「八戸市博物館」で街の歴史と文化を体感!様々な企画や展示が開催!

八戸市博物館とは青森県八戸市にある博物館で、八戸市の歴史や文化について触れることが出来ます。とても珍しいミイラやイベント等について紹介していきます。歴史が好き必見のスポットです。また、八戸市博物館では有名な「えんぶり」の起源についても知ることが出来ます。

「八戸市博物館」で街の歴史と文化を体感!様々な企画や展示が開催!のイメージ

目次

  1. 1八戸市博物館とは
  2. 2八戸市博物館の特徴
  3. 3八戸市博物館の見所
  4. 4八戸市博物館周辺のレストラン
  5. 5八戸市博物館で八戸の歴史と分館に触れよう!

八戸市博物館とは

皆さん博物館は好きですか?博物館は今は使われない昔の道具や歴史上の作品を見ることが出来るので歴史が好きな人はもう虜!歴史好きなそんなあなたとてもおすすめな博物館が「八戸市博物館」です。

八戸市博物館とは、青森県主要3市に選ばれている八戸市。そこにある八戸市博物館です。この記事では青森県に来たらここだけは見逃したくない八戸市博物館の魅力をたくさんお教えしていきます。

街の歴史と文化を学べる企画や展示を開催

ミイラと聞くとエジプトを想像する方が多いかもしれませんが、実は八戸市博物館ではミイラを見る事が出来ます。ここで見られるのはとても珍しい『天狗のミイラ』や、『双頭の人魚のミイラ』を見る事が出来ます。

八戸市と言えば、八戸を中心に東北地方で行われる豊作を祈る郷土芸能「えんぶり」が有名です。そんな「えんぶり」発祥の地八戸市ではえんぶりの起源や歴史を学べるイベント企画や展示が用意されているのも八戸市博物館の魅力です。

八戸市博物館ではイベントや企画が定期的に行われていますが、その題材となっているものは身近なものがなっていることが多く、八戸市博物館にある資料を交えた内容に沿っているのでどんな方でも楽しむことが出来ます。

八戸市博物館の基本情報

アクセス

JR八戸駅から【市営・南部:田面木経由】八戸駅前バス停から乗車し、
根城バス亭で下車
中心街から【市営・南部:司法センター経由】六日町バスから乗車し、
根城バス停で下車

公式HP http://www.hachinohe.ed.jp/haku/

Thumb「八戸三社大祭」の魅力や楽しみ方!日程/観覧席/交通規制など解説!
青森県の八戸市で夏に行われる八戸三社大祭です。毎日同じ八戸三社大祭ではなく、1日1日違うもの...

八戸市博物館の特徴

縄文時代から昭和にかけての様々な資料が展示されており、八戸市博物館では八戸市の歴史を余すことなく知ることが出来ます。通常の博物館だと市から少し離れた場所にあることが多いですが、八戸市博物館はバスで約12分ほどですのでアクセスが良いのもポイントです。

八戸市博物館をもっと知ってもらうため、八戸市博物館の特徴をまとめたので三つほどご紹介させていただきます。基本的に常設展示を中心に見ますが、知ってると八戸市博物館を楽しめるものもあるのでぜひ参考にしてください。

特徴①縄文時代から昭和まで様々な資料を展示

八戸市博物館で学べるの歴史はとても奥深く、縄文時代からの言い伝えが資料として多数残っています。縄文時代は人間がまだ皆で農耕を行なっていましたが、そんな時代から現代にかけて未だ残る伝統的文化はとても素敵ですね。

八戸市博物館の常設展示には縄文時代の土器に触れられる場所があるのでお子様が歴史に触れる第一歩としてとても良い場所だと思いました。常設展示にはその他に八戸藩の歴史についても学ぶことが出来る場所があります。

さらに常設展示では民謡などを映像で見聞きすることが出来るようになっています。今までは実際にえんぶりの行事を見ることでしか体験できなかったことが常設展示で見られるのは歴史を体験できていいですね。

特徴②限定で八戸市のマスコットキャラクターの館長

八戸市には、『いかずきんズ』という名前で親しまれているマスコットキャラクターがいます。そんな可愛いキャラクターが2018年7月には35周年記念ということで1日館長をしていました。沢山イベントが行われている八戸市博物館であるからこそこのようなイベントも愛着が湧きます。

こちらの1日館長はとても人気なようで、SNSではとてもいいねがついていました。八戸市博物館のイベントは沢山あってどれも魅力的ですが、このように1日だけのイベントでも地域マスコットキャラクターが館長を努めてくれるのはとても嬉しいです。

今回のように1日館長を努めたのは初の試みだったようなので、もしかしたら今後も八戸市で別のマスコットキャラクターが1日館長を勤めてくれる機会があるかもしれないですね。1日館長と言ったイベントがここ最近増えてきましたよね。

Thumb青森で人気のゆるキャラは?ご当地キャラクターBEST10を紹介!
ゆるキャラブームで人気のキャラクターのグッズは旅行のお土産としても人気の中、青森でも公式から...

特徴③常設展示は時期によって無料も

八戸市博物館は、常設展示を無料で開館の日が期間限定であるようです。前回は文化の日に無料で開館を行なっていたようです。八戸市からとてもアクセスが良いことを踏まえると八戸市博物館の歴史にさらに触れたくなりますね。

八戸市博物館はイベントや企画展が定期的に行われています。無料で開館されているならアクセスが良いので八戸博物館へ行こうと思えるきっかけが増えるだけでなく、もっと八戸について知ろうと思える機会に繋がって嬉しいですね。

Thumb八戸公園「こどもの国」は魅力満点の遊園地!人気の乗り物や料金は?
青森県八戸市の「こどもの国」に行ったことはありますか?「こどもの国」は八戸公園の中に位置する...

八戸市博物館の見所

ここまで八戸市博物館の特徴について書きましたが、続いては八戸市博物館の見どころについて書いていきます。八戸市博物館にある常設展示以外の他にも不定期に行われている特別展と呼ばれる常設されていないもの作品に触れる機会があります。

皆さんはメドツという言葉はご存知でしょうか?実はメドツとは「かっぱ」を意味する言葉として使われています。青森県八戸地方ではそんなメドツと密接な繋がりがあるとされており、八戸市博物館では多くの伝承や民話が残されています

見所①様々なイベントや企画展

八戸市博物館の常設展示は縄文時代から昭和までの歴史は町や八戸市の文化に関する情報が多かったですが、不定期に開催されるイベント『特別展』では様々な年齢層の方でも興味を持っていただけるような内容が取り扱われています。

また、八戸市博物館では『企画展』と呼ばれるイベントも開催されています。『特別展』とは違い、現代でも存在している風習等を八戸市の歴史と重ねてどういった情景だったのかと資料や展示が行われています。

見所②天狗と双頭の人魚のミイラ

八戸市には長い歴史がありますが、縄文時代から現代までの長い歴史の中で世界でもとても有名で皆さんがご存知のミイラ。八戸市博物館ではそんなミイラを見ることが出来ますが、他の博物館でも珍しい貴重な『天狗のミイラ』を見る事が出来ます。

さらに前半でも少し紹介させていただいた『双頭の人魚ミイラ』については、人魚のミイラ自体は様々な施設で確認する事が出来るのですが、『双頭』のミイラという不思議なミイラは全国でもかなり珍しい部類に入ります。

Thumb八戸「根城」は日本100名城に選ばれた国の史跡!その歴史や観光情報!
城と言えば瓦屋根のイメージだが、根城の屋根は茅葺き屋根!室町時代の城を体験できる根城は名城1...

見所③八戸の歴史

青森県は津軽家と南部家の二つの大名家が治めていましたが、様々な事情から南部家というところが後に八戸市という名前に変わります。八戸市の歴史や文化がこれほどに存在しているのも南部家と八戸が密接な関係性だったからと言えますね。

八戸市で重要無形民俗文化財に登録されている『えんぶり』と呼ばれる初春に行われる芸能がありますが、えんぶりが行われる背景に、縄文時代から行われていた農耕の食べ物が豊作になるよう祈る舞として言い伝えされています。

えんぶりは八戸市の行事として今でも見ることが出来るため観光としてとても人気があります。時期は2月なのでもしタイミングが合えばぜひこちらも逃さず行きたいですね。

Thumb「八戸花火大会」の会場&日程や駐車場まとめ!穴場鑑賞スポットも紹介!
青森県八戸市毎年開催されている八戸花火大会は、県内でも屈指の規模で毎年10万人近い人達が訪れ...

八戸市博物館周辺のレストラン

八戸市博物館で歴史に触れた後は、腹ごしらえの時間です。八戸市博物館周辺からアクセスの良い美味しいレストランがあり、せっかくだったらあまり移動せず、すぐに食べたいですよね。こちらのレストラン情報についてもまとめさせていただいたので参考にしてください。

レストラン①和牛焼肉・韓国料理 金剛園 根城店

八戸市博物館から歩いて約10分程の距離にある焼肉屋さん。車を利用する場合は3分と好アクセスなところに位置するお店ですが、どのお肉を選んでも間違いなしの美味しさです。八戸市博物館近くに言ったらぜひ行きたいお店No.1です。

焼肉にあう料理といえばキムチも見逃せません。こちらのお店は焼肉だけでなく、韓国料理も提供しております。お肉と韓国料理の絶妙なマッチングが食欲を増幅させます。

住所 青森県八戸市根城6-3-13
営業時間 11:30~22:00(L.O.21:30)
アクセス 本八戸駅から2,155m
TEL 0178-44-8929
参考URL https://tabelog.com/aomori/A0203/A020301/2000226/

レストラン②Flanders ~doggycafe&bar~

Flanders doggycafeは八戸市博物館から徒歩2分ほどのこちらは超好アクセスなお店です。こちらのお店はアットホームスペースと隠れ家的ドッグカフェ&バーとしてとてもおしゃれな作りをされているお店で、食事をしながら犬に触れるも良し、食事だけでなく心から癒される空間を提供しています。

カフェですので、軽食が良かったり少し休憩をしたいと時間を作るにはぴったりの場所ですね。お店の内装もとても綺麗ですし、また、自家製をこだわって作った料理を提供されているお店なので安心してお子様連れの方も利用出来ます。

住所  青森県八戸市根城9-4-8 根城ビル2F 
営業時間 月・火・木~土
ランチ 12:00~15:00
(L.O.15:00)
ディナー 18:00~22:00
(L.O.22:00)

日・祝日
ランチ・ディナー 12:00~20:00
(L.O.20:00)
アクセス JR八戸駅 バス10分
八戸自動車道 八戸I.C. 車10分
TEL 0178-24-6556
参考URL https://r.gnavi.co.jp/230a7sys0000/

レストラン③居酒屋釣吉

こちらのお店は八戸博物館から徒歩9分程にあるお店で、こちらもアクセス良好です。青森県と言えば魚も名産地ですが、その獲った魚を提供しているお店が八戸市博物館の近くにあります。日本人ならお刺身が好きな方が多いので獲れたてを食べに行きたくなるのではないでしょうか?

注文を受けてから捌かれた魚は絶品中の絶品です。八戸市に行ったら魚は外せないですよね。八戸市博物館周辺はとても美味しいレストランが並んでいて本当に素晴らしい街ですし、こんなお店が歩いて近くにあるのもとても魅力的です。

住所 秋田県由利本荘市裏尾崎町60-11
アクセス 羽後本荘駅から578m
TEL 0184-24-2766

Thumb 「津軽三味線会館」で歴史や郷土芸能を堪能!演奏体験や入館時間は?
五所川原市金木町にある「津軽三味線会館」についてご紹介いたします。津軽三味線の歴史や生演奏に...

八戸市博物館で八戸の歴史と分館に触れよう!

今回この記事では八戸市博物館について触れて行きましたがいかがでしたか?八戸市博物館にはまだまだ沢山のイベントや企画があります。この記事だけで紹介しきれないものもあったのでこの情報で興味を持っていただいた方はぜひ八戸市博物館に足を運んでみてください。

八戸市はえんぶり発祥の地なので八戸市で博物館も沢山イベントや企画展が開催されているので見逃すことなく、楽しんでいただければ嬉しいです。今年は八戸市博物館は90周年ということで、いかずきんズがまた1日館長になってくれるかもしれないですね。

おすすめの関連記事

Thumb青森・下北半島のおすすめ観光スポットTOP20!ドライブにも人気!
青森県・下北半島をご存じですか?なんと、本州最北端の地がここ下北半島にあるのです。今回はそん...
Thumb【決定版】八戸市のおすすめ観光スポット20選!名所から穴場まで!
観光地で有名な青森県、日本地図の右側、太平洋に面している「八戸市」、皆さんが想像している以上...
Thumb八戸市「櫛引八幡宮」には国宝が!有名な河童伝説や御朱印情報を紹介!
東北南部総鎮守一之宮の櫛引八幡宮はご存知ですか?広大な敷地に樹齢100年以上の大木が多く茂っ...
Thumb八戸市「館鼻岸壁朝市」のおすすめグルメ&お土産まとめ!日本最大規模!
みなさんは「館鼻岸壁朝市」という八戸にある朝市を知っていますか。この記事では「館鼻岸壁朝市」...

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
まさる514

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ