知床八景「フレペの滝」はまるで乙女の涙?遊歩道はクマや鹿に注意!

知床には「フレペの滝」という世界自然遺産が存在しています。毎年多くの人で賑わう「フレペ滝」についてこの記事ではご紹介します。「フレペの滝」の魅力から詳細情報まで様々な情報をご紹介するので、気になる方はチェックしてみてください。

知床八景「フレペの滝」はまるで乙女の涙?遊歩道はクマや鹿に注意!のイメージ

目次

  1. 1フレぺの滝とは
  2. 2フレぺの滝の魅力
  3. 3フレぺの滝の楽しみ方
  4. 4フレぺの滝へのアクセス
  5. 5知床八景「フラペの滝」で絶景を楽しもう

フレぺの滝とは

みなさんは、「フラペの滝」という北海道の知床にある観光スポットを知っていますか。知床に足を運んだら、ぜひ足を運んでほしい、人気の観光スポットのひとつです。

世界自然遺産「知床」を代表する滝

「フレペの滝」は知床を代表する「世界自然遺産」です。世界自然遺産は定められている4つの項目を1つでも満たしていることに加えて、「完全性が保たれているか」「国内法で保護が担保されているか」という点を評価されたものが選出されます。

Thumb北海道で有名な滝スポット15選!大自然の絶景に心を清めに行こう!
心と体を癒すために北海道へ滝を見に行く方も多いのではないでしょうか。北海道は秋の紅葉や冬の雪...

フレぺの滝の魅力

世界自然遺産に選ばれている「フレペの滝」には様々な魅力があります。「フレペの滝」の魅力をしっかりとチェックして「フレペの滝」を思う存分楽しみましょう!

知床八景の一つ

「フレペの滝」は世界自然遺産に選出されているだけでなく、「知床八景の一つ」にも選出されています。「知床八景」とは知床でも有名な景勝地、8つをまとめて呼ぶ総称です。他に知床八景に選ばれているのは「オシンコシンの滝」や「オロンコ岩」などです。

知床半島の断崖から流れ落ちる滝

「フレペの滝」は知床半島にある断崖絶壁から流れる滝が迫力のある滝です。フレペの滝が流れる絶壁の姿は力強い印象で見る者を圧倒するでしょう。

別名「乙女の涙」

「フレペの滝」は別名「乙女の涙」とも呼ばれています。「乙女の涙」と呼ばれている由来は知床半島の絶壁の割れ目から、涙のように静かに滝が流れていることから名付けられました。本当に「乙女の涙」のように見えるか、その目で確かめてみてください。

夏は雪解け水で水量が増える

「フレペの滝」の水の量は季節によって変化します。特に夏になると、雪に溶けた水によって、水量が冬に比べて増えます。水の量が増えると、「フレペの滝」ので迫力も増ので、「より迫力のありフレペの滝をみたい!」という方は夏の時期に「フレペの滝」に訪れてみてください。

冬は美しい氷瀑に

冬の時期になると、夏のように迫力のある流れる滝は見ることができなくなってしまいますが、その代わりに綺麗な「氷瀑」を見ることができます。「氷瀑」とは、氷結した滝のことを指します。凍った滝を見ることができるの貴重な機会なので、冬に知床に行ったら「フレペの滝」をみにいくことをおすすめします。

Thumb知床「オシンコシンの滝」へ!日本滝百選にも選ばれるその迫力とは?
北海道知床が誇る世界遺産「オシンコシンの滝」。滝の上には展望台があり、そこからの眺めは絶景で...

フレぺの滝の楽しみ方

多くの魅力をもった「フレペの滝」。そんな「フレペの滝」の楽しみ方も様々。ここでは4つ、「フレペの楽しみ方」をご紹介するので、最後までチェックして、「フレペの滝」を堪能しちゃいましょう!

①フレぺの滝遊歩道を歩こう

「フレペの滝」には遊歩道が完備されています。約1kmある遊歩道は、木々が茂っている自然豊かな遊歩道です。マイナスイオンを感じながら、自分のペースで遊歩道を歩くことをおすすめします。

エゾ鹿やクマの出没に注意!

「フレペの滝」は自然が豊かなため、野生の動物も多く生息しています。特に「エゾ鹿」や「クマ」の出没率が高いようです。鹿やクマに出没した時に備えて、事前に対策をしていくといいかもしれません。具体的な事前対策法は、こちらをチェックしてみてください。

②展望台からの眺めは絶景

遊歩道を歩いた先には「チカポイ岬」という場所にある展望台にたどり着きます。その展望台からは「フレペの滝」を含むオホーツク海、背後には知床連山を見渡すことができます。この展望台から、壮大な知床半島の自然の望めます。

③冬はスキーやスノーシューで

12月〜4月の間のみ体験することができるのが「フレペの滝 スノーシューイング」です。スノーシューを履いてフレペの滝を散策可能。時にはクマなど野生動物の足跡も見ることができるとか。

④正面や全体からの眺めは観光船

「フレペの滝」を正面や全体から見たい場合は「観光船」に乗りましょう。遊歩道や展望台からは、全体の姿をみることができません。観光船には3種類のコースがあるので、お好みのコースを選んで乗船しましょう。

また、知床全体をクルーズすることができるというものもありますので、是非こちらもチェックしてみてください。

フレぺの滝へのアクセス

最後に、「フレペの滝」へのアクセス方法をご紹介します。公共交通機関を利用する方法や、車を使う方法など、様々な方法で「フレペの滝」までアクセスすることが可能です。

知床自然センターから徒歩で約20分

「フレペの滝」までは目印になっている「知床自然センター」というところから遊歩道を20分歩くと到着します。思い思いに散歩を楽しみながら、フレペの滝までの遊歩道を楽しみましょう。

公共交通機関を利用する場合

フレペの滝の最寄駅は「知床斜里駅」という駅です。その駅から斜里バスというバスに乗り、「知床自然センター」というバス停で降りましょう。そこから徒歩20分ほどでフレペの滝に到着します。

車・レンタカーを利用する場合

知床斜里駅からフレペの滝までは車で約50分程度。駐車場も完備しているので、車でのアクセスも手軽です。駅からは少々遠いですが、しばしのドライブタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

駐車場情報

「知床自然センター」に無料駐車場を完備しています。120台停めることのできる大きな駐車場なので、よほどの混雑がない限り、満車の心配はないようです。

フレぺの滝の基本情報

【所在地】 斜里郡斜里町大字遠音別村字岩宇別531番地
【電話番号】 0152-24-2114
【開館時間】 8:00~17:30(4/20~10/20)、9:00~16:00(10/21~4/19)
※年末年始は休館
【HP】 http://center.shiretoko.or.jp/guide/furepe/

Thumb「女満別空港」は知床への玄関口!周辺の観光名所や駐車場情報まとめ!
今や世界遺産として有名な知床ですが、知床へアクセスするときは女満別空港の利用がおすすめです。...

知床八景「フラペの滝」で絶景を楽しもう

季節によって異なる景色を見せる「知床八景・フラペの滝」。冬はスノーシューを履いて、北海道らしい冬景色も堪能することができます。ぜひ、知床に訪れた際は「フラペの滝」まで、足を伸ばして、美しい景色を楽しんでみてください!

おすすめの関連記事

Thumb札幌から知床への移動手段まとめ!各方法の所要時間&費用を徹底比較!
札幌と知床はどのくらい距離が離れているかご存知でしょうか。札幌にいても知床には気軽に行けない...
Thumb知床半島のおすすめ日帰り温泉&温泉宿10選!最北の秘湯・露天風呂へ!
北海道の知床半島にはたくさんの温泉があります。日帰りでも宿泊でも楽しめるウトロや羅臼の温泉地...
Thumb知床で必食の名物グルメスポット15選!ご当地の絶品海鮮料理を堪能!
知床と言えば美味しい海鮮料理が名物で、ランチはもちろん夜のディナーまで堪能できるグルメスポッ...
Thumb【決定版】世界遺産「知床」のおすすめ観光スポット30選!最北の地を満喫!
世界遺産知床は人間の手が入らない自然の宝庫です。手つかずの自然がもたらす豊富な生態系と美観は...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
asana
海外旅行が好きで、20ヶ国以上の国に行ったことがあります。好きな地域は東南アジア。趣味は読書と映画鑑賞です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ