきいた甘めのつゆとせりが相性抜群です。シメにはうどんと雑炊がつきます。

カウンターとテーブル席があり、奥には個室があります。個室を利用したい場合は予約をしておくのが便利で、1人など少人数での利用なら女将さんとの会話も楽しめるカウンター席がおすすめです。

佗び助の基本情報

店名 佗び助
住所 宮城県仙台市青葉区立町6-16
営業時間 【月~金】17:00~23:00(LO22:00)
【土】17:00~22:00(LO21:00)
定休日 日曜日
アクセス 地下鉄大町西公園駅より徒歩8分
参考サイト https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4002537/

仙台に来たら「せり鍋」を堪能しよう!

仙台の新名物「せり鍋」。仙台せり鍋は、普段なら捨ててしまうはずの根っこまで美味しく食べられます。せりや鴨肉などからつゆに十分に出汁が出たところで食べる雑炊やうどん、そばなどのシメも絶品です。

旬の時期にせりを存分に味わえるせり鍋に使用される「せり」は、地元の名取産のものが多く、甘味があるのが特徴です。せりと肉だけのシンプルなものや具だくさんのせり鍋など、好みに合わせたタイプを探して、冬の仙台の夜をせり鍋と美味しい地酒で楽しみましょう。

おすすめの関連記事

Thumb仙台でおすすめの昼飲みスポット24選!女子会向けや飲み放題の居酒屋!
仙台でおすすめの昼飲みスポットを24選ご紹介致します。女子会向けのワインが美味しいお店や、1...
Thumb仙台でおすすめの鍋料理店15選!個室の居酒屋やデートにも使える!
冬になると寒くなる仙台は、美味しい鍋料理を提供しているお店がたくさんあります。そこで今回は、...
Thumb仙台の美味しいうどん屋15選!本格派の老舗店や居酒屋にもなる酒場など!
グルメの街、宮城県仙台市で美味しいうどんを食べてみませんか?仙台には美味しい手打ちうどんが食...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
はたやまむつみ
旅行先は都会の観光地よりもアウトドア派です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ