「バゴーン」は東北&信越限定のカップ焼きそば!人気の理由や値段は?

東北限定のご当地商品「バゴーン」について紹介します。バゴーンは東北限定で販売されているカップ焼きそばとして非常に人気があります。バゴーンの種類や値段、またカロリーに注目しましょう。また、東京などのコンビニ限定で販売されるという情報も要チェックです。

「バゴーン」は東北&信越限定のカップ焼きそば!人気の理由や値段は?のイメージ

目次

  1. 1東北限定のご当地商品「バゴーン」
  2. 2「バゴーン」が東北で大人気の理由
  3. 3「バゴーン」の種類・値段やカロリー
  4. 4「バゴーン」のおすすめアレンジ
  5. 5「バゴーン」の目撃情報や購入方法
  6. 6東北の人気カップ焼きそば「バゴーン」

東北限定のご当地商品「バゴーン」

日本には様々なご当地グルメが存在しますが、インスタント食品やお菓子などもその一つです。現在はそういったご当地グルメもネット通販で購入しやすくなっています。また、一部の商品はご当地以外でもイベントやコンビニ商品として楽しめるようになりました。

そういったご当地商品の中で東北限定のインスタント焼きそば「バゴーン」について紹介します。特徴的な商品名ですが、バゴーンの値段や種類、またやきそば弁当などとの関連性についても解説しましょう。

東北限定販売のカップ焼きそば

バゴーンは正式には「焼そばバゴォーン(焼そばBAGOOOON)」という商品名です。東洋水産が東北地方や信越地方で販売しているカップ焼きそばとなっています。商品が販売されたのは1979年で、1981年から中華スープが添付されるようになりました。

2011年からスープが三陸産わかめスープに変更されており、様々な種類のバゴーンが販売されています。似た商品に、同じ東洋水産が販売している「やきそば弁当」がありますが、こちらは北海道限定となっており、どちらも人気商品として扱われています。

Thumb東北へ旅行したら絶対食べたい名物グルメ12選!ご当地料理を堪能!
東北には絶品のグルメがたくさんあります。B級グルメや郷土料理からワンランク上の高級食材を使っ...

「バゴーン」が東北で大人気の理由

バゴーンは東北限定で販売されており、やきそば弁当などと同じくご当地商品として人気です。様々な種類があり、値段やカロリーなども異なっています。お得なスープ付きということもあり、限定的に東京のコンビニなどでも販売されていました。バゴーンが人気な理由について解説します。

人気の理由①わかめスープ付き!

やきそば弁当同様にバゴーンにはスープがついています。バゴーンの場合は三陸産わかめスープが付いていて、本来なら捨てるはずのお湯をスープ用に再利用して作るのです。バゴーンを食べながらもう一品欲しいという人に人気であり、旨みたっぷりのわかめスープは相性が良いといえるでしょう。

こういったカップ焼きそばを作るために使用したお湯を、再利用する商品は珍しいです。最近では「チキンラーメン」の「汁なしピリ辛坦々ごまラー油」でも、使ったお湯によるスープが楽しめるようになりました。各社のやきそばとスープというのは重要な関係といえます。

人気の理由②大きめの具材

バゴーンは種類によって値段やカロリーが多少異なりますが、重要なポイントとして具材が大きく食べごたえがあるという点です。通常のやきそばバゴーンではザク切りキャベツが入っており、弾力なる面とキャベツの食感がベストマッチです。

この大きめの具材はインスタント食品のどこか物足りない、という気持ちを解消してくれる商品となっており人気の理由といえるでしょう。東京などのコンビニで限定販売されたときもボリュームのある食べごたえが話題となったようです。

人気の理由③のど越しの良い麺

東洋水産はマルちゃんブランドを販売しており、そのモチモチとしてのどごしの良い麺が評価されています。勢いよくバゴーンをかきこむ感覚はたまらないといえるでしょう。また、弾力のある麺は満腹感にも繋がります。

バゴーンが販売されている地域以外では、同じ東洋水産が別の商品を販売しています。「昔ながらのソース焼きそば」が近い商品といえます。のど越しの良い麺を使用しており、こちらの商品が好きな人はバゴーンも気に入るかもしれません。

人気の理由④様々な味が販売!

東京のコンビニなどで限定発売されたこともあるバゴーンですが、様々な種類が販売されています。それぞれ値段やカロリーなどは異なりますが、どれも人気商品として販売されています。メインは「焼きそばバゴーン」、「焼きそばバゴーン お好みソース味」、「焼きそばバゴーン 塩バター風味」となっています。

時々コンビニ限定商品なども販売されるようですが、それぞれ値段も高すぎず、良い意味でカロリーのある商品となっちえます。また、それぞれのスープの風味も変わってくるので種類ごとのバゴーンの味わいを楽しみましょう。

人気の理由⑤ご当地限定のプレミア感

ご当地商品が人気という理由には、その場所でしか買えないというプレミア感が関係しています。バゴーンも期間限定でコンビニなどで購入することができますが、あくまで東北地方限定で販売されている商品です。たかがカップ焼きそば、されどカップ焼きそばという気持ちが反映されているのでしょう。

わざわざネットなどで取り寄せてバゴーンを購入する人や、東京などでもコンビニ限定で販売されるものを買い占める人もいます。バゴーンの値段やカロリーをチェックしながら、そういったプレミア感もチェックしていきましょう。

Thumb宮城の名物グルメランキングTOP27!人気の海鮮料理やお菓子まで!
観光地巡り、温泉で疲れを癒やす、体験をするなど旅の楽しみ方はさまざまありますが、旅先の名産品...

「バゴーン」の種類・値段やカロリー

バゴーンの基本商品の種類や値段、そしてカロリーについて紹介します。カップ焼きそばは比較的高カロリーになりやすい商品ですが、そういった点も含まてカロリーをチェックしてみましょう。また、コンビニなどで限定で販売される期間限定バゴーンも要チェックです。

味の種類①焼きそばバゴーン(オリジナル)

1979年に販売され約40年ほどの歴史を持つのが、オリジナルの「焼きそばバゴーン」です。現在のバゴーンの味は1985年頃に作られたレシピから基本的に変更されていません。麺の質量やトッピングなどを試行錯誤し、現在も東北地方限定の人気商品として販売されています。

2020年に初めてのリニューアルとして、トッピングにからしマヨネーズが添付されました。焼きそばバゴーンの値段は税抜180円でカロリーは558カロリーとなっています。ちなみに、定番のカップ焼きそばである「U.F.O」はカロリーが556カロリーとなっています。

味の種類②お好みソース味

甘みの強いバゴーンとして「焼きそばバゴーン お好みソース味」が販売されています。もともとのなめらかで弾力のある麺に、甘みとスパイスのバランスが良いお好みソースが採用されています。こちらにはからしマヨネーズが当初から添付されていました。

焼きそばバゴーンのお好みソース味は値が税抜193円、カロリーが575カロリーとなっています。通常のバゴーンよりも甘みや旨味が強いものとなっており、ご飯などと合わせて食べる関西風の食べ方がおすすめです。

味の種類③塩バター風味

バターの風味が食欲をそそるのが「焼きそばバゴーン 塩バター風味」です。バターのまろやかさとさっぱりした塩味が食べやすいバゴーンとなっています。わかめスープとの相性もよく、同じバゴーンの中でもまた違った味わいを楽しめるでしょう。

バゴーンの塩バター風味の値段は税抜193円でカロリーは527カロリーとなっています。定番のバゴーンの中では一番カロリーが控えめになっており、重いと感じやすいカップ焼きそばの中でも食べやすい種類といえるでしょう。

味の種類④旨辛坦々麺

東北地方限定で販売されているバゴーンですが、2018年に販売されたのが「焼きそばバゴーン 旨辛坦々麺」です。近年はテレビ番組でも辛い料理が取り上げられることが多いですが、バゴーンはちょうど良い辛さがやみつきになります。

バゴーン旨辛坦々麺は値段が税抜180円でカロリーが534カロリーです。東北地方限定ということもあり、なかなかバゴーン好きでも食べられる機会を得られなかった人が多かったのだとか。東北に住む友人に送ってもらったという話もあり、プレミア感のある商品といえます。

不定期で新作を発売!

バゴーンは不定期で新作を販売しています。過去にはバゴーンの大盛りタイプや少量タイプも販売されていました。近年では「バゴーン えび塩味」、「バゴーン 辛口」、「バゴーン 四川風麻婆味」など、やや辛口系が多く開発されているようです。

また、過去にはチリトマト味やナポリタン味、焼きうどんなどユニークなものが販売されていました。手頃な値段で様々なバゴーンが販売されているので、公式サイトなどをチェックするのをおすすめします。

Thumb仙台のB級グルメランキングBEST26!名物&郷土料理が旨いお店へ!
宮城県仙台と言えば新幹線のアクセスも良く全国世界から多くの観光客が訪れる街で有名ですが、仙台...

「バゴーン」のおすすめアレンジ

デフォルトでも美味しいバゴーンですが、ひと手間加えるアレンジレシピがおすすめです。あまり手の混んだアレンジレシピよりも、ちょい足しが人気といえます。定番のマヨネーズを始め、昔からの人気のアレンジレシピを試してみましょう。

アレンジ①温泉卵

まろやかさを生み出すために温泉卵を入れるのがおすすめです。熱々のバゴーンに温泉卵を足すことで、新しい触感とコクを生み出すことができるでしょう。ゆで卵などと一緒に食べるという方法も満腹感をアップさせるのでおすすめです。

ちょっとしたアレンジが新しい発見に繋がりますし、ボリュームをアップさせることになります。また、カップ焼きそばは栄養が偏るという人も、卵などを追加したりして栄養を補うのも良いでしょう。

アレンジ②天かす

丸亀製麺などのうどんなどに天かすを足す人も多いでしょう。バゴーンに天かすや揚げ玉を追加するというレシピもあります。味に深みや食感を足すことが出来る点や手軽にボリュームアップさせることができるのです。食感を損なわないために、適宜追加させるのがおすすめといえます。

アレンジ③マヨネーズ

現在のバゴーンにはからしマヨネーズが添付されていますが、以前からマヨネーズなどを足すのが定番のアレンジでした。そもそも焼きそばとマヨネーズの相性が良いこともあり、バゴーンにもぴったりのアレンジだといえるでしょう。

他のカップ焼きそばにもマヨネーズ系は付いてきますが、少し量が足りないと感じる人も多いのだとか。それだけにお手軽なアレンジとして、バゴーンにマヨネーズを足す人も多いようです。

アレンジ④チーズ

アレンジレシピにおける万能アイテムといえばチーズです。チーズにも様々な種類があり、自分のお気に入りのものを追加すると良いでしょう。バゴーンのようなカップ焼きそばにおいても、チーズ味が販売されることが多々あります。

バゴーンにチーズを足すことでまろやかなコクを生み出し、ボリューム感をアップさせることができます。どの種類のバゴーンにも合うので手軽にできるアレンジレシピといえるでしょう。

「バゴーン」の目撃情報や購入方法

バゴーンが気になって購入したい人も多いでしょう。バゴーンは発売当初は全国展開されていたカップ焼きそばでした。しかし、結果的には東北・信越地方以外では売上が伸びなかったそうです。しかし、地方限定商品として人気になったことで、皮肉にも全国の人が求めるようになったのです。

現在も東北地方限定であることは変わりありませんが、購入する手段が無いわけではありません。バゴーンを東北地方以外でも購入する方法を紹介します。また、同じように地方限定として人気のカップ焼きそば「焼きそば弁当」もチェックしましょう。

東京のコンビニで販売されていた事も...

一時期はコンビニ商品として東京などでも販売されていたことがあるようです。ただし、東京を始めとしてコンビニは期間限定で商品が入れ替わることが多く、いつでも販売されているというわけではありません。

現在は通販サイトで購入可能!

バゴーンを購入する方法として、最もおすすめなのはコンビニよりも通販サイトです。Amazonや楽天市場など、多くのネット通販でバゴーンは販売されています。もちろん、店頭で購入する場合と比較すると割高であったり送料が高いことがあるでしょう。

しかし、通販サイトの中では合計1万円になると送料が無料になるなど、それぞれでお得に購入出来る方法が用意されています。カップ焼きそばが大好きという人や、周りの友人達とバゴーンを楽しみたいという人は通販サイトで購入しましょう。

アンテナショップで購入可能?

東京には様々なアンテナショップがあります。アンテナショップというのは、地方の商品を扱う専門店をイメージしましょう。つまり、北海道や青森などの商品を専門に扱うお店があるのです。東京の場合は飯田橋近くの青森県のアンテナショップでバゴーンが販売されていたという情報があります。

バゴーンや同じく地方限定のやきそば弁当など、東京でも手に入らない地方限定商品は多いです。百貨店のイベントや旅行に行ったときは、バゴーンややきそば弁当のような地方限定商品をお土産にしてみましょう。

北海道では「やきそば弁当」が人気

バゴーンと同じく地方限定商品で人気なのが北海道限定の「やきそば弁当」です。こちらも同じ東洋水産が販売しており、販売地域が異なるという点が挙げられます。バゴーンと比較してやきそば弁当は、ソースが多いという特徴があるのです。

やきそば弁当にはバゴーンと同じく、スープが付いており、こちらは中華スープ系になっています。北海道で人気なのは、東洋水産が魚類の加工製造に携わっており、シェアの獲得が早かったことが関係しているのだとか。バゴーンと比較するとやきそば弁当は手に入れやすいと言われています。

東北の人気カップ焼きそば「バゴーン」

東北地方限定の人気カップ焼きそばバゴーンについて紹介しました。カップ焼きそばなんてどれも同じ、と考えている人はぜひバゴーンを試してみましょう。東北地方の人気のカップ焼きそばであり、他の地方の人も通販で購入するほどの商品です。

東京やコンビニなどで見かけることがあればぜひ試してみましょう。バゴーンのもちもちとした食感やおまけのスープは病みつきになります。バゴーンを始めとした地方限定商品をどんどん試してみましょう!

おすすめの関連記事

Thumb東北の道の駅ランキングTOP16!温泉やグルメ・車中泊にもおすすめ!
東北にはグルメや温泉、観光などにおすすめな道の駅が多数存在しています。東北で有名な道の駅だけ...
Thumb仙台駅のおすすめ駅弁ランキングTOP15!名物の牛タンや豪華な弁当が!
名物料理や郷土料理が豊富な宮城県仙台市。JR仙台駅では、美味しい料理や名物が駅弁になって販売...
Thumb「かつせい」のとんかつは東北一!ミシュランにも載った名店のメニューとは?
仙台にある老舗とんかつ店かつせい。かつてミシュランガイドに掲載されたことがあり、仙台で知らな...
Thumb「東北エモーション」で食と絶景の贅沢な列車旅へ!料金や予約方法は?
走るレストラン「東北エモーション」。予約のとれない人気の列車では、ランチコースやデザートビュ...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
浅倉恭介
動物や料理、カメラやギターが好きです。カメラを持ち歩いて各地を旅行しています。コンビニの新商品を定期的にチェックし...

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ