「肘折温泉」の日帰り温泉&旅館特集!伝統ある湯治場や観光スポットも!

山形県最上郡にある肘折温泉を体験してみませんか?肘折温泉は、開湯1200年以上と歴史が深く、今もなお湯治文化が色濃く残る温泉地です。周辺には、観光スポットもたくさん。今回は、肘折温泉のおすすめ日帰り温泉&旅館、そして周辺の観光スポット情報をご紹介します。

「肘折温泉」の日帰り温泉&旅館特集!伝統ある湯治場や観光スポットも!のイメージ

目次

  1. 1「肘折温泉」の日帰り温泉&旅館を紹介!
  2. 2「肘折温泉」のおすすめ日帰り温泉4選
  3. 3「肘折温泉」で宿泊におすすめの旅館10選
  4. 4「肘折温泉」のおすすめ観光スポット8選
  5. 5一人旅もおすすめ「肘折温泉」で癒されよう

「肘折温泉」の日帰り温泉&旅館を紹介!

それでは、「肘折温泉」のおすすめ日帰り温泉&旅館をご紹介していきます。どの施設も昔ながらの風情ある湯治場の雰囲気が魅力的です。また、冬の「肘折温泉」周辺は、豪雪地帯としても有名。雪の「肘折温泉」は、温泉情緒がさらにアップして素敵ですよ。ご紹介の前に、簡単に「肘折温泉」の歴史と泉質・効能をまとめています。参考にしてみて下さい。

「肘折温泉」の歴史

開湯1200年以上もの歴史を誇る名湯「肘折温泉」の始まりは、807年平安時代と言われています。「肘折温泉」の名前の由来は、肘を折った年老いた僧侶がこの温泉に浸かったことで傷が癒えたという説が有名です。しかし、実際には諸説あり地名ではないかという説も。

「肘折温泉」が位置する月山は、信仰の山として知られている出羽三山の1つです。江戸時代に入ると、「肘折温泉」は出羽三山への参道口として栄え、多くの参拝客で賑わうようになったそうです。神聖な山に入るために、身体を清めたり体調を整えたとか。現在でも、温泉リゾートというよりは、風情ある昔ながらの温泉街の光景が残っています。

「肘折温泉」の泉質・効能

「肘折温泉」の泉質は、ナトリウム・塩化物-炭酸水素塩泉です。ナトリウム・塩化物は、塩分を多く含む温泉で、入浴後肌に付いた塩分が発汗を抑えてくれる作用があります。そのため肌が潤い湯冷めしにくくポカポカ。また、高い殺菌効果があるので切り傷、やけど、皮膚乾燥にも効果があります。飲むことで、消化器系の病気や便秘症が改善する効果も。

温泉マニアには“重層泉”とも呼ばれている炭酸水素塩泉の効能は、肌の汚れや余分な皮脂を取り除くクレンジング効果があります。いわゆる“美肌の湯”。また皮膚を柔らかくしてくれるため、切り傷、やけど、皮膚病にも良いそうです。炭酸水素塩泉は女性にとって嬉しい効能ばかり。ただし、入浴後は乾燥しがちなので保湿クリームでのケアはお忘れなく。

「肘折温泉」のおすすめ日帰り温泉4選

「肘折温泉」には、3つの共同浴場があります。“カルデラ温泉館”“肘折いでゆ館”、”上の湯”です。一人旅や宿泊予定がない人でも、「肘折温泉」を気軽に堪能できるとあって人気の共同浴場。ここでは、この3つの共同浴場とあと1つ“石抱温泉”をご紹介します。“石抱温泉”は共同浴場ではなく、旅館のゑびす屋さんが所有する秘湯感満載の日帰り温泉です。

肘折温泉の日帰り温泉①カルデラ温泉館

最初にご紹介する「肘折温泉」の日帰り温泉は、3つの共同浴場の中でもっとも人気があると言われている“カルデラ温泉館”です。隣接する黄金温泉を源泉とする“カルデラ温泉館”は、大浴場、露天風呂が完備。

露天風呂は、石組みで豊かな自然を楽しむ事ができます。男女1時間おきに入れ替え制です。冬の時期は、降雪状況によっては露天風呂が利用できない場合もあります。

泉質は、ナトリウム塩化物温泉です。館内には炭酸泉の飲泉所があり、サイダーのような味わいだとか。効能は、胃腸、肝臓、膵臓の働きを活発にしてくれます。また、便秘症や利尿作用などの効能もあります。全国でも珍しい炭酸泉の飲泉ですので、ぜひお試し下さい。

カルデラ温泉館の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山2127-79
【電話番号】 0233-76-2622
【営業時間】 9:30~18:30
(冬季11月~3月 10:00~16:30)
定休日:第1・第3火曜日
【料金】 大人500円、小学生250円、幼児無料
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約55分
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約35分
【駐車場】
【公式HP】 http://www.hijiorionsen.jp/
【備考】 露天風呂は、源泉の調子や冬の降雪状況によっては中止されます。

肘折温泉の日帰り温泉②肘折いでゆ館

次にご紹介する「肘折温泉」の日帰り温泉は、2つの展望風呂が人気の“肘折いでゆ館”です。“肘折いでゆ館”は、町の温泉施設で3階建ての建物です。2階には“温泉療養相談所”があり、健康チェックや入浴方法などのアドバイスを誰でも無料で受ける事ができます。こちらの温泉の効能も踏まえて、色々相談してみるといいかもしれませんね。

3階にある石造りの展望風呂は、“地蔵の湯”と“薬師の湯”の2つがあります。2つの展望風呂は日替わりで男女入れ替わります。どちらのお風呂からも四季折々の景色が。一人旅でも外の景色を眺めながらゆったりと寛ぐことが出来ます。

肘折いでゆ館の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山451-2
【電話番号】 0233-34-6106
【営業時間】 9:00~18:30
(冬季11月~3月 10:00~17:00)
定休日:第2・第4火曜日
【料金】 大人450円、小学生250円、幼児無料
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約55分
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約35分
【駐車場】
【公式HP】 http://www.hijiorionsen.jp/

肘折温泉の日帰り温泉③上の湯

続いてご紹介する日帰り温泉は、「肘折温泉」の代表的な存在“上の湯”です。“上の湯”は、「肘折温泉」のほぼ中心にあります。「肘折温泉」を開くきっかけとなった源泉からお湯を引いています。この“上の湯”の特徴は何といっても浴槽の中のお地蔵さまと泉質。

お地蔵さまの台座からは、たっぷりと源泉がかけ流しされています。泉質は、ナトリウム・塩化物-炭酸水素塩泉含重曹。炭酸成分が多く無色透明のお湯は、すこしトロっとした感じがあり体の芯から温まり、旅の疲れが癒されると人気です。

建物の2階は、集会所兼休憩場所。地元の人の憩いの場です。一人旅で人恋しくなった方は、こちらで地元の人と触れ合ってみてはいかがでしょうか。

上の湯の基本情報

【住所】 山形県大蔵村肘折温泉
【電話番号】 0233-34-6106 (肘折温泉観光案内所)
【営業時間】 8:00~18:00 (*木曜日は13:00~)
冬季1月~3月は17:00まで
定休日:年中無休
【料金】 大人250円、小人100円
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約55分
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約35分
【駐車場】
【参考サイト】 https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000174479
/?screenId=OUW1701&influxKbn=0

肘折温泉の日帰り温泉④石抱温泉

最後にちょっと趣が違う、日帰り温泉“石抱温泉”をご紹介します。この“石抱温泉”は、肘折温泉の街中から車で約10分ほど走った山中にある露天風呂です。建物があるわけでもなく、ただ山の中に石を積み重ねただけの露天風呂。秘湯感は満載ですが、お湯はきれいとは言い難く、湯船の底には藻も。気にならない方は、この露天風呂に挑戦してみては?

“石抱温泉”は、ゑびす屋さんの所有になります。ご利用の際はゑびす屋さんに連絡して下さいね。気になるお湯ですが、泉質は炭酸泉。湯底からプクプクと炭酸泉が湧き出しています。炭酸泉なので体が浮かないよう石を抱えて入ったことが名前の由来だとか。お湯はぬるめの38℃、じんわりと体の芯から温まります。ただし、冬には積雪の為利用できません。

石抱温泉の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山肘折温泉
【電話番号】 0233-76-2008 (ゑびす屋)
【料金】 無料
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約55分
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約35分
【駐車場】
【公式HP】 http://www12.plala.or.jp/ebisu8/hitou.html
【備考】 石抱温泉は設備の整っていない野外露天風呂のため、
冬の入浴はおすすめできません。

「肘折温泉」で宿泊におすすめの旅館10選

ここから「肘折温泉」でおすすめの宿泊施設をご紹介します。それぞれの旅館では、バラエティー豊かなプランが用意されています。「肘折温泉」ならではの湯治プランや一人旅プランも魅力的。また、「肘折温泉」は、露天風呂が完備されている旅館が比較的少ないです。露天風呂希望の方は、お宿選びは慎重に。

「肘折温泉」では、湯めぐり券3枚綴りが1100円で販売されています。先程の共同浴場と提携している旅館の温泉の中から3箇所で日帰り入浴が楽しむ事ができます。お得なプランです。ぜひ、利用してみてはいかがでしょうか。では、日帰り入浴情報も含めておすすめの旅館をご紹介していきましょう。

肘折温泉の旅館①丸屋旅館

“丸屋旅館”は、明治元年創業150年の老舗旅館です。館内はレトロモダンで、とても落ち着いた雰囲気です。客室数は全部で7室。1つ1つインテリアや内装が違うため、毎回違うお部屋に滞在する楽しみ方も出来ます。最高級の贅沢を味わたい方は、100%源泉かけ流しの温泉がお部屋で楽しめる「月山」はお試し下さい。

温泉は、青森檜葉を使用した「檜葉の湯」と国産ヒノキを使用した「ひのきの湯」が用意されています。青森檜葉は香りが良いことで有名ですが、その青森檜葉をふんだんに使用したお風呂はリラクゼーション効果抜群。檜葉の湯には、露天風呂も併設されています。「肘折温泉」は、意外と露天風呂が少ないので、貴重な露天風呂です。

丸屋旅館の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山519
【電話番号】 0233-76-2021
【宿泊料金】 スタンダードプラン2名1室利用 お一人17,050円~
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約40分
*無料送迎バスあり(新庄駅14:00発)、要予約
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約20分
【駐車場】
【公式HP】 https://www.maruya-ryokan.com/

肘折温泉の旅館②ゑびす屋

“ゑびす屋”は、アットホームな雰囲気で居心地の良い温泉旅館です。湯治プランも豊富なので、長めの滞在も可能。また、湯治プランと標準プランのいいとこ取りプランもおすすめです。夕食には、主人が自ら山に行って採った山菜がずらりと並びます。普段スーパーでは見かけない珍しい山菜も。追加料理では、馬刺しマグロの刺身も頂けるそうです。

お風呂は、「肘折温泉」ならではのナトリウム・塩化物-炭酸水素塩泉のお湯を堪能することができます。湯冷めしにくく美肌効果抜群のお湯で、日ごろの疲れを癒して下さい。“ゑびす屋”は、日帰り入浴でご紹介した「石抱温泉」も管理しています。利用希望の方は、前もって相談しておくと良いかもしれませんね。

ゑびす屋の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山526
【電話番号】 0233-76-2008
【宿泊料金】 湯治プラン 2食付3泊以上 5,000円~
標準プラン 2食付 10,500円~
一人旅プラン 2食付1泊~2泊 6,480円~
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約40分
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約20分
【駐車場】
【公式HP】 http://www12.plala.or.jp/ebisu8/
【備考】 【日帰り入浴可能】
料金300円 *湯めぐり券利用可能

肘折温泉の旅館③お宿 大穀屋

“お宿 大穀屋”は、湯治文化を大切湯治客をメインに受け入れているお宿です。館内は、木の温もり感じる家庭的な雰囲気。囲炉裏を囲んで他の客とも会話が弾みそうです。お部屋は、掃除が行き届いたシンプルな造りでWi-Fiが利用可能なのも嬉しいですね。

お料理は、湯治客用と観光客用があります。湯治客用には、四季折々の食材を使って飽きないよう工夫されています。観光客用には、山形の食材をふんだんに使用した豪華な料理。湯治客用に台所が完備されているので、自炊することも可能です。

お風呂は、内湯、貸切風呂、手作りの岩風呂を楽しむことができます。様々な効能が期待できる上質の温泉で、ゆっくりと日頃の疲れが癒せそうです。

お宿 大穀屋の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山507
【電話番号】 0233-76-2336
【宿泊料金】 おすすめ旅籠プラン9,500円
湯治プラン6,500円~
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約50分
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約20分
【駐車場】
【公式HP】 https://www.oyado-daikokuya.com/
【備考】 【日帰り入浴可能】
料金300円 *湯めぐり券利用可能
営業時間:12:00~17:00
定休日:不定休

肘折温泉の旅館④木村屋旅館

“木村屋旅館”は、全室6室の小さいお宿で湯治スタイルが基本です。自慢は、3つあるお風呂。すべて源泉かけ流し温泉です。2階にある展望風呂からは、四季折々の自然を楽しむことができます。特に、冬は辺り一面銀世界になり、しんしんと降る雪を眺めながら浸かる温泉は、風情たっぷり。温泉の効能は、ケガや関節痛ですが、術後の静養にも最適です。

お料理は、地元の野菜、山菜、キノコ類を使って、ヘルシーな和風料理が並びます。食事の品数によって宿泊料金が変わるシステムは、小食の方には嬉しいサービス。連泊するとさらに宿泊料金も割引されるので、長期滞在がおすすめです。

木村屋旅館の基本情報

【住所】 山形県大蔵村肘折温泉532
【電話番号】 0233-76-2139
【宿泊料金】 湯治小食コース5,700~
*料理の内容や宿泊日数によって料金が変わります
*冬期は暖房費、夏は冷房費は別途
ドカ雪満足コース(冬期限定)1泊7,750円~
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約55分
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約35分
【駐車場】
【公式HP】 http://www.hijiori-kimuraya.ecweb.jp/
【備考】 【日帰り入浴可能】
料金400円 *湯めぐり券利用可能

肘折温泉の旅館⑤大友屋旅館

江戸時代創業の“大友屋旅館”は、女性の一人旅におすすめしたいお宿です。館内全体が落ち着いた雰囲気で、素朴なおもてなしに定評があります。日頃の煩わしさから離れて、一人旅でリフレッシュするには最適。人気の囲炉裏コーナーでは、その暖かさにホッとします。

お風呂は、内湯、貸切風呂、足湯があります。貸切風呂は、ひのきの香りが漂いリラックス効果抜群。無料で利用できるので、早めに予約を入れることをおすすめします。

“大友屋旅館”は、「肘折温泉」の効能である神経痛、打撲、リウマチなどの他にも女性に嬉しい効能が。“大友屋旅館”の温泉は、美肌成分のメタケイ酸の数値が225.9㎎と高い事が特徴です。美肌意識の高い女性におすすめの温泉です。

大友屋旅館の基本情報

【住所】 山形県大蔵村肘折温泉505
【電話番号】 0233-76-2331
【宿泊料金】 スタンダードプラン:9,900円~*一人旅の場合11,000円~
プチ湯治プラン:7,700円~  *一人旅の場合8,800円~
ゆっくり湯治プラン:4,500円~ 
*1食につき夕食1,100円、朝食550円、昼食550円
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約60分
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約35分
【駐車場】
【公式HP】 http://www.bb-town.jp/ootomoya/
【備考】 【日帰り入浴可能】
料金300円 *湯めぐり券利用可能

肘折温泉の旅館⑥優心の宿 観月

川のせせらぎを聞きながら浸かる事ができる、展望露天風呂が自慢“優心の宿 観月”。実は、「肘折温泉」は露天風呂を完備している旅館が多くありません。まして展望露天風呂となると「肘折温泉」では珍しい存在。少し熱めの開放感たっぷりの展望露天風呂と心地の良い銅山川からの風は、至福のひとときを与えてくれます。

“優心の宿 観月”は、湯治宿の趣きが漂う落ち着いた雰囲気です。お料理は、四季折々の地元の山の幸をふんだんに使い、素朴で温かみのある料理がずらりと並びます。温泉で癒されるのはもちろん、美味しい食事でも癒し効果が。“優心の宿 観月”では、湯治プランはもちろん一人旅にも対応しているので、一人旅で癒されたい方は、ぜひお試し下さい。

優心の宿 観月の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山516
【電話番号】 0233-76-2777
【宿泊料金】 一人旅お得プラン12,000円~
プチ湯治プラン8,000円~
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約60分
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約45分
【駐車場】
【公式HP】 http://hijiori-roten.com/
【備考】 【日帰り入浴可能】
料金500円 *湯めぐり券利用可能

肘折温泉の旅館⑦旅館伝蔵

“旅館伝蔵”は、昔ながらの湯治場の風情が色濃く残り旅館です。その1つが温泉。“旅館伝蔵”には、大小2つの浴室があります。大浴場は、昔の湯治文化そのままで今でも混浴となっています。混浴はちょっと無理という方には、30分無料で利用できる個室風呂を。

泉質は、ナトリウム・塩化物-炭酸水素塩泉です。効能は、神経痛など様々な体の不調に良いと言われています。もちろん美肌効果も抜群

5月~6月下旬頃までは、“旅館伝蔵”所有の山でわらび狩りを体験する事ができます。なかなか都会では出来ない経験。ぜひ、ご家族そろって参加してみてはいかがでしょうか。

旅館伝蔵の基本情報

【住所】 山形県大蔵村肘折温泉535
【電話番号】 0233-76-2425
【宿泊料金】 湯治・旅籠プラン8,500円~
湯治プラン(1泊~2泊)6,500円~
     (3泊以上)5,965円~
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約60分
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約35分
【駐車場】
【公式HP】 https://denzou-hijiori.wixsite.com/home
【備考】 【日帰り入浴可能】
料金200円

肘折温泉の旅館⑧四季の宿 松屋

明治時代に手彫りで掘られたという洞窟風呂が楽しめるのは、「肘折温泉」街の中心にある“四季の宿 松屋”です。“松屋”自慢の洞窟風呂は、秘湯感満載のうえ冒険気分も味わえるとあって大人気。40m奥の自家源泉からは、無色透明のぬるめのお湯が湧き出ています。効能は、切り傷、やけど、慢性皮膚病病と様々な体の不調に効果が。

お食事は、地元の新鮮な山の幸、庄内地方の海鮮、そして贅沢な山形牛が堪能することができます。変わったメニューでは、ビーガン・ベジタリアン料理があること。こちらは、宿泊プランから予約ができますが、日本ではまだ珍しい対応です。ビーガン(完全菜食主義者)の方は、ぜひ安心して利用して下さい。一人旅にも対応しているお宿です。

四季の宿 松屋の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山498
【電話番号】 0233-76-2041
【宿泊料金】 基本プラン9,800円~
冬限定プラン9,091円~、
ビーガン・ベリタリアンプラン8,182円、 
*ビーガンメニューは予約の際に要確認
一人旅プラン10,000円
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約75分
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約40分
【駐車場】
【公式HP】 http://www.anayu.com/
【備考】 【日帰り入浴可能】
料金200円

肘折温泉の旅館⑨西本屋旅館

“西本屋旅館”は、湯治を楽しんで頂きたいと様々な工夫が感じられるお宿です。館内に一歩立ち入ると、優しい灯りの中しっとりと風情が漂っています。お部屋も田舎に帰ったかのような懐かしい雰囲気。

気になる温泉は、2つの異なった源泉から引いていて保湿効果さっぱり感を味わう事ができます。また、全国でも珍しい金魚湯は必見。内湯の1つに大きな水槽に入った金魚が泳いでいます。温泉に浸かり、優雅に泳ぐ金魚を見ていると、自然と癒されていきます。

効能は、腰や首の痛み、病後や術後の静養などに良いとのこと。お食事は、地元の食材をふんだんに使った優しいお料理が並びます。

西本屋旅館の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山522
【電話番号】 0233-76-2316
【宿泊料金】 西本屋湯治プラン5,800円~
一人旅にも対応。宿泊料金はお問い合わせ下さい。
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約60分
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約45分
【駐車場】
【公式HP】 https://www.nishimotoya.net/
【備考】 【日帰り入浴可能】
料金400円  *湯めぐり券利用可能

肘折温泉の旅館⑩湯宿 元河原湯

最後におすすめする「肘折温泉」の旅館は、銅山川沿いにたつ“湯宿 元河原湯”です。一歩中に入ると、木の温かみと囲炉裏のほっこり感が素敵なお宿です。

温泉は、貸切風呂と展望風呂の2つ。貸切風呂の泉質は、「肘折温泉」の泉質とは少し異なり、炭酸成分が多いナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉です。美肌効果はもちろん、血行促進にも効果抜群。効能は、胃腸病、神経痛、糖尿病、動脈硬化症などです。

“湯宿 元河原湯”は、お料理にも定評があります。囲炉裏を囲んだグルメプラン、冬には体の芯から温めるお鍋プラン。四季折々の地元産の山菜、野菜、山形自慢の米に肉がふんだんの使われています。温泉とお料理で至福のひとときをお過ごしください。

湯宿 元河原湯の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山454-1
【電話番号】 0233-76-2259
【宿泊料金】 冬の源泉満喫プラン12,000円~
一人旅にも対応。宿泊料金はお問い合わせ下さい。
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約40分
*無料送迎バスあり 14:00新庄駅出発 *要予約
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約30分
【駐車場】
【公式HP】 http://www.irori.in/

「肘折温泉」のおすすめ観光スポット8選

「肘折温泉」周辺には、観光スポットが点在しています。「肘折温泉」の街中からも気軽に行く事ができるので、滞在中に散策してみてはいかがでしょうか。特に人気の観光スポットをまとめてみました。ただし、冬の時期にはおすすめできない観光スポットもあります。ご注意下さい。

肘折温泉の観光①湯坐神社

まず、最初にご紹介する「肘折温泉」の観光スポットは、“湯坐神社”です。“湯坐神社”は、別名薬師神社とも呼ばれ「肘折温泉」の守り神として地元の人に親しまれています。毎年8月20日にはお祭りがあり、奉納相撲が行われるそうです。

“湯坐神社”の境内までは、共同浴場『上の湯』の横にある階段を登っていきます。けっこう細くて急な階段なので足元には気をつけて下さい。冬の時期も境内までいけますが、「肘折温泉」は日本屈指の豪雪地帯。雪が積もっている覚悟でお出かけ下さい。

湯坐神社の基本情報

【住所】 山形県大蔵村肘折温泉
【アクセス】 共同浴場『上の湯』の脇にある階段を登る
【駐車場】
【参考サイト】 https://hijiori.jp/sightseeing/

肘折温泉の観光②旧郵便局舎

続いてご紹介する観光スポットは、ノスタルジックの雰囲気が漂う建物“旧郵便局舎”です。この“旧郵便局舎”は、昭和12年に建てられ、役目を終了する平成7年まで「肘折温泉」の人々の重要な存在でした。引退後は取り壊しも検討されたそうですが、町の人達の声で保存することになったそうです。

現在では、「肘折温泉」のシンボル的存在の“旧郵便局舎”。不定期でジャズコンサートやアートイベントなどに使用されているそうです。一般には解放していませんが、おすすめの撮影スポットです。ぜひ、散策の際には立ち寄ってみて下さい。

旧郵便局舎の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山671-2
【アクセス】 ■電車でのアクセス
新庄駅からバスで約55分
■車でのアクセス
尾花沢新庄道路「舟形IC」から約35分
【駐車場】
【参考サイト】 https://hijiori.jp/sightseeing/
【お問い合わせ】 肘折温泉観光案内所 033-76-2211

肘折温泉の観光③地蔵倉

“地蔵倉”は、良縁、商売繁盛のパワースポットとして人気です。「肘折温泉」の街中から徒歩約40分ほど歩いた場所にあり、道中はブナ林や銅山川の景色が楽しめます。

“地蔵倉”につくと、岩肌に小さな無数の穴が。その穴にこよりを上手く通すことが出来たら願いが叶うと言われています。冬にはおすすめ出来ないスポットですが、秋や春には気持ちの良い観光スポットです。

地蔵倉の基本情報

【住所】 山形県大蔵村肘折温泉
【アクセス】 新庄駅からバスで約55分
温泉街からは徒歩約40分 *薬師寺神社から遊歩道あり
【駐車場】
【公式HP】 https://www.jalan.net/kankou/spt_
06365aj2200140765/?screenId=OUW2205
【お問い合わせ】 大蔵村産業振興課 0233-75-2111

肘折温泉の観光④四ヶ村の棚田

続いてご紹介するのは、日本の棚田百選に選定されている“四ヶ村の棚田”です。“四ヶ村の棚田”では、山々に囲まれた緩い傾斜地を利用してお米が作られています。寒暖の差が激しいこともあり、美味しいお米と評判。

“四ヶ村の棚田”では、四季折々の景観を楽しむ事ができますが、おすすめ夏。この棚田の光景を残したいと、地元の人達が毎年夏に、ほたる火コンサートを開催しています。棚田のあぜ道に約1200本のほたる火を灯し、幻想的な世界が広がります。その中で聴く、ピアノとオカリナの演奏は感動です。

四ヶ村の棚田の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山
【アクセス】 新庄駅から車で約35分
【参考サイト】 https://www.jalan.net/kankou/spt_06365cd2112062349
/?screenId=OUW2205
【お問い合わせ】 大蔵村産業振興課 0233-75-2111

肘折温泉の観光⑤小松淵

“小松淵”は、銅山川の観光スポットの1つです。昔、新庄藩の侍が大蛇を退治したという伝説も残っています。銅山川の四季折々の美しい景観を楽しむ事ができますが、一番のおすすめ紅葉。この時期、「肘折温泉」に滞在予定がある方は、ぜひ足を運んでみて下さい。

小松淵の基本情報

【住所】 山形県大蔵村肘折温泉
【アクセス】 新庄駅からバスで約55分
肘折温泉街から徒歩約10分
【参考サイト】 https://www.jalan.net/kankou/spt_06365aj2200129579/
?screenId=OUW2205
【お問い合わせ】 肘折温泉観光案内所 0233-76-2211

肘折温泉の観光⑥初恋足湯

「肘折温泉」の街中から銅山川に沿って上流に向かうと、砂防ダムがあります。そのすぐ隣にあるのが“初恋足湯”です。“初恋足湯”は、地元の人や観光客の憩いの場。足湯に浸かりながら、ぼんやり銅山川の流れを眺めているだけでも癒されますよ。積雪のため12月から5月までは、“初恋足湯”は閉鎖されます。

初恋足湯の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山肘折温泉
【料金】 無料
【アクセス】 新庄駅からバスで約55分
肘折温泉街からは徒歩約15分
【参考サイト】 https://www.jalan.net/kankou/spt_0
6365ab2040114609/?screenId=OUW2205

肘折温泉の観光⑦肘折希望大橋

“肘折希望大橋”は、2012年4月「肘折温泉」へ行くことが出来る唯一の県道が地滑りで崩壊した為、国道458線と「肘折温泉」を結ぶ橋として作られました。今では、「肘折温泉」の入り口としてシンボル的な存在。橋の途中には、駐車スペースがあるので、ぜひ「肘折温泉」の街を一望してみて下さい。高さもあるので、その眺望は圧巻です。

肘折希望大橋の基本情報

【住所】 山形県大蔵村南山
【参考サイト】 https://www.jalan.net/kankou/spt_
guide000000185047/?screenId=OUW2205

肘折温泉の観光⑧朝市

最後にご紹介する観光スポットは、「肘折温泉」の”朝市”です。4月下旬から11月下旬までの間、朝早くから「肘折温泉」の街中には、地元のおばさん達の元気な声が聞こえてきます。おばさん達の前には、四季折々の旬の野菜や山菜がずらり。中には、おばさん達が作った惣菜もあります。

浴衣姿に下駄で買い物する湯治客とおばさん達の会話している光景は、今では「肘折温泉」の名物かもしれません。元気な地元のおばさん達からパワーがもらえる朝市です。ぜひ、早起きして朝市のぞいてみて下さい。

朝市の基本情報

【住所】 山形県大蔵村肘折温泉
【開催期間】 4月下旬~11月下旬
【開催時間】 早朝~7:30
【アクセス】 新庄駅からバスで約55分
【参考サイト】 https://hijiori.jp/sightseeing/
【問い合わせ】 肘折温泉観光案内所 0233-75-2111

一人旅もおすすめ「肘折温泉」で癒されよう

山形県の山深い位置にある「肘折温泉」をご紹介しました。いかがでしたでしょうか。「肘折温泉」は、昔ながらの風情を大切にし、全国的には減少しつつある湯治文化が色濃く残っています。

その理由は、「肘折温泉」の泉質にも関係しています。「肘折温泉」の泉質は、ナトリウム・塩化物-炭酸水素塩で効能が多いことも特徴の1つ。ちょっと最近疲れたと思う方はぜひ、「肘折温泉」に出かけてみてはいかがでしょうか。また、「肘折温泉」の効能は、美肌効果も抜群です。女性の方にもおすすめしたい温泉です。

おすすめの関連記事

Thumb新庄市のおすすめ観光スポット12選!人気の名所や絶品ランチも!
山形県新庄市の自然豊かな観光スポットを紹介します。日頃の疲れを癒せるパワースポットや松尾芭蕉...
Thumb「新庄まつり」は山形県新庄市の伝統祭り!その歴史や日程・見所は?
山形県新庄市には「新庄まつり」というお祭りがあるのをご存知ですか?3日間かけて行われる新庄ま...
Thumb山形空港で買うべきお土産15選!特産品や限定品など!駐車場情報も!
山形の空の玄関口“おいしい山形空港”。今回は、美味しいものがたくさん揃う山形空港のおすすめお...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
manoa55
学生時代に行ったハワイ旅行以来、どっぷりと旅にはまってます。特にハワイ、ニューヨーク、ユタが大のお気に入り。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ