北海道ドライブにおける運転の注意点は?初心者は危険?その理由は?

北海道ドライブにおける注意点や、秘訣などを紹介します。北海道のドライブは、初心者の方などは不安だと思いますがこれを参考にしていただければと思います。運転初心者の方には特に見てほしい内容をご紹介しています。思い出に残る旅行にするために運転には注意をしましょう。

北海道ドライブにおける運転の注意点は?初心者は危険?その理由は?のイメージ

目次

  1. 1ドライブ前に必読!北海道の道の特徴
  2. 2初心者必見!北海道ドライブの秘訣
  3. 3北海道初心者の為の長距離ドライブの注意点
  4. 4北海道民ドライバーは運転が荒くて怖い!?
  5. 5北海道に起こる現象&対処法
  6. 6雪道の安全ドライブの為の事前準備
  7. 7北海道のドライブ前にしっかり事前準備!

ドライブ前に必読!北海道の道の特徴

北海道に旅行に行こうと考えている皆さん。北海道では車で移動したり、車でのドライブを楽しもうと思う方もいらっしゃると思います。そこで北海道の旅行をお楽しみいただけるために、北海道の車でのドライブの際に気をつけていただきたい点や注意点などを、知っておいて損はない情報をご紹介していきます。

特徴①信号機は縦型が多い

北海道や雪が多く降る地域では縦型信号が多いです。だから、北海道はほぼ全域が縦型信号が用いられてます。なぜ、縦型信号が雪国で多く用いられているでしょう?雪が信号に積もりにくくなるようにするためですまた、交通事故防止のためにも北海道などの雪国では多く用いられるようです。

とはいっても、見慣れてない人からしたら、見にくく、怖いようです。なので、北海道に車で移動したり、ドライブしたりする際は信号をよく見て安全運転をしましょう。

特徴②北海道特有の看板がある!

上の標識をみたことはありますか?この標識は正式名称「矢羽根付きポール」です。ご存知でしたか??北海道では激しい積雪や吹雪などにより、走行道路の路肩などが見えにくくなってしまうのでこの標識が設置されてるとのことです。

北海道のドライブの際に、この標識を見たら路肩に注意して、交通マナーを守り安全に気を配って、注意しながら、車を運転しましょう。

特徴③道幅が広い

北海道の道幅が広い。みなさんは北海道の道幅が広い理由を知っていますか?北海道の道幅が広い理由はというと、雪がものすごく積もります。そこで道路や道、家の上には雪がつもり、除雪作業をします。

除雪作業をした際に積もった雪が路肩にあっても車が走りやすいように道路の道幅が広くしてあるようです。冬のドライブの際には注意して車の安全運転をしましょう。また、初心者の方などは、注意してK流馬を運転するようにしましょう。

特徴④北海道間の移動には時間を要する

北海道は広大な敷地であることは周知の事実ですが、考えている以上に北海道間の移動が長いです。やはり、せっかくの北海道旅行だからといって行きたいところはたくさんあると思いますが、だからといって初心者の方は特にハードなドライブプランニングをしてしまいがちです。

しかし、北海道は車で移動しても移動時間が長いので、そのことを念頭においた上で北海道旅行のプランニングをし、時間に余裕を持たせながら旅行を楽しみましょう。初心者の方は特に、ガソリンもこまめに注意して運転をしましょう。

Thumb北海道の圧巻の絶景は全てここに!おすすめドライブスポット50選!
北海道のおすすめ人気ドライブコース・スポットを特集します。北海道内にはドライブに最適なコース...

初心者必見!北海道ドライブの秘訣

今回は、北海道旅行で車での移動やドライブをプランニングしていて、運転に不安な方や運転初心の方に、必見の北海道ドライブの秘訣をご紹介していきます。これを知っておけば、あなたの北海道旅行は有意義で充実した旅行となるでしょう。

また、冬の北海道のドライブは危険も潜んでいるので、初心者の方は特に注意して運転するようにしましょう。そして、運転初心者の方は人の命を預かっている身なので、ドライブに緊張すると思いますが、周りをよく見て注意しながら運転するように心がけましょう。

初心者運転の秘訣①10月〜春先まで「スタッドレス」を!

はじめに、北海道の運転初心者の皆さんにご紹介するのは、「スタッドレスタイヤ」の使用という秘訣です。みなさんもご存知のように、冬に車を運転する際に、積雪時は「スタッドレスタイヤ」を利用すると思います。

もし、北海道旅行のドライブで積雪した際にも「スタッドレスタイヤ」を使用すると思いますが、積雪してないからといって油断は禁物です。積雪していなくても、山頂などは積雪している場合もありますので、10月〜春先は「スタッドレスタイヤ」を必ず使用して、万が一に備えておくことが秘訣です。

また、「スタッドレスタイヤ」は劣化しやすいので、車の運転をする事前に劣化していないかなど確かめておくことも自分の身を守るためにも必要なこととなります。また、冬の北海道のドライブをする際に初心者の方は特に注意して運転するようにしましょう。

初心者運転の秘訣②急な発進・停車は禁物

次に、北海道の運転初心者にご紹介するのは、北海道を車で移動する際に急な発進や急な停車はしないようにするという秘訣です。積雪時は、ブレーキをかけてからの制動距離が通常に比べ伸びることになるので、急な停車は事故の原因ともなります。車を運転する際は、きちんと周りを確認してゆっくりと発進や停車をするようにしましょう。


運転初心者の方もなれない運転で怖いと思うかもしれませんが、焦って荒い運転にならず、その時こそ落ち着いてゆっくりと運転しましょう。また、急な発進・停車はしないように安全運転で注意しながらドライブをしましょう。

初心者運転の秘訣③余裕を持ったルートで観光を

北海道を車でのドライブや観光をする際には余裕を持ったルートで下調べをしっかりとしてから、行きましょう。北海道は広い敷地が広がっているため観光地などは意外と遠くて時間をロスしていまったりすることもあります。また、冬では突然の積雪などもあり、時間に余裕を持ったプランニングをしたほうがより充実して北海道観光を楽しむ秘訣です。

より充実した北海道旅行のために、初心者の方は特に北海道は広いので行きたい場所などの距離感などをつかんでおいて、ルートなども決めておいたほうが時間のロスも少ないので、しっかりと下調べなどをしてからドライブすることをおすすめします。

1日の走行距離は200kmまでに

北海道旅行で車を利用しようと考えている方もいらっしゃると思いますが、1日の走行距離は200kmまでにして北海道旅行のプランニングをしましょう。北海道は広いからといって、ハードなプランニングをたててしまうと、初心者の方は特に、車の運転が荒くなったりと運転の疲れなどで事故の原因ともなります。

せっかくの旅行ですから、思い切り楽しむためにも、北海道旅行のドライブをプランニングする際は1日の走行距離は200kmまでにと決めて計画をたてることも秘訣です。そして、初心者は特にドライブの際は、運転に注意しましょう。

初心者運転の秘訣④マナーの悪い車に張り合わない

北海道は運転のマナーが悪い都道府県6位【Jタウンネット調べ】に選ばれるほど、車の運転のマナーが悪く、荒いといわれています。だから、ウインカーを出さないで車線変更や急な停止やスピードの超過などの運転が荒く、事故が多発しています。だからといって運転の荒い方やマナーが悪い方と競いあうなどしないようにしましょう。

せっかくの北海道旅行だからこそ、マナーを守り、安全運転で、北海道旅行を楽しみましょう。また、特にペーパーの方などは慣れない地での運転に不安なところも多少あると思いますが、周りをよく見て、注意して、交通のマナーを守り、安全対策をしっかりとして、事故にあわないようにしましょう。

初心者運転の秘訣⑤初心者は車泊よりも宿で休息を

北海道は敷地が広いため、運転する時間も普段より長くなります。疲れをとるためにも車中泊よりもホテルや旅館に泊まりましょう。また、ペーパードライバーの方ほど運転に慣れていない分、疲れもたまりやすくなりますので、ホテルや旅館に泊まって、疲れを取りましょう。

また、冬の夜などは寒いので体調なども壊しやすくなります。初心者の方は特に、そういう時こそ、旅館などの温泉で疲れを取り、次の日の観光に備えてホテルや旅館に泊まることをおすすめいたします。そして、次の日のドライブも楽しみましょう。

Thumb「サロベツ原野」はドライブの名所!展望台の絶景や野花と野鳥を満喫!
1万年前のサロベツ原野は海とつながっていた湖でした。そんなロマンあふれるサロベツ原野、そこに...

北海道初心者の為の長距離ドライブの注意点

ここでは北海道初心者のための長距離ドライブの際に注意するべき点をご紹介いたします。初めての北海道での運転は「怖い」や「不安」と思っている方などもいると思いますが、その際に注意していただきたい点などをご紹介できればと思います。

慣れない地での運転こそ怖いと思いますが、交通マナーを守り、安全運転で初めての北海道旅行を有意義のあるものとしていただければいいなと思います。また、初心者の方は特に、ドライブの時はしっかりと注意しましょう。

注意点①峠の道路情報は事前に把握を!

北海道の車でのドライブの際に必ず峠などの道路情報を調べておきましょう。上りの峠は危険ではないのですが、高みに上るほど、気温も下がり、道路も滑りやすくなっています。なので、事前に峠の道路情報を調べておくことが必要です。

特に注意していただきたいのは、下りの峠です。下りの峠では滑りやすくブレーキもきかないことがあるので多重衝突の事故が多発しています。下りでは自然とスピードも出てしまうし、カーブも多く、また、ブレーキをすることが多くなるので、道路との摩擦で滑りやすくなります。

なので下りの峠では十分に注意して車間距離も広めにとり、注意しながら、安全運転をしましょう。また、積雪時に車の運転がペーパーの方などが、峠などを下る際などは、特に気を張って運転することをおすすめします。

ペーパーロック現象にも注意

みなさん、車の自動車学校で習っていると思いますが、ペーパーロック現象を覚えていますか?「ペーパーロック現象」とは、液体が加熱され、生じた泡により液体の流動や圧力の伝達が阻害されることです。いわれてもピンとこないですよね。簡単に言うと、フットブレーキの利きが悪くなり、ブレーキが利かなることです。

フットブレーキが利かなくなったら怖いですよね。そのためにも現象が起きないように、気を付けることも大事です。積雪時などの車での下山などの際に起こりやすい現象なので、初心者の方や初心者ではない方も十分に注意して運転しましょう。

注意点②余裕を持って給油!

出典: https://pixabay.com/photos/petrol-gasoline-diesel-gas-996617/

北海道旅行で車を利用するときに十分に注意してほしいのは、ガソリンをこまめに給湯することです。何度も述べている通り、北海道は敷地が広いです。なので、ガソリンスタンドまで遠い時などがありますので、こまめに給湯しておくことをおすすめします。敷地が広い分、走行距離も長いので、ガソリンもその分減ります。

ガソリンがなくなることがないようにするため、ガソリンをこまめに給湯しておきましょう。そして、ドライブを楽しむために、初心者の方などは特に、安全に注意して、楽しむようにしましょう。

注意点③長距離の運転は適度な休憩を

北海道旅行で、車でのドライブとなると、北海道は広いため、運転時間が長くなってしまうので、疲れやすくなり、注意が散漫になったりします。注意が散漫になってしまうと、運転が荒くなったりして、事故の誘因ともなりますので、北海道旅行の際に、長距離運転したならば、必ず、休憩してください。

できれば、2時間に1度の休憩のペースでとることをおすすめします。また、初心者の方などは特に疲れやすいので、怖い思いをしないためにも「疲れたな」と思ったら、できるだけ休憩をとりましょう。そして、安全に注意してドライブするようにしましょう。

長距離ドライブの際の便利グッズ!

北海道は敷地が広いため、長距離での運転になります。北海道旅行での車の移動も快適にするための快適グッズをご紹介いたします。

北海道のドライブの際には、寒いので必ず防寒具を持っていきましょう。また、初心者の方は特にお尻が痛くならないように、クッションなどを持っていくことをおすすめします。そして、安全に注意してドライブを楽しみましょう。

Thumb札幌から知床への移動手段まとめ!各方法の所要時間&費用を徹底比較!
札幌と知床はどのくらい距離が離れているかご存知でしょうか。札幌にいても知床には気軽に行けない...

北海道民ドライバーは運転が荒くて怖い!?

みなさんは、北海道民ドライバーは運転が荒いと聞いたことがありますか?北海道は運転のマナーが悪い都道府県6位【Jタウンネット調べ】に選ばれるほど、運転が荒かったり、マナーが悪いです。

初めての北海道旅行で皆さんも怖い思いをしないように北海道の運転のマナーが悪いや荒いといわれる点をご紹介しますので、北海道旅行で車を運転する際やドライブをする際はこのような点に注意して運転しましょう。

ペーパードライバーやレンタカーは煽られやすい

北海道旅行で車を利用した際に、よく初心者マークを付けているペーパーの車や、レンタカーがよく煽られるそうです。もし、煽られて怖いと思っても、無理な運転はせず、安全に車を運転しましょう。また、煽られた際は車を路肩などに止め、道を譲りましょう。

初心者の方は特に、煽られやすいので、安全に注意して安全運転でドライブを楽しみましょう。くれぐれも煽り返したりしないようにしましょう。

ウィンカーを出さない車も

北海道はウインカーを出さずに荒い運転をする車が多いようです。だからといって、みなさんも、初心者の方は特にウインカーを出さなくていいというわけではなくて、右折時や、左折時、車線変更の際などには必ずウインカーを出しましょう。

また、「もしかすると曲がるかもしれない」「もしかすると、車線変更で横の車がこの車線に入ってくるかもしれない」など、初心者の方などは特に、もしものことを考え、危機感を持って、安全運転するようにしましょう。

地元道路の暗黙のルールがある場所も

北海道の道路では、北海道の暗黙のルールがあるようです。その暗黙のルールをここで紹介していきます。まず一つ目は、優柔不断の車が多いため、2車線の道路でも中央線を走っている車もいるようです。そのような車はウインカーを出さずに曲がったりするので、前のそのような車がいたら車間距離をとって運転しましょう。

次に2つ目は、北海道の道路の幅は広いため、1車線の道路でも2台の車が走っていることもあるそうです。このように、暗黙のルールがあるので、北海道でドライブをする際には、怖い思いをしないように、交通ルールを守り楽しい北海道旅行にしましょう。

北海道に起こる現象&対処法

ここでは、北海道など雪国などで起こる現象などを紹介していきます。初めての北海道旅行で不安に思っている方などは、初心者の方などには、ご覧いただいてご参考にしていただければと思います。

現象①ブラックアイスバーン

みなさんは、「ブラックアイスバーン」を知っていますか?雪国の方ならわかると思いますが、大体の方は、わからない方だと思いますので、ここで紹介します。

通常のアイスバーンは、雪が積もって凍っている道路のことで路面凍結とも言いますが、ブラックアイスバーンとは、通常よりも危険なもので、道路に薄い氷の膜が張った状態のことをいいます。このブラックアイスバーンは、一見、雨が降った後のように道路が濡れているように見えますが、凍っています。

対処法としては、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンをつけて走行することと、ブラックアイスバーンができてそうな場所は、荒い運転などは一切せずに最大限に注意を払い、徐行運転することをお勧めします。これらを気をつければ、怖い思いはしないと思います。

現象②ホワイトアウト

次に紹介するのが、「ホワイトアウト」です。このホワイトアウトとは、暴風と雪によって、視界が白一色となり、方向や距離感などが識別不能となることです。このホワイトアウトはとても危険で、ホワイトアウトによっての事故などは多発してるようです。

ホワイトアウトに遭遇した際は、くれぐれも荒い運転などをせずに、安全な位置に車を停車し、ハザードランプを点灯させることです。

現象③十勝型事故(田園型事故)

「十勝型事故」とは、別名「田園型事故」、「コリジョンコース現象」とも呼ばれる事故で、この事故は、田園地帯の交わる信号のない交差点で衝突する事故です。この現象は、交差点に向かっている車が同じ速度で走っていると止まっているように見える現象です。

対処法としては、交差点付近では荒い運転などをせずに徐行をし、周りをよく見て走ることです。また、道を譲りあったりして、事故を誘発する原因を減らしましょう。そして安全で思い出に残る北海道旅行にしましょう。

現象④除雪した雪の影には要注意

みなさんは、積雪時に車を運転する際、除雪してあったら安全だとか思っていますか?それは間違いです。特に、除雪した道路を車で通る際などは、十分に注意して徐行することをおすすめします。なぜなら、徐行した雪の後ろなどから、人や車がいきなり飛び出てくる可能性があるからです。

思い出に残る北海道旅行にするために、車を運転する際は、荒い運転などは一切せず、安全に十分に注意をしましょう。

現象⑤轍に沿った走行を!

次に怖い思いをしないためにも注意してほしい点は、轍に沿った走行をするようにしましょう。轍が道にあるということは、車が通った後ということなので、轍に沿った走行をしましょう。しかし、轍ができているからと言って、油断は禁物です。轍に沿った走行をしたとしても、荒い運転はしないで、徐行運転で、交通のマナーを守って運転するようにしましょう。

そして、轍ができている道路は、アイスバーン現象が起きており、スリップしやすいので、特にペーパーの方は安全に注意して運転するようにしましょう。

雪道の安全ドライブの為の事前準備

ここでは、冬の北海道旅行で車を使用する際に、事前に準備しておくと便利なものをご紹介します。初心者の方などには特に見てほしい内容です。

。冬の北海道の景色は、綺麗で幻想的ですが、危険が潜んでいるという一面もあります。なので、冬の北海道旅行をプランニングしている方はこの紹介したことを参考に準備してもらえばと思います。

事前準備①冬用タイヤを装着

冬の北海道旅行をプランニングしている皆さん、北海道で車を使用する際などは、冬用タイヤに変えておきましょう。また、冬の北海道旅行の際に雪が降っていなくても、冬用タイヤに変えておきましょう。天候はいつ変動するかわからないので、ご自分の身を守るためにも、冬用タイヤに変えておくのをおすすめします。

また、ペーパーの方などは特に冬用タイヤの取り付け方がわからないと思うので、冬用タイヤの取り付け方なども学んでおくといいです。

事前準備②冬に使えるワイパーに変える

また、タイヤも変えておくのは必要ですが、ワイパーも変えておきましょう。冬の北海道旅行の際に通常のワイパーだとフロントガラスが凍ってしまう可能性があるので、冬用ワイパーに変えておきましょう。また、ペーパーの方は特に、冬用ワイパーに変えておきしょう。

停車後はワイパーを上げておく

次に紹介するのは、冬の北海道旅行で車を使用しようと考えている方。停車する際は必ずワイパーをあげましょう。あげてないと、ワイパーが凍ってしまって、使えなくなるからです。そのため、ワイパーが使えるまで、時間がかかるので、ここで時間のロスがでます。

特にペーパーの方などは気を付けてくださいね。なので、このことに気をつけて、また交通マナーを守って北海道旅行を楽しみましょう。

事前準備③雪国の運転にあると便利な道具

北海道は土地が広いため、コンビニなどは近くなどにはあまりありません。なので、できれば家で準備してくるようにしましょう。ここでは、雪国の運転で便利なものをご紹介します。

まず、防寒具を準備しておくといいでしょう。北海道は車内でも寒いので、防寒具をしっかりと準備しておきましょう。また、予備の携帯電話の充電器などを準備しておくといいでしょう。初心者の方は必ず持っていくようにしましょう。

Thumb後悔しない!北海道旅行の持ち物リスト!季節別や女子の必需品を徹底解説!
北海道の旅行の際におすすめの持ち物のリストをご紹介させて頂きます。春夏秋冬に合わせて、子供連...

北海道のドライブ前にしっかり事前準備!

北海道は土地が広いために、コンビニやスーパーなどはあまりないので、事前に家を出るときに必要なものなどは準備しておきましょう。また、初心者の方に必ず知っておいてほしいのが、プランニングはハードなプランニングよりも時間に余裕のあるプランニングを立てましょう。

そして冬の北海道旅行では、スタッドレスタイヤ、タイヤチェーンは必需品ですが、滑り止めスプレーもあったらいいでしょう。せっかくの北海道旅行なので、初心者の方などは特に荒い運転などを一切やめ、安全に気を付けて、交通ルールを守り、楽しい思い出に残る北海道旅行にしましょう。

おすすめの関連記事

Thumb冬にこそ!北海道のおすすめ観光&グルメスポット30選!北国の絶景へ!
北海道といえばその広大な大地の中に様々な観光地があります。特に冬の北海道はおすすめできる観光...
Thumb知床「天に続く道」をドライブ!18kmの絶景ロードと名もなき展望台とは?
知床にある人気ドライブスポット「天に続く道」は自然を満喫でき、撮影スポットとしても人気があり...
Thumb北海道の絶景ツーリングスポット14選!費用や持ち物・おすすめの時期は?
バイクツーリングと言えば北海道!バイカーにとって北海道は、一生に一度は行ってみたい聖地!初心...
Thumb3月に北海道旅行へ!おすすめ観光スポット&イベント20選!春休みに!
3月は本州は春でも北海道はまだまだ寒く冬の気候です。その為、3月でも北海道では冬に人気の観光...

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
西村 優
Blair w

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ