「ボンタンアメ」がオブラートに包まれる理由は?実はお酒や仲間がいる?

ボンタンアメはオブラートに包まれているお菓子で、独自のレシピや作り方で長年愛されています。そんなボンタンアメの値段やカロリー、仲間の商品やお酒についても掘り下げていきますので、これまで食べたことはない人はぜひ参考にしてみてください。

「ボンタンアメ」がオブラートに包まれる理由は?実はお酒や仲間がいる?のイメージ

目次

  1. 1「ボンタンアメ」とは
  2. 2「ボンタンアメ」の歴史
  3. 3「ボンタンアメ」の概要
  4. 4「ボンタンアメ」の仲間
  5. 5「ボンタンアメ」のお酒
  6. 6「ボンタンアメ」を買いに行こう!

「ボンタンアメ」とは

「ボンタンアメ」と呼ばれるお菓子をご存知でしょうか。最近では見かけないことも増えてきてしまいましたが、今でも製造されているお菓子の1つです。また、懐かしさがあることから、ボンタンアメを食べたいと考えている人もいるはずです。今回は、そんなボンタンアメについてご紹介していきましょう。

これまでボンタンアメを食べたことがある人もない人も、ぜひこの機会にボンタンアメを購入してみてください。

鹿児島市にあるセイカ食品のお菓子

ボンタンアメは鹿児島市にあるセイカ食品と呼ばれる会社で作られており、飴菓子の1つです。見た目はキャラメルに似ており、食感もキャラメルそっくりです。

ボンタンアメを口に入れるとほんのりとした甘さの他に、ボンタンの香りも感じられます。また、ボンタンアメはボンタン飴や文旦飴と呼ばれることもあるようです。

90年以上愛されるロングセラー商品

鹿児島市のセイカ食品で作られているボンタンアメは、何と90年以上も愛されるロングセラー商品となっています。ボンタンアメが初めて販売されたのは1924年で、薩摩隼人をイメージした陣羽織がパッケージに採用されています。

また、当時はチンドン屋を従えて全国を練り歩き、宣伝を行っていました。90年以上も愛されているボンタンアメは、当時からパッケージデザインが変わっていないことでも知られています。

「ボンタンアメ」の歴史

大正13年から90年以上も愛され続けているボンタンアメですが、その歴史をご存知でしょうか。ボンタンアメを知らなかったと言う人はもちろんですが、子供の頃にボンタンアメを食べていたと言う人も歴史を知らないことも多いはずです。

そのため、ボンタンアメの作り方やカロリー、仲間などをご紹介する前に歴史について少し掘り下げていきます。

セイカ食品の前身は水飴製造業

現在はセイカ食品と呼ばれている会社ですが、以前は水飴製造業を行っていました。そのため、ボンタンアメにも水飴が利用されており、自然な甘さを堪能することができます。気になる方は、ぜひ一度ボンタンアメを食べてみてはどうでしょうか。

ボタンアメ発案のヒントは朝鮮飴

オブラートで包むと言う独自性のある想像力は、もともと朝鮮飴からヒントを得たと言われています。朝鮮飴は熊本県の伝統銘菓である商品で、これをはさみで細かく切ったところ、一口大の朝鮮飴ができました。

そして、その朝鮮飴に色と香りをつけることで、ボンタンアメが誕生したようです。中に入っている材料も異なり、オブラートで包むことで手を汚すことなく食べられるようになっています。

大正13年に製造販売を開始

初めにも述べたように、ボンタンアメは大正13年に製造と販売が開始されたお菓子です。これほど昔から販売されているお菓子や商品は少なく、販売中止に追い込まれる商品も多くあります。しかし、その中で生き残っているボンタンアメは、それだけ人気が高いと言えるのではないでしょうか。

秘伝のレシピと独自性でオンリーワン商品に!

もともと水飴製造業を行っていたセイカ食品ですが、秘伝のレシピや作り方と独自性のある想像力でオンリーワンの商品となりました。ボンタンアメの作り方やレシピが気になっている方は、のちにご紹介するレシピや作り方をご紹介している項目を参考にしてみてください。

味もパッケージも発売当初のまま

初めにも少しご紹介したように、ボンタンアメのパッケージは販売当初から一切変わっていません。お菓子はパッケージを変更して販売することも多いため、その点においてボンタンアメはとても貴重なものだと言えるのではないでしょうか。また、味も当初から一切変わっておらず、ボンタンアメはいつ食べても懐かしい味を感じさせてくれます。

ボンタンアメの工場見学も人気

鹿児島の郷土菓子とも言われているボンタンアメですが、工場見学も行われており人気が高いです。工場見学の予約は電話で行い、周囲にある工場と間違えないように行くことを心がけておきましょう。ボンタンアメの工場見学ではオブラートの原型や製造過程などを見れるため、工場見学に興味がある方はぜひ一度訪れてみてはどうでしょうか。

「ボンタンアメ」の概要

ボンタンアメを知らなかった人は、どの概要が気になっているのではないでしょうか。値段やカロリーが気になっている人も多いはずですが、まずはレシピや作り方について詳しく掘り下げていきましょう。レシピや作り方を知れることは滅多にないので、ボンタンアメのレシピや作り方が気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ボンタンアメの材料

カロリーが高めのボンタンアメの作り方やレシピが気になっている人も多いでしょう。カロリーが高くなってしまう理由は、砂糖や水飴が原因だと言えるでしょう。その他にも麦芽糖やもち米などを利用した作り方をすることでカロリーが高くなっています。

その他にも、ボンタンの果汁やでん粉、ミカン果汁を使うことでボンタンアメ特有の爽やかな香りや味を作り出しています。

ボンタンは鹿児島県の名産品

ボンタンアメに使われているボンタンは、鹿児島県の名産物となっています。そのため、ボンタンが使われているボンタン飴も鹿児島県の人気商品だと言えるでしょう。気になっている方は、ぜひボンタンアメを購入してみてはどうでしょうか。

ボンタンアメの作り方

朝鮮飴から発想を得たと言われているボンタンアメですが作り方は朝鮮飴とは全く異なります。オブラートに包まれている作り方が気になっている人もいれば、中にどのように材料を入れているのかレシピが気になっている人もいるはずです。

水飴やもち米にボンタンの果汁を練り込む

ボンタンアメには水飴やもち米が使われており、そこにボンタンの果汁を練り込んでいます。しっかりとボンタンの果汁を練り込むことによって、爽やかな香りと味をつけることができているようです。そのため、ボンタンが好きな人はぜひボンタンアメを食べてみてください。

食感のポイントはもち米!

ボンタンアメが美味しくなるレシピの秘密についてなのですが、ボンタンアメの食感のポイントはもち米となっています。レシピにもち米を利用することによって、モチモチとした食感を作り出しています。そのため、初めてボンタンアメを食べる人は、その食感の良さにビックリしてしまうかもしれません。

オブラートの理由

ボンタンアメがオブラートに包まれている理由についてですが、ボンタンアメがもち米でできていることが理由です。もち米は食感を良くしてくれるのですが、その反面手で掴むとべたべたしてしまうこともあります。

そこにオブラートを取り入れることにより、食べる前に手にくっついてしまうことを避けることができます。それに、箱にもそのまま入れることができるので、簡易的なパッケージで販売することができていると言えるでしょう。

ボタンアメのカロリー

ボンタンアメの値段が気になっている人も多いと思いますが、カロリーが気になっている人も多いではないでしょうか。ボンタンアメのカロリーは100gで340㎉となっており、1箱14粒だとすべて食べて238㎉となっています。

そのため、一気にボンタンアメをすべて食べてしまうと、カロリーが高くなってしまうので注意してください。ボンタンアメのカロリーが気になる方は、少しずつ食べるのがおすすめです。

「ボンタンアメ」の仲間

90年以上も愛され続けているボンタンアメですが、ボンタンアメには仲間が存在しています。仲間にはいろいろな種類がありますので、そもそもボンタンアメの仲間を知らなかった人もいるかもしれません。ここからは、ボンタンアメの仲間についてご紹介していきますので、ボンタンアメの仲間が気になっている方は必見です。

仲間①兵六餅

兵六餅(ひょうろくもち)はセイカ食品で商標登録されているお菓子で、ボンタンアメ同様にオブラートに包まれています。オブラート以外にももち米が使用されているのですが、兵六餅には海苔や抹茶、黄な粉や白餡なども練り込まれているのが特徴です。

仲間②しょうがアメ

しょうがアメにはその名の通りすりおろしショウガが使用されており、ピリッとした辛さが特徴的です。オブラートに包まれているしょうがアメは、噛むことでモチッとした食感とピリッとした辛さ、体の内側から湧き出る温かさを感じることができるでしょう。

仲間➂さつまいもキャラメル

さつまいもキャラメルには鹿児島産のさつまいもが使われており、ソフトな食感が特徴的です。さつまいもは食物繊維をたっぷりと含んでいるため、さつまいもキャラメルを食べることで不足しがちな食物繊維を補うことができます。もちろん、さつまいもキャラメルもオブラートに包まれているため、1粒1粒そのまま食べることが可能です。

仲間④むらさきいもソフトキャラメル

むらさきいもソフトキャラメルはむらさき芋のペーストが使用されており、食物繊維以外にもカルシウムがたっぷりと含まれています。むらさき芋のペーストは約50%ほど使われているため、オブラートが溶けた瞬間にむらさき芋の香りを感じることができるでしょう。

仲間⑤パイナップルアメ

パイナップルアメと聞くと、パイン飴を思い浮かべてしまう人もいるかもしれません。しかし、セイカ食品から販売されているパイナップルアメはオブラートに包まれているソフトアメで、ソフトキャンディの中でも珍しい脂肪分ゼロの商品です。

パイナップルアメにはゴールデンパインが使用されているため、噛むことで爽やかな風味とじわっとした甘さを感じることができます。

仲間⑥地域限定の味

オブラートに包まれているのが特徴的なボンタンアメですが、地域限定でしか販売されていない味も多数存在しています。そのため、地方に行くと中には見たことのない商品が販売されていることもあるでしょう。

沖縄や瀬戸内・山形も!

ボンタンアメの仲間には沖縄や瀬戸内、山形などの仲間もあります。紅芋キャラメルやシークヮーサー、瀬戸内レモンやラフランスなどの仲間が存在していますので、ボンタンアメの仲間が気になる方はいろいろな種類を購入してみてはどうでしょうか。

「ボンタンアメ」のお酒

ボンタンアメにはいろいろな種類があるのですが、何とボンタンアメのお酒も販売されているようです。オブラートに包まれているあのボンタンアメがお酒になったと言うことで、お酒好きな方は気になっているのではないでしょうか。

そのため、ここからはボンタンアメのお酒について詳しく掘り下げていきます。ボンタンアメのお酒を購入してみたいと考えている人は必見です。

鹿児島老舗の酒造メーカーとコラボ

ボンタンアメのお酒は鹿児島の老舗酒造メーカーとコラボした商品で、鹿児島工場で作られています。お酒なので大人しか味わうことができず、販売当初はすぐに話題となりました。味はボンタンアメ風味となっており、甘さを感じることができます。

そのため、お酒が苦手だと言う人でも気軽に飲むことができるでしょう。ストレートで飲むのもいいのですが、ソーダ割りにすることでより飲みやすくなっておすすめです。氷を入れたりアレンジを加えれば、より美味しく飲むことができるので挑戦してみてください。

発売当初は限定発売だった

現在は常に販売されているボンタンアメのお酒ですが、販売当初は限定販売だったようです。しかし、今は限定販売ではなく常に販売されているということから、消費者からの支持が大きかったことが分かります。そのため、これまでボンタンアメのお酒を飲んだことがない人は、ぜひこの機会にボンタンアメのお酒を購入してみてはどうでしょうか。

お酒の名前もパッケージもそのまま

ボンタンアメのパッケージはわかりやすく、お菓子のボンタンアメと全く同じパッケージデザインが採用されています。リキュールなので、商品棚で探す際はボンタンアメのパッケージを目安に探してみてください。冷やして飲むことで、よりボンタンの美味しさを実感することができます。

アルコール度数は6度

ボンタンアメのお酒の値段が気になっている人もいれば、アルコール度数が気になっている人もいるのではないでしょうか。ボンタンアメのお酒の度数は6%となっており、チューハイやハイボールなどと同じくらいのアルコール度数となっています。

そのため、アルコール度数が高いと飲めないと言う人は、ストレートではなく炭酸などで割って飲むようにしてください。

500mlで値段は1296円(希望小売価格)

ボンタンアメのお酒の値段は少し高く、500mlで1296円の値段となっています。基本的にはこの値段で販売されているのですが、場合によっては値段が高く設置されていることもあります。それは、人気が高いからだと言えるでしょう。

安い値段で購入したいと考えているのなら、通販の利用がおすすめです。通販なら値段が大きく異なる場合も多く、希望小売価格よりも安い値段で購入できることもあるようです。お酒としては少し値段が高く設定されているので、特別な日に飲むのがおすすめです。

「ボンタンアメ」を買いに行こう!

ボンタンアメは以外にもカロリーが高いお菓子なので、カロリーや成分などを気にしている方はカロリーの取りすぎに注意してください。適量ならカロリーを気にする必要もなく、昔ながらのボンタンアメの味を楽しむことができるでしょう。

これまでボンタンアメを食べたことがない人はもちろんですが、食べたことがある人もぜひこの機会にボンタンアメを購入してみてはどうでしょうか。また、レシピの作り方やオブラートに包まれている理由などを考えながら食べるのもおすすめです。

おすすめの関連記事

Thumb鹿児島市でおしゃれなカフェ16選!女子必見のスイーツや隠れ家風も!
鹿児島市には、休憩や軽食を食べるのにぴったりの人気カフェが多く揃っています。今回の記事では、...
Thumb鹿児島の美味しいおすすめ焼肉店16選!安いランチや食べ放題も!
鹿児島は黒豚や黒毛和牛といった美味しいお肉の名産地でもあります。そんな鹿児島でおすすめの焼肉...
Thumb鹿児島「あぢもり」は黒豚しゃぶしゃぶ発祥の名店!トンカツも旨い!
鹿児島にある黒豚しゃぶしゃぶ発祥の名店、「あぢもり」についてまとめました。また、ランチメニュ...

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
すうこ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ