長沼「ハイジ牧場」で動物とふれあい体験!乗馬や乳搾りなど子供に大人気!

北海道長沼町のハイジ牧場は、多くの動物たちとふれあい乗馬や乳搾りの体験ができる牧場で有名です。元々の食肉部門から飼育展示へ、そして、ふれあい牧場へと変わっていきました。命に触れあうこと、命をいただくこと、大切な教えを、このハイジ牧場で体験してみましょう。

長沼「ハイジ牧場」で動物とふれあい体験!乗馬や乳搾りなど子供に大人気!のイメージ

目次

  1. 1ハイジ牧場とは
  2. 2ハイジ牧場の魅力
  3. 3ハイジ牧場にはキャンプ場もある
  4. 4ハイジ牧場での食事
  5. 5ハイジ牧場の関連情報
  6. 6ハイジ牧場で特別な1日を体験しよう!

ハイジ牧場とは

北海道長沼町にあるハイジ牧場は、元々は本牧場の肉牛部門として凡そ50年前に開設された牧場で、家畜たちの改良や品種保存のために動物たちの飼育展示から始められたのがきっかけで、その後教育、動物たちとのふれあいや体験をするといった目的の牧場に移行していったようです。

わたしたちの貴重なタンパク源になるお肉は、彼ら動物たちの命からいただくもの、そういったことをふれあいや体験を通して知っていくことは、子供たちにとってはもちろん、大人たちにとってもとても重要なことです。

さて、そんな北海道長沼町にあるハイジ牧場とはいったいどんなところなのか、どんな動物たちがいて、どんな体験ができるのか、営業時間など、そういったことをこれからご紹介していきます。

北海道長沼町にある観光牧場

北海道長沼町にあるハイジ牧場は、元々は北海道安平町(あびらちょう)にある金川牧場(乳牛400頭・肉牛50頭を飼育)の肉牛部門の飼育展示から発展して乗馬や乳搾りの体験や動物とのふれあいなどによる観光牧場へ変わっていきました。今では多くの観光客や子供たちが、乗馬や乳搾りの体験や動物とのふれあいに訪れています。

ふれあいや体験ができる牧場として人気

北海道長沼町にあるハイジ牧場は、多くの動物たちにふれあい、乗馬や乳搾りの体験ができると人気で、毎年多くの観光客や子供たちが訪れます。動物たちにふれあい、乗馬や乳搾りの体験を通して、命の大切さを学びながら穏やかで優しい時間を過ごせる牧場です。

さて、そんな大切な教えを学ばせてもらえる北海道長沼町にあるハイジ牧場について、ここからはその魅力、乗馬や乳搾りの体験、動物とのふれあい、営業時間などの詳細をご紹介していきます。

Thumb北海道の牧場ランキングTOP11!酪農体験や絶品牛乳グルメを満喫!
北海道観光で是非行ってほしいおすすめの場所があります。それは牧場です。北海道の雄大な自然の中...

ハイジ牧場の魅力

乗馬や乳搾り、搾りたての乳を使ってのバター作りやアイスクリーム作り、生キャラメル作りの体験、そして、なんといっても小動物たちとの触れ合い、ハイジ牧場には願ったり叶ったりな、貴重で命の大切さを学べる体験ができます。

子供たちにとってはもちろん、大人たちにとっても、命に触れあって、自然に触れあって過ごすことは、とても大きな実りある体験になることでしょう。

さて、ここからはそんなハイジ牧場の魅力をひとつひとつたっぷりとご紹介していきます。乗馬や乳搾りの体験、小動物たちとのふれあい、アイスクリームやバター作り、その営業時間やどういったことをやるのかなどをご紹介していきますね。

魅力①動物体験

北海道長沼町にあるハイジ牧場では、小動物のうさぎやモルモットなどのふれあい体験ができます。また、山羊への哺乳、牛の乳搾りと動物たちとふれあい、その命の鼓動にふれあい、学ぶこと、体験することができます。デリケートな動物たちには優しくふれあいましょう。

年齢制限はありませんが、小さなお子様にはご両親が付き添ってのふれあいになります。また料金は無料になっています。北海道の動物スポットはこちらをチェックして下さい。

牛の乳搾り

北海道長沼町にあるハイジ牧場では、牧場にいる牛たちの乳搾り体験ができます。牛からもらえる恵みを存分に味わえます。その乳から作るバターやアイスクリーム、子どもたち、いえ、大人たちにとっても、命の恵みを実感できる瞬間です。

この体験も年齢制限はありませんが、小さなお子様にはご両親が付き添ってあげてください。乳搾りをするときは優しく心を込めてやってみましょう。こちらも料金は無料になっています。

仔ヤギへの哺乳

ハイジ牧場ではさらに牛たちの乳搾りに続き、子ヤギへの哺乳体験もできます。小さな命たちへ命を注ぐ、そんな素敵な体験もできるのですね。子どもたちにとっては、いえ、大人たちにとっても、素晴らしく貴重な体験になることは間違いないでしょう。

この体験も年齢制限はありませんが、小さなお子様にはご両親が付き添ってあげてください。また、優しく丁寧に哺乳しましょう。こちらも料金は無料になっています。

小動物と直接ふれあい

小さな命に小さな身体、北海道長沼町にあるハイジ牧場では、小動物にふれあい、その小さな命の大切さを学ぶことのできる体験ができます。ぜひ、一度その小さな命の重みを感じてみてください。

この体験も年齢制限はありませんが、小さなお子様にはご両親が付き添ってあげてください。また、小動物の小さな身体は強く握りしめると命を落としかねませんので、優しくふれあいましょう。料金は無料になっています。

乗馬体験も!

ハイジ牧場では、牧場のスタッフが付き添う形での引馬の乗馬体験ができるので、乗馬未経験者でもできます。およそ10分ほど馬との時間を過ごせます。短い時間の中に馬の優しさ、命の尊さを学べるなんて素敵な体験になることでしょう。この体験は年齢制限がありますので、注意が必要です。

馬はデリケートな生き物です。乗馬するときは優しく乗ってあげましょう。料金は、一人乗り4歳から小学生までが500円、中学生から65歳までが1,000円、二人乗りは、3歳児に保護者がついて1,500円になっています。

Thumb北海道の乗馬体験&トレッキングスポット10選!子供にも人気でおすすめ!
乗馬というと一般的に庶民には縁が薄い特別な娯楽だと思いがちですが、誘導してくださる方がいれば...

魅力②手作り体験

ハイジ牧場では、動物とのふれあい、乗馬体験など以外に手作り体験ができるところも魅力の一つです。では、どんな手作り体験ができるのか詳しく見ていきましょう。

羊の毛でフェルトボール作り

北海道長沼町にあるハイジ牧場では、羊毛からフェルトボールを作ります。ネックレスやストラップなどにもなるので、ハイジ牧場に行ったらぜひ体験してお土産にいかがでしょうか?こちらの体験は団体の観光客や幼稚園児の団体に人気の体験だそうです。料金は650円からになっています。

バター作り

さて、続いては、ハイジ牧場の牛から乳搾りをして作るバターです。ハイジ牧場特製レシピ『バターの素』を冷やしたビンに入れてシェイクするだけで完成します。こちらの体験も年齢制限はありませんが、小さなお子様にはご両親の手伝いが必要かもしれません。料金は 1ビン600円になっています。

アイスクリーム作り

嫌いな人はいないのではないかといったアイスクリーム、ここハイジ牧場にもあります。しかも手作り体験ができます。

ハイジ牧場の特製レシピ『アイスクリームの素』をボウルの中で冷やしながらかき混ぜ、お好みの硬さになったら完成です。そしてその場で食べられる、最高の時間を過ごせますね。料金は1セット1,200円になっています。

生キャラメル作り

さて、北海道といえば生キャラメルが有名です。こちらのハイジ牧場でも生キャラメルの手作り体験ができます。ハイジ牧場特製のレシピ『生キャラメルの素』をゆっくりと加熱して作り、出来上がったものを持って帰れます。ここにしかないオリジナルのお土産を作ってみませんか?

こちらの体験は火を使うので、小さいお子様はご両親が付き添って体験することをおすすめします。料金は、24粒で1,300円になっています。

魅力③その他楽しめる体験

ハイジ牧場では、動物とのふれあい体験や手作り体験以外にも楽しめるアクティビティがあります。どういったアクティビティなのか一つ一つ紹介していきますので、楽しんで見ていきましょう。

パークゴルフ

さて、まず一つ目は、子どもから大人まで幅広い世代で楽しめるパークゴルフ、18ホール分の広大な9ホールのゴルフ場を楽しく回ってみませんか?3歳からプレー可能で、料金は道具代金込みの400円になっています。

釣り堀

続いては釣り堀、こちらも子供から大人まで幅広い世代に楽しめるアクティビティですが、小さなお子様はくれぐれも足を滑らせて池に落ちないよう、親御さんと一緒に気を付けながら楽しんでください。こちらの料金は1時間500円になっています。

巨大迷路

ハイジ牧場には知る人ぞ知る「ハイジ砦」というアドベンチャー巨大迷路があります。どんな迷路になっているのか、一度入ってみたいものですね。出られなくならないように気を付けましょう。こちらの料金は、大人が400円、子どもが300円になっています。

凧あげ

ハイジ牧場では、動物とのふれあいに次ぐ、意外や意外で凧あげが人気です。子どもはもちろん、大人も童心に帰って凧あげにはしゃいでみてはいかがでしょうか?凧あげも有料にはなっていますが、詳しい料金はハイジ牧場にお問い合わせください。

アーチェリー・ダーツ

続いては、アーチェリーとダーツのアクティビティです。遠くの的に向かって狙いを定めて矢を放つ、オリンピック選手になった気分を味わってみましょう。こちらの料金は、アーチェリーの矢10本で400円、ダーツの矢12本で200円になっています。

じゃがいも掘り

北海道の広大な大地にじゃがいも、じゃがいもは北海道の広大な大地のあちらこちらで生産されています。そんなじゃがいも堀体験を、このハイジ牧場でも体験できます。

堀ったじゃがいもはそのまま持ち帰るので、ぜひ、とれたてのじゃがいもに触れて、そして新鮮なじゃがいもの味を堪能してみてください。こちらの料金は、一坪1,000円で体験できます。北海道のじゃがいも特集はこちらをチェックして下さい。

アルプス号

ハイジ牧場には、ハイジ牧場内で自由にストレスなく過ごしている放牧された動物たちを見たり、季節を感じながらハイジ牧場の中を進んでいくアルプス号があります。ぜひ、アルプス号に乗って、ハイジ牧場を隅から隅まで堪能してみてください。

アルプス号の乗車料金は、一周:大人が400円、子どもが300円、片道:大人が250円、子どもが200円になっています。

魅力④幸せの鐘

ハイジ牧場の敷地内に教会があってその「鐘を鳴らすと幸せになれる」という口コミが広がって、芸能人やアーティストも訪れているようです。毎年そこには多くの観光客が訪れては幸せの鐘を鳴らして幸せを願っているようです。

Thumb「ニセコ高橋牧場」で必食のグルメとは?北海道の恵みが詰まった商品まとめ!
世界的にも有名な観光地・北海道ニセコの「ニセコ高橋牧場」では、新鮮な牛乳やチーズをつかったソ...

ハイジ牧場にはキャンプ場もある

ハイジ牧場には毎年多くの観光客や家族連れで賑わうキャンプ場があります。そんな人気のキャンプ場についてこれから詳しくご紹介していきます。

車の乗り入れができるサイト

ハイジ牧場のキャンプ場は車で乗り入れることができるキャンプ場になっています。約35区画でサイトは土になっています。車で移動するには最高のキャンプ場になっています。

キャンプ場内の施設

さて、キャンプ場内の施設をご紹介していきます。キャンプ場内の施設にはトイレ、炊事場、売店、自販機、シャワーがついています。また、ハイジ牧場キャンプ場の近くには温泉がありますので、その日の状況によっては温泉を利用するのも良いかもしれません。

キャンプ場の詳細

【名称】 ハイジ牧場 キャンプ場
【住所】 〒069-1459 北海道夕張郡長沼町東9南2番地
【アクセス】 札幌市街から国道274号を夕張方面へ。マオイの丘公園の手前を左折して約3㎞。
【料金】 大人:大人:1250円 1泊2日 1,250円/デイキャンプ 1,050円
子供:子供:750円 1泊2日 750円/デイキャンプ 550円
【開設期間】 4月下旬~11月上旬
【営業時間】 9時~/翌17時
【サイト状況】 若干凹凸のある土/38区画
【備考】 キャンプ料金にハイジ牧場の入場料も含まれている。

ハイジ牧場にも入場可能

キャンプ料金にはハイジ牧場の入場料も含まれているので、ハイジ牧場にも入場が可能です。ぜひ、両方の施設を利用して楽しい時間を過ごしてください。

ハイジ牧場での食事

さて、ハイジ牧場での食事はどうなっているのでしょうか?北海道はジンギスカンが有名ですが、このハイジ牧場ではユニークな電車を改装したレストランも人気になっています。では、営業時間、メニューなどの内容をお伝えしていきます。

喫茶トレイン「クララ号」

ハイジ牧場での食事で人気が高いのがジンギスカンですが、喫茶トレイン「クララ号」も負けていません。鉄道車両を改装した店内で旅をしながらの食事が楽しめます。ピザやスープセット、ソーセージの盛り合わせなどが人気です。ほかにも牧場ならではのソフトクリームも人気を博しています。

喫茶トレイン「クララ号」営業時間は4月中旬~11月上旬の9:00~16:00で、期間中無休になっています。

土日祝だけ営業の「ジンギスカン東屋」

続いては、土日祝だけ営業の「ジンギスカン東屋」です。北海道といえばジンギスカンです。お肉がヘルシーで人気だと全国から訪れる人が絶えない「ジンギスカン東屋」、ただ、土日祝だけしか営業していないので、訪れる時は注意が必要です。営業時間は10:30からになっています。

「ジンギスカン東屋」の詳細

【名称】 ジンギスカン東屋
【住所】 〒069-1459 北海道夕張郡長沼町東9南2番地
【アクセス】 【電車】
JR千歳線 北広島駅からバスで約25分「長沼温泉」下車、車で約5分
【車】
道東自動車道 千歳東ICから約13km
新千歳空港から車で約30分
【料金】 入場料:大人(中学生以上)900円、小人(3歳~小学生)500円
※団体料金あり
【営業時間】 営業期間:4月上旬~11月上旬
営業時間:10時~17時
【公式HP】 https://www.bbqgo.jp/spot/id=437
【備考】 人数10名以上は要予約

ハイジ牧場の関連情報

さて、ここからはハイジ牧場へ行くためのアクセスやその関連情報をお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてください。

ハイジ牧場へのアクセス

さて、ハイジ牧場へはどのような方法で行ったらよいでしょうか?その詳細をお伝えしていきますね。車で行く場合、電車で行く場合、駐車場情報などを詳しくお伝えしていきます。

電車で行く

ハイジ牧場へ電車で行く場合ですが、JR千歳線 北広島駅からバスで約25分「長沼温泉」下車でそこから車で5分のところにあります。

車で行く

ハイジ牧場へ車で行く場合ですが、道東自動車道 千歳東ICから約13km、新千歳空港から車で約30分のところにあります。参考にしてください。

駐車場情報

ハイジ牧場には車が300台おける駐車場があり、料金は無料になっています。車で来る場合はぜひこちらをご利用ください。

ハイジ牧場の基本情報

【名称】 ハイジ牧場
【住所】 〒069-1459 北海道夕張郡長沼町東2番地
【アクセス】 札幌駅からバスで80分
【料金】 大人:800円
子供:400円
【営業時間】 営業時間:4月12日~8月31日10:00~18:00
9月1日~11月3日10:00~17:00 ※天候等、状況によっては変更の場合あり
休業:4/12~11/3は無休
【公式HP】 https://www.heidi-farm.com/pages/2333006/profile
【備考】 予約などについてはお得なクーポンなどが使えます。

お得なクーポンを利用しよう

ハイジ牧場のホームページにWEB得クーポンがついています。中学生以上が100円お得になっており、中学生以下が50円お得になっています。お得なクーポン券を使ってハイジ牧場を上手く利用しましょう。

ハイジ牧場で特別な1日を体験しよう!

さて、いかがでしたでしょうか?動物たちとふれあえるハイジ牧場、動物たちにふれあい、その命の鼓動を感じて、そして、何かを感じ取ってもらえたら、とても素敵な体験になるでしょう。ぜひ、ハイジ牧場へ行ってみてください。そして命の温かさを感じてみてください。

おすすめの関連記事

Thumb長沼「ハーベスト」は人気のファームレストラン!採れたて野菜が絶品!
長沼ファームレストラン・ハーベストでは自家農園産の野菜料理や自家栽培りんごを惜しみなく使って...
Thumb【決定版】岩見沢のおすすめ観光スポット21選!人気の名所から穴場まで!
岩見沢には有名な観光スポットや、魅力あるもの、場所が多くあります。興味が無かったとしても行っ...
Thumb「牛小屋のアイス」の搾りたてミルクのソフトが絶品!牧場直営の人気店!
牛小屋のアイスは北海道・由仁町にある大人気の行列のできるアイスクリーム店です。個性的な店主や...
Thumb「八千代牧場」で食の体験やまつりを満喫!手作りソーセージやハムが絶品!
八千代牧場はの十勝幌尻岳の裾野に広がる自然豊かな牧場。八千代牧場まつりでの乗馬や小動物との触...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
田中さちこ
わたしが書いたコラムをお読みいただき、ありがとうございます。 ライティングのかたわら、虐待を受けたりした悲惨...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ