宮崎のサーフィンポイント12選!おすすめ情報や水温・注意点などまとめ!

宮崎は世界的に有名なサーフィンポイントがあるほど、波の状態が優れている場所です。初心者にも優しい波もあるので、サーフィンに挑戦したい人にもおすすめな場所です。宮崎のサーフィンに向いているビーチついて、魅力ともにおすすめポイントを紹介します。

宮崎のサーフィンポイント12選!おすすめ情報や水温・注意点などまとめ!のイメージ

目次

  1. 1宮崎にはサーフポイントがたくさんある!
  2. 2宮崎の波の特徴や大会は?
  3. 3宮崎のサーフィンポイント宮崎県北エリア5選!
  4. 4宮崎のサーフィンポイント宮崎県中央エリア3選!
  5. 5宮崎のサーフィンポイント宮崎県南エリア4選!
  6. 6サーフィンをする際の注意点は?
  7. 7宮崎のおすすめポイントでサーフィンを楽しもう!

宮崎にはサーフポイントがたくさんある!

温暖な気候で南国の雰囲気の漂う宮崎は海に面し、サーフィンに適した波が立つことから県外からもサーファーが集い、サーフィンを楽しむエリアとしても知られています。サーフィンにチャレンジしたい初心者にも体験できるよう、注意点も併せて宮崎のサーフィンポイントをご紹介します。

海外から人気の大会も開かれる?

世界で活躍するサーファーが優勝を目指して集まる選手権が宮崎の海で開催されます。会場となるほど世界からも認められた波のある宮崎はどのような海なのでしょうか。初心者の人にも知ってもらいたいサーフィンの注意するべきルールや揃えるべきサーフィングッズについてもご紹介します。

宮崎の波の特徴や大会は?

サーフィンの体験を初心者の人にもおすすめできる宮崎の波について紹介するとともに、世界的に有名なサーフィンの大会についてご紹介します。

波の特徴

宮崎の波は日本の中でもよい波が立つことから屈指のサーフポイントと言われていて、海外にまで宮崎の名が知られています。波が豊富なことも特徴で、初心者の人から、国際的なサーフィンの大会が開催できるほど冬のシーズンも含めた1年を通してサーフィンできる波があります。

宮崎のサーフィンポイントは大きく3つのエリアに分けられ、波の特徴もエリアごとに異なります。この記事では各エリアの波の特徴も紹介しているので、宮崎でサーフィンを検討しているならおすすめな情報となっています。

穏やかで初心者も楽しめる

日本の南に位置する宮崎は1年中温暖な気候で、熱帯雨林が育つエリアです。冬のシーズンでもグローブが要らないほど暖かく、サーフィンが盛んなところも街の特徴なので、初心者の人がデビューしやすい環境が整っている点も宮崎の特徴です。初心者の人におすすめなサーフポイントだけでなく、初心者向けのサーフィンスクールも開催されています。

サーフィン体験ツアーも展開しているところもあるので、冬のシーズンでも旅行のときに気軽にサーフィンを体験して見ることもおすすめです。サーフィンは心をリラックスしてくれるので、日常に疲れている人には特におすすめのスポーツです。

水温が温かい

宮崎の海は黒潮が流れており、暖かい水温の海であることが特徴です。宮崎は快晴日数が全国と比べても多く、日照時間が長いという点もあり、過ごしやすい気候がサーフィンを快適に楽しめる要因となっています。

1年を通して波がある

通年、コンスタントに波が立ち、サーフィンできない日が珍しいと言えるほどに宮崎では常にサーフィンを楽しめます。温暖な気候と高い水温という快適さもあり、冬のシーズンでも防寒グッズが少なくて済むという点もおすすめなポイントとなっています。

国際的な大会も開催される

「サーフィンのオリンピック」と言われているほど、世界中のサーファーが集う大会について紹介します。プロ選手が出場するので、多くのサーファーが注目する大会となっています。

ISAワールドサーフィンゲームス

「サーフィンのオリンピック」と呼ばれていたISAワールドサーフィンゲームスは、東京オリンピックから新競技として追加されたサーフィンの選考大会としても開催された大会です。世界のチャンピョンを決めるだけではなく、国別のランキングを決定するという内容で、選手は力を入れて大会に臨みます。

国際サーフィン連盟が主催

東京オリンピックの選考大会ともなった、ISAワールドサーフィンゲームスは国際サーフィン連盟が主催している大会です。本部はアメリカにあり、世界のアマチュアサーフィンを統括する組織で、サーフィンのオリンピック競技を目指していた団体でした。

木崎浜クリーンビーチカップ

木崎浜クリーンビーチカップは宮崎県サーフィン連盟が主催する大会です。2日間かけて行われ、ショートボードとロングボードそれぞれ、男性部門・女性部門・シニア部門・マスター部門に分かれて開催されます。

いつ開催される?

2020年の開催日程は未定となっています。大会のエントリーについては木崎浜クリーンビーチカップの公式ホームページにてご確認ください。

宮崎のサーフィンポイント宮崎県北エリア5選!

宮崎の北の方にあるサーフィンポイントについて5選紹介します。波は風の向きや気圧による変化でも異なりますが、地形も波がエリアごとに異なる要因となっています。ビーチごとに異なる波の特徴に注目して、見ていきましょう。

宮崎のサーフィンポイント①伊勢ケ浜

日本の快水浴場百選にも選ばれている伊勢ケ浜は日向岬に挟まれたビーチで、大御神社の近くに位置しています。波はサイズアップしにくいので比較的初心者でも乗りやすく、混雑しないのでサーフィンを体験をしたい人にもおすすめです。

ビーチ近くには駐車場やシャワーがあるので快適にサーフィンを楽しめるのもおすすめなポイント。タイミングによってはロングライドができる波もあるので、上級者の人にも好評なサーフィンポイントです。

伊勢ケ浜の基本情報

名称 伊勢ケ浜
住所 宮崎県日向市日知屋
アクセス 日向市駅から車で15分
駐車場 有り
参考サイト https://www.jalan.net/kankou/spt_45206cb3490058897/

宮崎のサーフィンポイント②お倉ヶ浜

世界大会が開催されるほど、波のコンディションがよく、日本の中でも屈指のサーフィンポイントとして知られています。全長4㎞にもわたって大小さまざまな波が立つので上級者だけでなく、初心者の体験にもおすすめできるビーチです。

駐車場やシャワー、ロッカーなどの設備があるビーチハウスがあるので快適にサーフィンを楽しめます。カフェやサーフショップもあり、多くのサーファーが集うビーチとなっています。

お倉ヶ浜の基本情報

名称 お倉ヶ浜
住所 宮崎県日向市平岩12298-6
アクセス 日向市駅からバスで20分
駐車場 有り
参考サイト https://www.jalan.net/kankou/spt_45206cb3490059025/

宮崎のサーフィンポイント③金ヶ浜

暖かい水温を保ち、南国の緑が美しい金ヶ浜は、高い波が入るので初心者には注意が必要なほど、上級者向けのビーチと言えます。現在は全国的にサーフィンが一般的なスポーツとなっていますが、金ヶ浜は全国の中でもサーフィンポイントとして早くに注目されていた場所でもあります。冬のシーズンもサーファーに愛されている場所です。

金ヶ浜の基本情報

名称 金ヶ浜
住所 宮崎県日向市平岩金ケ浜
アクセス 日向市駅からバスで20分
駐車場 なし(私営駐車場あり)
参考サイト https://www.jalan.net/kankou/spt_45206cb3490059712/

宮崎のサーフィンポイント④蚊口浜

約10㎞以上も南北にわたって広がる海岸で、初心者の人の体験から上級者まで楽しめる波が立っていることが特徴です。周辺には宿泊施設やグルメも充実しているのでサーフトリップを楽しむサーファーが多くいることも特徴となっています。

トイレやシャワーも完備されているので、快適なサーフィンを楽しめることは間違いありません。水温も暖かいので冬場でもサーフィンの活動拠点としてもおすすめです。

蚊口浜の基本情報

名称 蚊口浜
住所 宮崎県児湯郡高鍋町蚊口浦
アクセス 高鍋駅から徒歩で10分
駐車場 有り
参考サイト https://www.jalan.net/kankou/spt_45401ca3370051117/

宮崎のサーフィンポイント⑤富田浜

暖かい水温の中で、大きな波を体験したい人におすすめなサーフィンスポットで、宮崎の中でも高い波でサーフィンを楽しみたい人におすすめです。広々としたビーチなので貸し切り感覚を味わえるのも嬉しいポイントとなっています。冬のシーズンにも人気があるポイントともなっています。

富田浜の基本情報

名称 富田浜
住所 宮崎県児湯郡新富町日置
アクセス 日向新富駅から徒歩で20分
駐車場 有り
参考サイト https://www.nami-jouhou.com/miyazaki9/

宮崎のサーフィンポイント宮崎県中央エリア3選!

宮崎県の中央はエリアは、観光スポットが多く、にぎわっているポイントが多くあることが特徴です。水温も暖かく、1年間を通してサーファーが多く集まっています。

宮崎のサーフィンポイント①木崎浜

サーフィンの世界大会である「ISA ワールドサーフィンゲームス」の開催地にもなったビーチで、世界のプロサーファーが波に乗った場所です。「ISA ワールドサーフィンゲームス」だけではなく、大きな大会が年間通して開催されているのも、このビーチの特徴となっています。

特に冬以外のシーズンはよい波が立つので、毎日のようにサーフィンが楽しみやすいメリットを持っています。

木崎浜の基本情報

名称 木崎浜
住所 宮崎県宮崎市大字熊野
アクセス 宮崎空港から車で約15分
駐車場 400台
参考サイト https://www.kanko-miyazaki.jp/
sports/namitabi/surfing/kisakihama.html

宮崎のサーフィンポイント②青島

宮崎の海水浴場で特に賑わいのある青島のビーチは穏やかなうねりが特徴です。そのため、サーフィン体験スクールが開催されたりと初心者向けのビーチとして多くの人に親しまれています。南北2.2㎞にわたって広い海岸が広がっているので、上級者の人も楽しめるポイントがあることも特徴。

他のビーチでは波が荒れているが、青島ビーチでは波が崩れていないということもあるので、通年を通し、サーファーから愛されているポイントとなっています。

青島の基本情報

名称 青島
住所 宮崎県宮崎市青島2丁目233番地
アクセス 青島駅から徒歩で15分
駐車場 近隣に有料駐車場多数あり
参考サイト http://www.gurunet-miyazaki.com/surf/aosima/aosima.htm

宮崎のサーフィンポイント③白浜

青島ビーチに近く、海水浴場としても人気の高いビーチのため、海水浴場の期間中は海水客との距離が近く危険です。サーフィンは海水浴シーズン以外に利用しましょう。近場のサーフポイントが荒れている場合には、1度白浜ビーチの波の状態を見てみることがおすすめ。安定したうねりが入ることもあります。

白浜の基本情報

名称 白浜
住所 宮崎市大字折生迫字白浜
アクセス 青島駅から車で5分
駐車場 有り 300円
参考サイト http://www.gurunet-miyazaki.com/surf/sirahama/sirahama.htm

宮崎のサーフィンポイント宮崎県南エリア4選!

宮崎の中でも南に位置するエリアの紹介です。水温や気候が温暖で年間を通し、地元民から人気の高いサーフィンポイントがあります。確認していきましょう。

宮崎のサーフィンポイント①伊比井

ロケーションがよく、人気があるサーフィンポイントとなっています。水温や波の条件、気候など、サーフィンに快適な条件がそろうと混雑するほどのビーチなので、初心者の人は混雑状況も確認して入ることがおすすめです。

伊比井の基本情報

名称 伊比井
住所 宮崎県日南市大字宮浦
アクセス 伊比井駅から車で15分
駐車場 有り
参考サイト https://www.nami-jouhou.com/miyazaki29/

宮崎のサーフィンポイント②照寿園

「照寿園」はビーチの名前ではなく、ビーチ近くに位置する老人ホームの名前が付けられています。地元民が多いビーチですが、宮崎特有のウェルカムムードがあるのでビーチに入ることが初めての人でも問題ありません。河口があるのでうねりのあるポイントに決まった形があるところがポイントです。

照寿園の基本情報

名称 照寿園
住所 宮崎県日南市風田
アクセス 油津駅から車で約5分
駐車場 有り
参考サイト https://www.surf-life.blue/surf_spot/data/506/

宮崎のサーフィンポイント③大堂津

海水浴場のシーズンには快水浴場エリアが開設されます。そのため、海水浴のエリアではサーフィンはできないため、ルールを守りましょう。とても広いビーチで穏やかな波であることが特徴です。初心者の人もチャレンジしやすいサーフィンポイントとなっています。

大堂津の基本情報

名称 大堂津
住所 宮崎県日南市
アクセス 大堂津駅から徒歩で1分
駐車場 シーズンによって駐車場の場所が変わるため、都度要確認
参考サイト https://www.kanko-miyazaki.jp/sports/
namitabi/surfing/ohdohtsu.html

宮崎のサーフィンポイント④恋ヶ浦

パワフルなうねりが入り、上級者向けのサーフィンポイントが多いところが恋ヶ浦の特徴です。冬も温暖な気候と水温が魅力なため、冬でもサーファーが多く訪れます。特に台風や低気圧が発生しやすい時期には、高い波が期待できます。上級者にとっては貴重なポイントとも言えます。

恋ヶ浦の基本情報

名称 恋ヶ浦
住所 宮崎県串間市大字大納
アクセス 日南市から車で45分
駐車場 無し
参考サイト https://www.kanko-miyazaki.jp/sports/
namitabi/surfing/koigaura.html

サーフィンをする際の注意点は?

サーフィンはスポーツで共通の注意するべきマナーがあります。気持ちよく楽しむためには、まずサーフィンのルールを把握しましょう。また宮崎のサーフィンで体験する前に用意するべき必要な道具についてもご紹介します。

注意点①ワンマンワンウェーブが原則

ワンマンワンウェーブとは、1つの波に1人のみという注意するべき王道のルールです。事故防止のためにこのようなルールが設けられ、世界共通の暗黙なルールとなっています。ただし、左右にに波が割れる場合、1人ずつ乗っても良いというルールもあります。

注意点②進路妨害をしないよう気を付ける

他の人が波に乗ろうとしているのに、「まだ乗っていないから」とテイクオフをすることはNGです。このようなルールは、サーファーの間で注意するべきマナーともなっており、トラブルになる原因になります。

またサーフィンしている人の延長上でパドリングすることは止めましょう。回避するなど邪魔にならないように配慮することが大切です。

注意点③道具はしっかりそろえよう

暖かいシーズンでは、ボードと海パン、ラッシュガード。冬のシーズンはフルのウエットスーツがあると安心です。宮崎はさまざまな波が立つことが特徴で、気圧や風によっても波のコンディションは変化します。

その時の波の状態で現地でマリンスポーツの道具を借りるという過ごし方も宮崎では可能です。道具にもさまざまな種類があるので、まずはレンタルで体験してから考慮するというのも一つの方法!現地の人に相談しながらサーフィン道具をそろえていくと間違いはなさそうです。

宮崎のおすすめポイントでサーフィンを楽しもう!

宮崎はサーファーが移住するほどよい波が立つサーフポイントが多い点が特徴です。穏やかな水温や気候だけではなく、ローカル色が強くないウェルカムな人のあたたかさがあることも特徴と言えます。注意点を踏まえて、世界的な大会が行われるほどの良質な波をぜひ体験してみてください。

おすすめの関連記事

Thumb冬の宮崎旅行へ行くならここへ!外せないおすすめスポット21選!
冬の宮崎旅行へ行く際に、外せないおすすめ観光スポットを21選ご紹介致します。宮崎には、カップ...
Thumb宮崎のおすすめキャンプ場BEST15!人気のコテージや温泉情報も!
宮崎ではペットが同伴できたり、無料で利用できるキャンプ場が多数存在しています。また、バンガロ...
Thumb宮崎空港のおすすめお土産TOP25!ジャンル別に人気商品を徹底解説!
宮崎には美味しいグルメが揃っていて、宮崎を訪れた際にはお菓子や雑貨、お酒のお土産が人気があり...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
小早瀬樹里
国内・国外問わず、旅行が好きです。その土地の歴史やご当地のグルメ・お酒・食器などに注目して旅をしています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ