奄美大島ダイビングの決定版ガイド!おすすめショップ&スポットを解説!

世界最高峰の癒し系ダイビングスポットである鹿児島県・奄美大島。成田・羽田からも直行便運航。奄美大島は「東洋のガラパコス諸島」「生きた化石」とも呼ばれる手つかずの自然と透明度の高い海が自慢、一押しのダイビングスポットや、おすすめのショップを併せてご紹介します。

奄美大島ダイビングの決定版ガイド!おすすめショップ&スポットを解説!のイメージ

目次

  1. 1奄美大島ダイビングガイド!
  2. 2奄美大島のダイビングおすすめショップ8選!
  3. 3奄美大島のダイビングおすすめポイント【ビーチ】
  4. 4奄美大島のダイビングおすすめポイント【内洋】
  5. 5奄美大島のダイビングおすすめポイント【外洋】
  6. 6奄美大島でダイビングを満喫しよう!

奄美大島ダイビングガイド!

東洋のガラパゴス諸島と言われている「鹿児島県・奄美大島」、島内に「アマミイシカワガエル」「ルリカケス」「アマミノクロウサギ」「オーストンオオアカゲラ」など、国の天然記念物にも指定されている貴重な固有種が生息していることがその所以です。
 
陸地がそうであれば当然海中も同じこと。「奄美大島」は手つかずのダイナミックな海中自然が多く残る大変貴重なエリア。めったにお目にかかれない生物にお驚愕!これから詳しく「海の天然博物館」をガイドいたします。

おすすめショップ&スポットを解説!

黒潮海流の影響もあり、美しい魚と珊瑚礁が際立つ奄美大島、その美しすぎる奄美大島の「ビーチ・ダイビングポイント」「内洋・ダイビングポイント」「外洋・ダイビングポイント」や、おすすめダイビングショップまでを併せて詳しく解説いたします(障害者と健常者が共有できる施設も必見)

ベストシーズンは?

奄美大島のダイビングのベストシーズンは通年です。ただし、各ポイントで厳密にわけるとなると「ベストシーズン」は存在します。「春はウミウシが多くなる」「夏は大物との遭遇率アップ」「秋はマクロ生物が豊富」「冬は大物やウミガメに遭遇する率が高い」等々・・・。
 
これからご紹介するおすすめのダイビングスポットの基本情報に「シーズン」を記載していきますのでご確認ください。

奄美大島のダイビングおすすめショップ8選!

奄美大島最大のダイビングショップや、ダイビング専用クルーザーが快適なショップ、ディナーで漁師であるオーナーが獲った新鮮な刺身を食べられるショップ、障がい者と健常者が共に楽しめるマリンスポーツ総合施設など、奄美大島のダイビングおすすめショップ8選を以下にご紹介します。

おすすめショップ①ネイティブシー奄美

奄美大島最大のダイビングショップ「ネイティブシー奄美」、奄美空港から車で20分の場所に位置し、ホテル「ネイティブシー奄美」と提携、宿泊しながらのダイビングを楽しめることで、口コミでも大人気のおすすめショップです。
 
「ネイティブシー奄美」自慢のロケーションは、目の前に人気絶頂の「倉崎ビーチ」があり、初心者でも安心して、すぐにダイビングを楽しめることで有名な奄美大島のショップです。
 
 
又、ダイビングボートは25人乗り(トイレ付き)で、ダイビングの他に、シーズン限定の「ホエールウォッチング」「サンセットクルージング」も行っていることこら、女性客をはじめ、カップル、子供連れのご家族にも、春夏秋冬人気があります。

ネイティブシー奄美の基本情報

【名称】 ダイビングショップ ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【アクセス】 奄美空港から車で20分
【営業時間】 8時~22時
【定休日】 無し
【駐車場】 有り、無料、7台
【公式HP】 http://amami-diving.com/

おすすめショップ②アクアダイブコホロ

ダイビング専用クルーザーを使用している「アクアダイブコホロ」、奄美空港から車で2時間のところに位置、アットホームな雰囲気が口コミなどで好評のダイビングショップです。
 
こちらは、少人数制で丁寧な安心・安全なサポートに徹底しており、初心者でも安心してダイビングを楽しめることで、海をもっと知りたいダイバー初心者たちのリピーターも多いことで有名な奄美大島ののショップです。
 
ダイビングの提供先は、奄美南部を中心に「奄美ホール」、一度は行ってみたい、過去に地図で忘れられたこともあるときく「加計呂麻島」にまで遠征します。

アクアダイブコホロの基本情報

【名称】 アクアダイブコホロ
【住所】 鹿児島県大島郡瀬戸内町大字久根津 820-3
【電話番号】 0997-72-4969
【公式HP】 https://kohollo.jp/

おすすめショップ③ネバーランド

オリジナル・ダイビングポイントをいくつも持っていると口コミで好評の「ネバーランド」、奄美空港からわずか5分のところに位置し、到着後すぐにダイビングを楽しめることもポイントの1つです。「ダイビングボート22名乗(屋根付き)」は女性のお客様に好評で、その他にも高評価ポイントたくさん。
 
「ドライスーツのレンタル(島内では珍しい)」「ダイビング講習」「体験ダイビング」「シュノーケル」「ウミガメ・シュノーケル」など、初心者・ブランクダイバー・フォト派・一眼レフ派など、春夏秋冬、幅広い層に対応している奄美大島のダイビングショップです。

【名称】 ダイビングショップ ネバーランド
【住所】 鹿児島県奄美市笠利町用安良川1742-1
【電話番号】 0997-56-1001
【アクセス】 奄美空港より車で15分。
無料駐車場あり。 無料送迎サービス有り。
【営業時間】 8:00~19:00
【定休日】 年中無休
【駐車場】 有り、無料
【公式HP】 http://www.amami-umikaze.net/

おすすめショップ④マリンスポーツ奄美

奄美大島の北部・中部・南部のダイビングポイントへも潜りに行きやすい口コミで評判の「マリンスポーツ奄美」、奄美空港から約50分と少し遠いいですが、初心者から高齢者にまで合わせたダイビングスポットのご紹介と対応、未就学児も一緒に楽しめるボートシュノーケルなども提供しており、子供連れのご家族にも人気のダイビングスポットです。

マリンスポーツ奄美の基本情報

【名称】 マリンスポーツ奄美
【住所】 鹿児島県奄美市名瀬長浜町32-1
【電話番号】 0997-53-1245
【駐車場】 有り
【公式HP】 http://www.msamami.com/

おすすめショップ⑤ルプラ

シャワールームやログ付けができる部屋が用意されていることから女性の口コミが好評の「ルプラ」、奄美空港から30分の所に位置し、奄美大島の大手ダイビングショップには真似できない「きめ細かなサービス」が人気でリピータ続出、ショップから港へは車で3分も特徴の1つです。
 
その他、「ダイビング専用クルーザー」、ライセンス取得者が楽しむ「ファンダイビング」以外のプログラムも多彩で、「ウミガメ・シュノーケル」「体験ダイビング」など春夏秋冬楽しめ、シーズン限定でホエールウォッチング、サンセットクルージングなども人気です。

ルプラの基本情報

【名称】 ルプラ
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町龍郷1545
【電話番号】 0997-62-5880
【公式HP】 https://www.amami-diving.jp/

おすすめショップ⑥ダイビング&ペンションRIKI

ディナーで漁師であるオーナーが獲った新鮮な刺身を食べられる「ダイビング&ペンションRIKI」、奄美空港から車で2時間の古仁屋港に移動、そこから船で約15分のところに位置し、飛行機移動並みの所要時間ですが、時間がかかればかかるほど、春夏秋冬手つかずの自然に出会えるのが醍醐味です。
 
こちらのダイビングスポットは、奄美大島南部や加計呂麻島を中心に潜り、大島海峡~外洋までのダイナミックなポイントが好きなダイバーたちに口コミで大人気です。

ダイビング&ペンションRIKIの基本情報

【名称】 ダイビング&ペンションRIKI
【住所】 鹿児島県大島郡瀬戸内町諸数527-1
【電話番号】 0997-76-0069
【参考サイト】 https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000185786/

おすすめショップ⑦ブルーゲイト

アットホームな雰囲気がいいと多くの口コミがある「ブルーゲイト」、奄美空港から15分のところの好立地に位置し、ダイビングボートは14名乗りの小ぶり、奄美大島北部中心のダイビングスポットを潜ります。こちらの良さは、その小ぶり感、ダイビングあとは皆でバーベキュー!最高です。

ブルーゲイトの基本情報

【名称】 ブルーゲイト
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木196‐5
【電話番号】 0997‐55‐4088
【公式HP】 https://ds-bluegate.jp/

おすすめショップ⑧ゼログラヴィティ

障がい者と健常者が共に楽しめるマリンスポーツ総合施設の「ゼログラヴィティ」、奄美空港から1時間40分の所に位置し、障がい者が安心してマリンスポーツを楽しめる専門施設です(空港からの送迎あり)
 
「宿泊施設」「ダイビングクルーザー」「プール」など、施設の関連物は全てバリアフリー対応となっており、専門知識を有したインストラクターがマンツーマンで付き添い、安心・安全をモットーとしています。車いすごと海の中にエレベーターで引き下が水中に潜ります。素晴らしい設備!
 
施設内には「練習用プール」も完備されており、障がい者専用ダイビング・インストラクターも在籍、初心者でも本格的なダイビングCカード(ライセンス)を楽しめます。

その他、「スノーケリング」「シーカヤック・バギーカヤック」などのメニューも豊富で、障がい者と健常者が共に楽しめるダイビングショップとして非常に貴重であり、口コミ評価も高いです(是非、動画を見て下さい)。

ゼログラヴィティの基本情報

【名称】 ゼログラヴィティ 清水ヴィラ
【住所】 鹿児島県大島郡瀬戸内町清水122
【電話番号】 0997-76-3901
【アクセス】 空港からの移動手段は空港送迎
【参考サイト】 https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000197594/

奄美大島のダイビングおすすめポイント【ビーチ】

他のダイビングポイントが荒れていても潜ることが出来ることで人気のビーチや、外洋に面している透明度の高いビーチ、インスタ映え・口コミで話題のハートロックがあるビーチなど、奄美大島のダイビングおすすめビーチポイントを以下にご紹介します。

おすすめポイント①倉崎ビーチ

奄美大島の空港から22分のところに位置する湾内にあるため、他のダイビングポイントが荒れていても潜ることが出来ることで人気の「倉崎ビーチ」、最大水深20メートルと浅く、ダイビング講習や体験ダイビングなどで使用される初心者に最適なスポットだと口コミでも話題です。
 
こちらのポイントは、レアなウミウシも観察できますが、特にハゼ科の種類が多く、100種類以上生息しており、初心者だけではなく、ベテランダイバーにも春夏秋冬別に好評です。

倉崎ビーチの基本情報

【名称】 倉崎海岸
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳
【電話番号】 0997-62-3111
【アクセス】 名瀬新港から車で40分
奄美空港から車で20分
【公式HP】 http://www.town.tatsugo.lg.jp/
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃
 

おすすめポイント②手広海岸

外洋に面している透明度の高いビーチ「手広海岸」、奄美大島の空港から17分と比較的近いところに位置し、冬場シーズンに穏やかになるポイントで、珍しい多種類のウミウシや、愛嬌のあるウミガメに遭遇できる感動のスポットだと口コミでも人気、最大水深10メートルと浅いことから春夏秋冬、初心者の方でも心から楽しめます。

手広海岸の基本情報

【名称】 手広海岸
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町赤尾木
【電話番号】 0997-62-3111
【アクセス】 名瀬港から車で30分
奄美空港から車で15分
【公式HP】 http://www.town.tatsugo.lg.jp/
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃
 

おすすめポイント③キリスト浜

インスタ映え・口コミで話題のハートロックがある「キリスト浜」、奄美大島の空港から14分のところに位置する太平洋側のビーチポイント。映画に出そうな綺麗な砂地からダイナミックなリーフが登場する魅力的なダイビングスポットです。
 
最大水深10メートルと初心者向けで、こちらも冬場シーズンに穏やかになるポイント。外洋に面しているのでダイナミックな地形が楽しめ、天気の良い日は、岩と岩の間から光が差し込み、幻想的な景色を楽しめることで人気です。
 
ハートロックに見にくる観光客の方はそこで撮影でおわりですが、そこから先の海の中の美しさはダイビングの特権ですね。

キリスト浜の基本情報

【名称】 キリスト浜
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ビーチへの移動時間】 10分
【ダイビングスタイル】 ビーチ
【最大水深】 10m
【レベル】 初級~
【潮の流れ】 ナシ
【シーズン】 冬期(北風の時期)
【見所】 見所:地形、カメ、ウミウシ、透明度
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
beachpoint.html#kirisuto
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃
 

おすすめポイント④ピアテグリ

日本一ニシキテグリが観察出来るダイビングポイントピアテグリ」、奄美大島の空港から30分のところに位置し、湾奥のダイビングポイントになるので、他と比べ透明度はよくありませんが、風に強く台風前でも潜れると口コミで評判です。又、最大水深8メートルと非常に浅く初心者向け、春夏秋冬サンセットも美しいロケーションです。

ピアテグリの基本情報

【名称】 ピアテグリ
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ビーチへの移動時間】 7分
【ダイビングスタイル】 ビーチ
【最大水深】 8m
【レベル】 初級~
【潮の流れ】 ナシ
【シーズン】 通年、サンセットが○
【見所】 フィッシュウォッチング、写真、マクロ、ウミウシ
ニシキテグリいっぱい
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
beachpoint.html#piateguri
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃
 

奄美大島のダイビングおすすめポイント【内洋】

世界尾最大級のコモンシコロサンゴの群生が見られるダイビングポイントや、2012年に出来たばかりの新しいダイビングポイント、話題のミステリーサークルが見られるダイビングスポット、まるで水族館で造りこんだかのような美しいダイビングスポットなど、奄美大島のダイビングおすすめポイント・内洋編を以下にご紹介します。

おすすめポイント①大仏サンゴ

世界尾最大級のコモンシコロサンゴの群生が見られるダイビングポイント「大仏サンゴ」、このサンゴは直径20メートルあり、その形が「大仏」に似ているとして名付けられたそうです。このエリアは「サンゴ」「魚」の隠れ家で、20mの砂地では「ヒレナガネジリンボウ」「ヤシャハゼ」「ガーデンイール」などが人気で、こちらのベストシーズンは夏場で、冬場は減少傾向にあります。

大仏サンゴの基本情報

【名称】 大仏サンゴ
【ボートの移動時間】 10分
【ダイビングスタイル】 アンカリング
【船下の水深】 18m
【最大水深】 20m
【レベル】 初級~
【潮の流れ】 ナシ
【シーズン】 通年
【見所】 フィッシュウォッチング、サンゴ、群れ、ハゼ
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
wannai.html#daibutsu
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃
 

おすすめポイント②サンドパラダイス

2012年に出来たばかりの新しいダイビングポイント「サンドパラダイス」、最大水深20メートルで、初級者から楽しむことが出来ます。

こちらの見所は、砂地の斜面に岩々やサンゴが点在し、「フィッシュウォッチング」では、ハナヒゲウツボ幼魚・キツネベラ幼魚・キビナゴ超大群など、多くの魚達や、変わったマクロ生物に出会うことができます。

「サンドパラダイス」という名が付いてるだけに、その砂の量と綺麗さが圧巻ですね。ここは春夏秋冬人気のスポットでもあります。

サンドパラダイスの基本情報

【名称】 サンドパラダイス
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ボートの移動時間】 6分
【ダイビングスタイル】 アンカリング
【船下の水深】 5m
【最大水深】 20m
【レベル】 初級~
【潮の流れ】 ナシ
【シーズン】 通年
【見所】 フィッシュウォッチング、マクロ、砂地の地形
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
wannai.html#paradise
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃
 

おすすめポイント③バベル

口コミの話題になっているミステリーサークルが見られるダイビングスポット「バベル」、こちらに生息する「アマミホシゾラフグ」が、生まれてくる子のために、誠心誠意丹念に作り上げる産卵巣(ミステリーサークルみたい)。
 
これは驚きの芸術です!動画を見るとよくも細かくそこまでというくらいに一生懸命に作業しているのがわかりますので是非ご覧ください。
 
ただし、こちらは最大水深が30mとなるため、アドバンス以上のライセンスをお持ちの方のみをご案内できるスポットになっておりますので、全ての方が見れなくて残念です。ライセンスを取得し是非挑戦ください。

バベルの基本情報

【名称】 バベル
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ボートの移動時間】 6分
【ダイビングスタイル】 アンカリング
【船下の水深】 5m
【最大水深】 20m(ミステリーサークルは30m)
【レベル】 初級~
【潮の流れ】 ナシ
【シーズン】 通年
【見所】 フィッシュウォッチング、マクロ、ハゼ
3月中旬~7月上旬は「ミステリーサークル」
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
wannai.html#babel
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃
 

おすすめポイント④プチフィッシュ

2012年冬に開発されたNEWダイビングポイント「プチフィッシュ」、こちらは水深10メートルの浅瀬で、大量の可愛い魚たちが群れている春夏秋冬癒しのスポットです。こちらは、カメラ派の方々がのんびりと撮影に没頭できると口コミでも話題で、ピンク色や黒色の鮮やかな「ハダカハオコゼ」、その他「ハゼ」「ギンポ」「ウミウシ」などバラエティー豊かな魚達でいっぱいです。

プチフィッシュの基本情報

 

【名称】 プチフィッシュ
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ボートの移動時間】 10分
【ダイビングスタイル】 ブイ
【船下の水深】 8m
【最大水深】 10m
【レベル】 初級~
【潮の流れ】 ナシ
【シーズン】 通年
【見所】 フィッシュウォッチング、マクロ、癒しの砂地
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
wannai.html#petitfish
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃
 

おすすめポイント⑤コーラルガーデン

まるで水族館で造りこんだかのような水中ロケーションの「コーラルガーデン」、こちらは最大水深8メートルで初級者向けのダイビングスポットになっています。
 
「ユビエダハマサンゴの群生」が有名。「サンゴ」「マクロ生物」「フィッシュウォッチング」が見所で、エビカニ類の動きが相当面白く、多くのダイバーがはまっていると口コミでも話題のポイントでもあります。綺麗すぎますね・・・

コーラルガーデンの基本情報

【名称】 コーラルガーデン
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ボートの移動時間】】 10分
【ダイビングスタイル】 アンカリング
【船下の水深】 5m
【最大水深】 8m
【レベル】 初級~
【潮の流れ】 ナシ
【シーズン】 通年
【見所】 フィッシュウォッチング、サンゴ、マクロ
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
wannai.html#garden
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃
 

おすすめポイント⑥ミドリヤ

小魚たちのオリジナルショーが圧巻のダイビングポイント「ミドリヤ」、最大水深13メートルで初心者から楽しめるスポットで、緩い北風の日がおすすめです。
 
水族館の群れもそうですが、どのような習慣であのようなショーが繰り広げられるかわかりませんが、あまりにも美しく水中で呆然としてしまします(動画見て下さい)。
 
砂地にある根には「エビ」「カニ」が多く、とてもレアな「バイオレットボクサーシュリンプ」「ホワイトソックス」も生息、サンゴが緑色なので撮影にもメリハリがあり大人気です。

ミドリヤの基本情報

【名称】 ミドリヤ
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ボートの移動時間】 20分
【ダイビングスタイル】 ブイ
【船下の水深】 10m
【最大水深】 13m
【レベル】 初級~
【潮の流れ】 ナシ
【シーズン】 夏場以外
【見所】 フィッシュウォッチング、甲殻類、ハナダイ
マクロ、小魚の群れ
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
wannai.html#midoriya
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃
 

おすすめポイント⑦ハナゴイ

鮮やかなサンゴが東側と西側に2種類群生してるダイビングポイント「ハナゴイ」、こちらは最大水深13メートルの初級者から楽しめるスポット。
 
「東側」には、パラオハマサンゴ・コブハマサンゴが群生、「西側」の水深5mのところにユビエダハマサンゴが群生し、クマノミも5種類、春はコブシメの産卵も見所です。もうこれは、自然を越えて人工で造られたような美しすぎる「水槽の中」です。天気の良い日に光が差しんでくれたらいうこなし。THE南国です。

ハナゴイの基本情報

【名称】 ハナゴイ
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ボートの移動時間】 10分
【ダイビングスタイル】 ブイ
【船下の水深】 10m
【最大水深】 13m
【レベル】 初級~
【潮の流れ】 ナシ
【シーズン】 通年
【見所】 フィッシュウォッチング、サンゴ、透明度、コブシメ
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
wannai.html#hanagoi
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃
 

おすすめポイント⑧山本SP

じっくり潜りたいダイバーにおすすめのダイビングポイント「山本SP」、最大水深14メートルの綺麗と癒しがコラボした水中ロケーションで大人気のスポットです。
 
砂地に潜っては顔を出す「ガーデンイール」が可愛すぎます。その他「オドリカクレエビ」「クビナシアケウス」「タツノイトコ」や、豪華絢爛煌びやかな「ハダカオコゼ」など、ハタのクリーニングシーンもシャッターチャンスです。

山本SPの基本情報

【名称】 山本SP
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ボートの移動時間】 10分
【ダイビングスタイル】 ブイ
【船下の水深】 5m
【最大水深】 14m
【レベル】 初級~
【潮の流れ】 ナシ
【シーズン】 通年
【見所】 フィッシュウォッチング、砂地、癒し、マクロ
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
wannai.html#yamamoto
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃
 

奄美大島のダイビングおすすめポイント【外洋】

奄美北部で一番の透明度を誇るダイビングスポットや、大物回遊魚を狙うワイドポイントなダイビングスポット、水深5mの岩場から水深20mまで一気に落ちる地形が圧巻のダイビングスポット、洞窟・アーチ・水中トンネルなどが点在するダイビングスポットなど、奄美大島のダイビングおすすめポイント・外洋編を以下にご紹介します。

おすすめポイント①インオアシス

奄美大島北部で一番の透明度を誇る「インオアシス」、こちらは最大水深20メートルでの、美しい砂地に魚が群がる水中砂漠のオアシスと言われている大人気のダイビングスポットです。
 
大型種のクリーニングステーションでもあり、あのマダラトビエイに遭遇することも。根の綺麗な被写体が多いエリアでも有名で、リーフにはウミガメが多く、撮影派の方々には最適なロケーションだと口コミでも話題です。

インオアシスの基本情報

【名称】 インオアシス
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ボートの移動時間】 35分
【ダイビングスタイル】 7m~11m
【船下の水深】 7m~11m
【最大水深】 20m
【レベル】 初級~
【潮の流れ】 時にあり
【シーズン】 夏場に行き易い
【見所】 フィッシュウォッチング、写真、ウミガメ、透明度
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
gaiyo.html#inoasis
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃
 

おすすめポイント②ぶんぶんロック

大物回遊魚を狙うワイドポイントなダイビングスポット「ぶんぶんロック」、こちらの最大水深は30mで、潮の流れが強いこともあり、奄美大島の中級者向けのスポットとなっています。潮が好調な時には「ナポレオン」「ロウニンアジ」「ナポレオン」「イソマグロ」などが大迫力で観覧することができ、水深29mでアケボノハゼが観察できる事もあります。

ぶんぶんロックの基本情報

【名称】 ぶんぶんロック
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ボートの移動時間】 25分
【ダイビングスタイル】 ブイ
【船下の水深】 12m
【最大水深】 30m
【レベル】 中級~
【潮の流れ】 あり(強い)
【シーズン】 南風が吹く夏場
【見所】 大物
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
gaiyo.html#bunbun
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃

おすすめポイント③アサヒガーデン

水深5mの岩場から水深20mまで一気に落ちる地形が圧巻の「アサヒガーデン」、水深5mのお綺麗な小魚たちが群れているところから下を見下ろした時の光景が絶景の中級者以上の大人気ダイビングスポットです。
 
岩場の崖には「ハナゴンベ」「スミレヤッコ」などの美しい小魚の群と、「ケラマハナダイ」「マイワシ」など大型種とのコラボショーが華やかで、奄美大島に訪れる者を魅了しています。

アサヒガーデンの基本情報

【名称】 アサヒガーデン
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ボートの移動時間】 25分
【ダイビングスタイル】 アンカリング
【最大水深】 5m~24m
【レベル】 中級~
【潮の流れ】 時にあり
【シーズン】 夏場に行き易い
【見所】 フィッシュウォッチング、写真、甲殻類、ハナダイ
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
gaiyo.html#asahi
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃

おすすめポイント④うきうきラブラブ

洞窟・アーチ・水中トンネルなどが点在する、地形派ダイバーに大人気のダイビングポイント「うきうきラブラブ」、こちらは最大水深18メートルで、潮の流れもないので初心者でも楽しめる奄美大島の水中絶景です。
 
一見、中級者以上と感じるアドベンチャー度が、初級者でも体感できる醍醐味。洞窟から海面を眺めた時に差し込む光が神々しく神秘的(是非、神秘的な動画をご覧ください)。海の魅力って本当に惹きこまれます。

うきうきラブラブの基本情報

【名称】 うきうきラブラブ
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ボートの移動時間】 30分
【ダイビングスタイル】 ブイ
【船下の水深】 8m
【最大水深】 18m
【レベル】 初級~
【潮の流れ】 ナシ
【シーズン】 夏場に行き易い
【見所】 透明度、地形
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
gaiyo.html#ukiuki
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃

おすすめポイント⑤デッショ

奄美北部の一番人気のダイビングポイント「デッショ」、こちらの最大水深は40mで、潮の流れが時に強いことから中級者以上向けのスポットです。
 
奄美大島北部一番人気というだけあり、海は抜群の透明度を誇り、冒険心そそる地形、そして優雅に回遊する「美しすぎる魚群」や「かわいいマクロ生物」のダンス。ディープな住人達も全てが揃ってます。
 
潮の流れにより大物にも遭遇できるチャンスもあり。水深20m辺りでは「ピグミーシーホース」観覧でき、冬場シーズンにはウミウシが大漁。初心者の方が参加できないのが本当に残念です・・・

デッショの基本情報

【名称】 デッショ
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ボートの移動時間】 30分
【ダイビングスタイル】 ブイ
【船下の水深】 8m
【最大水深】 40m
【レベル】 中級~
【潮の流れ】 時に強い
【シーズン】 夏場に行き易い
【見所】 フィッシュウォッチング、群れ、マクロ、透明度
地形、ディープ
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
gaiyo.html#desho
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃

おすすめポイント⑥スクエア

浅場ながらも地形が楽しめるNEWダイビングポイント「スクエア」、こちらの最大水深は15mで、初心者でも、地形、透明度、浮遊感、フィッシュウォッチングを堪能できるスポットになっています。
 
一番うれしいのは、人懐っこいアオウミガメに遭遇できることで、一緒に泳いでも逃げたりしないので撮影も逃せません。その他「クレパス状」の地形を上がると広場があると差し込む太陽の光、奄美大島ならではの南国感満喫です。

スクエアの基本情報

【名称】 スクエア
【起点ショップ名】 ネイティブシー奄美
【住所】 鹿児島県大島郡龍郷町芦徳423
【電話番号】 0997-55-4600
【ボートの移動時間】 20分
【ダイビングスタイル】 アンカリング
【船下の水深】 8m~15m
【最大水深】 15m
【レベル】 初級~
【潮の流れ】 ナシ
【シーズン】 夏場に行き易い
【見所】 地形、透明度、浮遊感フィッシュウォッチング
【移動起点ショップHP】 https://amami-diving.com/divingpoint/
gaiyo.html#squea
【備考】 ※水温は、冬でも平均20℃

奄美大島でダイビングを満喫しよう!

奄美大島ダイビングの決定版ガイドおすすめショップ&ダイビングスポットはいかがでしたでしょうか?世界各国色々な綺麗な海を体験しましたが、一言で「奄美大島凄すぎますね!」
 
好みかもしれませんが、サンゴの状態、海の透明度、魚達の色鮮やかさなど、ひいき目かもしれませんが日本の「奄美」「石垣」「宮古」などの離島系が世界でも群を抜いていると感じます。
 
特に「奄美大島」!今回ご紹介したダイビングスポットは、初心者からもチャレンジできるコースが多いので、鹿児島県旅行を検討の際は、一足伸ばし鹿児島県奄美大島を体験してみてください。まちがいなく、はまります!

おすすめの関連記事

Thumb奄美大島で買うべきお土産は?雑貨やお菓子などおすすめ商品25選!
年中多くの人が訪れる奄美大島には魅力的なお土産がたくさんあります。地元の人にも人気のものもあ...
Thumb鹿児島旅行で行きたい離島ランキングTOP17!日帰り観光もおすすめ!
鹿児島旅行で訪れたい離島ランキングTOP17をご紹介致します。鹿児島にはリゾートに最適な離島...
Thumb鹿児島の郷土料理ランキングTOP30!歴史ある伝統料理を堪能しよう!
桜島大根や黒豚など様々なグルメが存在する鹿児島県には古くから伝えられている郷土料理が多く存在...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Jpark
旅行好きで、国内外問わず1年中飛び回っているフリーマンです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ